好きになれない・好きなのかわからない婚活は進むべきか

若いときはちょっとしたことで相手のことを「好き」と感じていたのに、年齢を重ねてアラサーになった今、婚活を繰り返してみて思うことは、本当に相手のことが好きなのかわからない、好きになれないという悩み。

そもそも「好き」ってなんなの?という人は実は意外に多かったりします。

一緒にいて楽しくないことはない。だけど、好きかと聞かれたら悩んでしまう。結婚するにはいい相手なんだろうなと思う、だけど、付き合っていて面白味はない。

そんな風に考えだすと、全然前に進めなくなってしまいます。

好きじゃないからこの婚活は失敗だと考えて次に進んだとしても、また同じように好きと感じることができない。果たして自分が本当に「好き」と感じることができる相手は存在するのだろうか・・・それとも好きという感情自体、自分が持てなくなってしまったのだろうか。

この疑問に対する答えは、結局自分の中にしか存在しないのですが、両方の可能性があると思われます。

理想を満たしている相手に巡り合わないために、ある程度で妥協して付き合おうと考えているからどうしても「好き」と思えない。「好き」と感じることができるラインを超えた相手に巡り合えていないという外的な要因。この場合、巡り合えていないだけなのだから、いい人が登場すれば純粋に「好き」という感情は戻ってくるでしょう。

もう一つは完全に自分の心が恋愛から離れてしまい、ときめきを感じるすべを忘れてしまっているという内的要因。この場合どんなに素敵で理想通りの人に巡り合っても好きという感情が芽生えない可能性もあります。

ただ、本当に「好き」と思えないからといって、婚活をあきらめてしまうのはやはり早計です。

恋愛と結婚はやはり別物で、「好き」と思える人が結婚相手として適当かというとそうでないケースも十分あり得るわけです。

仮に「好き」と思えなくても、一緒にいて安らげてずっと仲良く暮らしていけるような相手であるのなら、これは結婚に踏み切るのも一つの選択です。

遅かれ早かれ「好き」という感情は、大恋愛をしたほどの仲だとしても時間とともに薄れ、姿形を変えていきます。一時的な「好き」という感情を重視するのか、将来的な安定と安らかな生活をとるのか、婚活においての大きな決断点でもあります。

自分自身と向き合い、相手のことを考え、あとあと後悔しない選択をしていきましょう。

 

自分の話しかしてこないアラサー婚活相手

婚活を続けていると色々な人と出会います。合う人もいれば合わない人もいますし、自分の常識では考えられないような人も中にはいたりもします。

それだけ人間は人それぞれに違っており、そうした違いを受け入れた上で生活を共にしていくのが結婚と考えれば、結婚がいかに難しいものなのかがなんとなくわかるような気もするかもしれません。

そんな中で、自分の話しかしてこない婚活相手に出会ったらどうすればいいのでしょうか。

自分の話をする=自分に自信があるというタイプと、逆に自信がないから自分のことをアピールするタイプがあると思われます。

どちらにしても相手のことが見えていないタイプの特徴なので、婚活相手としては少し癖があるタイプと思っていいかもしれません。

ただし、悪い人ではないと判断できて、なおかつ自分が相手の話に合わせるのが好き、もしくは得意ということであれば相性はぴったりといえるかもしれません。

もちろん、次々出てくる相手の話を聞いていて退屈や苦痛を感じないことが前提であり、何より楽しく一緒にいられるのであれば相手が仮に自分の話しかしないようなタイプでもまったく問題はないと思われます。

逆のケースもあります。

つまり、自分が自分の話しかしないタイプ、というケースです。これはまず、自分の言動を振り返ってみる必要があります。おしゃべりであることを自認している人は特に、一度考えてみましょう。

自分から繰り出されるトークに、相手が辟易していないか、退屈していないか、興味を全く持っていなかったりしないか。

基本的に会話はキャッチボールなので、投げかけたら相手から投げ返されるのを待たなければいけません。それをせずに一方的にこちらからばかりボールを投げていては、相手は常にボールを受けるばかりで楽しくない、ということになりかねません。

もちろん、相手がボールを投げるのが好きではなく、投げられるボールを受けることが好きというタイプであればまったく問題はありませんが、これはしっかり相手を見極める必要があります。

お互いの利害が一致する関係であれば婚活はうまくいきますし、仮に結婚まで至ればその後も末永く一緒に過ごしていくことができると思われます。

自分の話しかしないアラサー婚活相手、もしくは自分であっても、その付き合う相手によっては最高の相性となる可能性もありますので、まずは相手を見極めらえる目を持てるようになりたいところです。

 

婚活中に無料通話アプリ(LINE等)で電話をかけてくる相手

誰かと連絡を取り合う場合、必須になってくるのが携帯電話やスマートフォン。ひと昔前のように、自宅の固定電話にかけないと連絡がつかない、なんてことはまずなくなってきており、個人個人でほぼ確実に携帯電話かスマートフォンを持っている時代になりました。

そんな今だからこそ、連絡先の交換さえできればかなり容易に相手との個人的なコミュニケーションが可能となっており、婚活においてもかなり便利な世の中に代わってきています。

ただ、そんな中で、「こんなことをされると気持ちが覚めてしまう」というケースがあります。

 

まず、お互いの連絡先を知っている場合、当然のことながらケータイ同士で通話をすることができます。それほど重要な用事でなければ、スマホ同士ならわざわざ電話をしなくても、LINEなどのメッセージングアプリを利用してやりとりをするだけでもいいでしょう。

しかし、電話をしないといけないような用事が発生した時に、普通に電話をするのではなく、LINEを通して通話をかけるケースがあります。

これは、電話料金を節約したい場合に有効に利用できる方法ではあるのですが、男性側から仲良くなる前にこれをすると、女性側は「せこい」と感じてしまうことがあるようです。

ちょっとの要件なのだから、普通に電話をかけてくればいいのに、と感じるようです。

このケースでは、どちらの気持ちも分からなくはないものの、LINEでの通話は通常の通話と比べるとどうしても通話品質が落ちてしまい、つながりにくいこともあるためにあまり好まれないこともあります。大事な相手であれば、その点も考慮して、多少の通話料はあきらめて普通に電話をした方が男性としての甲斐性もアピールできるのではないでしょうか。

もちろんお互いの気心が知れている状態で、少しでも無駄をなくして節約しようという話し合いの元LINEの無料通話を活用するのはOKです。

最近は、各ケータイキャリアごとに通話カケホーダイのプランも登場してきていますので、そのあたりも検討してみるといいのではないでしょうか。

付き合い始めの時期、付き合いが始まりそうな時期に、相手に「せこい」とか「ケチ」とか、マイナスイメージを持たれるような行動には注意した方がよさそうです。

 

 

2015年のアラサー婚活を考える

2014年が終わり、2015年も新しくスタートを切りました。

やがて別れの季節である3月を迎え、さらには新しい生活の始まる新年度がスタートします。

仲良かった人たちとのやむを得ない別れもあれば、逆に今までなかった出会いに恵まれたりすることもあるでしょう。出会いと別れの季節が間近に迫っています。

 

あなたが今の今まで結婚に至らなかったということは、今までの出会いの中には自分にとって「運命」と呼ぶべき出会いは存在していなかったということだと思います。

つまりは今までの知り合いたちとの別れよりも、重要なのは新しい人々との出会いの方です。その新しい出会いの中に、「運命」というべき出会いが潜んでいる可能性があるのです。

「運命」とは本当に何気ないもので、些細なきっかけから気になりだした人と、数年後には結婚していた、なんてことも十分あり得ます。

ただただ、肩がぶつかっただけの相手が、気が付けば婚約者になっているという、ドラマのような展開だって、実はよくあるのです。

様々なカップルが結婚をしていく中で、その二人のなれそめを聞いてみればよくわかると思います。

まるで、ドラマの世界のようななれそめが実は非常に多かったりするのです。

なんでもない関係だった二人が、ちょっとしたきっかけで仲良くなり、結婚に至る。非常に不思議なことです。

 

さて、アラサー婚活においても、この時期特有の出会いや別れによる新しい人間関係の創出を生かさない手はありません。

2015年度最初の婚活は、新生活の中での新しい出会いに期待をしつつ、そして昨今各所で広がってきている婚活パーティーを有効活用していきます。

 

まずは住んでいる街ぐるみでの婚活イベント、色々な婚活業者が提供する婚活パーティーを探してみると、思いのほか多くのイベントが開催されていることに気づくはずです。

そういうイベントやパーティーは苦手、という人も多いと思いますが、しかし何はともあれ一歩を踏み出さなければ何も現状が変わることはありません。前向きかつ行動的でなければ、激しい婚活市場を真っ先に抜け出すことは難しくなります。

何より、アラサーで婚活を実行しようとしている人はあなただけではないのです。あなたよりも全体的なスペックが低い人もいるでしょうが、逆にかなりの高スペックの人だってライバルとして存在しています。そんなライバルたちに勝ち、先に結婚に至るためには、遠慮や後ろ向きな考え方などは完全にNGです。

しっかり確実に、まずは新しい世界への入り口に足を踏み入れて、全力で前向きに取り組みたいところです。

 

他にも、結婚への相談であれば、最大手の結婚相談所などを活用して、結婚力診断のあと、最大限のサポートをしてもらうこともできます。

もちろんその場合、ある程度の費用はかかるものの、費用がかかる分だけのしっかりとした出会いの提供をしてくれます。自分の力だけでの婚活に大きな不安がある場合は、ぜひ活用を考えてみるのもいいかもしれません。

多少の費用は将来への投資と考えて、まだ見ぬ運命の相手を探し出したいところです。

婚活の基本中の基本ですが、まずは出会いがなければ何のスタートも切ることが出来ません。

まずはいい相手と出会うこと、そしてそれから先はお互いの性格や相性などによりますが、二人の努力によってしっかりと愛をはぐくんでいきましょう。

 

まずはオーネットで結婚力診断はこちら


常識的な金銭感覚が好まれるアラサー婚活市場

いつの時代も、結婚にはお金の問題はつきものです。

だからこそ、付き合っている段階から相手の金銭感覚を気にする人は少なくありません。

婚活においてもそこはまったく同じことであり、実際に結婚したあとに金銭的な問題で悩みたくないと誰しも考えるために、相手の金銭感覚は、婚活におけるチェック項目に必ず含まれています。

ただ、婚活相手の金銭感覚は、付き合い始める前や付き合い始めた当初はなかなか見えにくい部分でもあるため、「いい人だと思って付き合ってみたけれど、金銭感覚が・・・」というケースも少なくありません。

まだそこで立ち止まり、考え直すことが出来る状況であればまだいいのですが、気持ちが先行してしまっており、多少金銭感覚にずれを感じるものの、相手のことが好きだから些細な点には目をつぶってしまおうと考えて結婚まで至ってしまうことも考えられます。

そうしたケースの場合は、最悪の場合は途中でお互いの金銭感覚のずれによる関係悪化、そして最終的には離婚につながってしまうことも考えられます。

それほど、生活の中での金銭感覚は非常に大事なポイントといえます。

だからこそ、婚活市場においても金銭感覚がしっかりしており、「無駄遣いをしない」、「お金を大切にできる」、「身の丈にあった消費傾向が身についている」というような項目はおおむねプラスポイントとして相手にとらえてもらえます。

逆に言えば、相手に対して自分の金銭感覚をアピールすることも可能です。普段は大雑把に見えるけれども、お金に関してはしっかりと考えていて、正しい使い方を実践できるということであれば、思いのほか好感度アップにつながったり、見直してもらえたりということもあると思います。

人間、生活していくためには必ず必要なお金だからこそ、アラサー婚活においても正しい感覚をもってお金に接することが出来る相手を探し、かつ自分もそうであるということをしっかりアピールしていきたいところです。

 

スマホ中毒にみるアラサー婚活

世間一般にスマートフォンやiPhoneが普及してもう数年経ちます。さすがにスマホを利用している人の方が、アラサー婚活世代には多いと思います。

逆にガラケーをいまだ使い続けている場合は、時代の波に乗り遅れている感も出てしまうので、多少無理してもスマホを利用してみるのも婚活にとってはいいのかもしれません。

ただ、逆にスマホを利用しすぎる人々が昨今増えてきているようです。いわゆるスマホ中毒と言われる人々のことで、いつ何時も、スマホを手放すことができず、スマホがないと不安で仕方がなくなってしまうような人々のことです。

アラサー婚活を実施していても、たまにそうした人に出会うことがあります。

ケータイやスマホの利用の仕方には、その人の性格も出るため、こうした点には注目してみておきたいところです。仮に付き合いはじめ、結婚も視野に入れ始めた時に、パートナーのことよりも先にスマホに夢中になっているような人だった場合、やはりどうしても将来に対する不安を感じずにはいられないと思われるためです。

相手を思いやる心にも繋がりますし、スマホ中毒気味の相手の場合、スマホの何に一体それほど中毒症状を示してしまうのかも確認しておく必要があります。ゲームなのか調べ物なのか、ニュースなのかそれとも出会い系サイトなどなのか・・・。

無害な趣味嗜好である可能性ももちろんありますが、何事ものめりこみすぎる性格は、時に周囲の人にとっては理解しがたく付き合いにくいポイントになってしまうこともあります。

自分が相手のそうしたスマホ中毒症状を許容できるのか、そういう嗜好を持っていたとしても広い心で受け入れていくことが出来るのか。それを上回るような長所・メリットを併せ持つ相手であるのか。

しっかりそうした点まで確認した上で、相手のスマホ中毒の良し悪しは判断していきたいところです。

 

子供のペットアレルギーを婚活中に考えてしまう人

ペットを家の中で飼っている場合、子どもが生まれた時のことを考えてどうするべきか不安になる、という意見があります。

もし万が一ペットの毛などが子供の体に合わず、アレルギーなどを引き起こしてしまったらと考えると、子どもが幼いうちは近くにペットはいない方がいいのではないかと思われる人も多いようです。

そんな時にペットを一時的に実家など他の場所に預けておくことができればいいのですが、なかなかそう簡単にはいきません。

ただ、実際のところ、そこまでペットアレルギーを子どもが生まれる前から細かく気にしなくてもよさそうなものではあり、万が一そういう症状が出た時にそういう心配はすればいい話でもあります。

ですが婚活において、そこまで先のことを考えて、ペットをNGと考えている人がいます。

つまり、「婚活相手がペットを家の中で飼っている=子どもが出来た時のことを考えると好ましくない=婚活相手としてふさわしくない」という理論になってしまうわけです。

そういう傾向を婚活相手から嗅ぎ取った場合、結婚したあと、子どもが出来たならペットはどうしようと思っている、という内容を早めに伝えておくのがベターと言えます。

具体的にはベビーベッドを用意した上で赤ちゃんスペースを確保、ペットはある程度区切ったエリアの中だけで飼うようにするように具体的なプランを立てておいてもいいかもしれません。

ペットの口の中には非常に多くのばい菌が住んでいるとも言われますので、あまり厳格になりすぎる必要はないにしても、ある程度乳児の頃にはペットが赤ちゃんを舐めたりしないように注意をしておく必要はあるでしょう。

そんなちょっとしたことですが、将来的には非常に大きな問題になりうる注意点でもあります。相手がもし、何よりも子供の将来を考えているような婚活相手だったなら、ペットよりもまずは子どもを優先できるような心構えが必要になってくるかもしれません。

 

高学歴女性にのしかかる婚活困難

男性でも女性でも、高学歴であれば周囲の見る目も変わりますし就職活動では当然有利に働きます。初任給も大卒か高卒では変わってきますし、昔のようなガチガチの学歴社会ではなくなってきているとはいっても、やはり学歴がある程度好影響を及ぼすのは間違いないと思われます。 しかし、アラサー婚活においては、他の場面では大きな武器となるはずの高学歴が逆にハンデへと変貌してしまうケースがあります。  そのケースとは、女性が高学歴を持っていた場合です。

一般的に男性は、本能的に女性に頼られたいと考えており、体力においても知力においても女性が及ばない部分をサポートしていくことに喜びを感じたりするものです。そのため、男性を立てるのがうまい女性はよくモテる傾向があり、甘え下手な女性はなかなか男性とうまくいかないことが多いようです。

高学歴の女性の場合、そこそこの男性を相手にした場合、自分の方が知恵も知識もあるために、どうしても説教じみてしまったり男性のダメな部分を的確に指摘してしまったりすることにより男性の心証を損ね、結果婚活がうまくいかないわけです。

とはいっても、自分に能力があるからこそ男性の至らない部分を見過ごすことはできず、おおらかな気持ちで男性を許容できません。安心してみていられるのは自分と同等レベル、もしくはそれ以上の学歴のあるような男性だけ。しかしそうした男性たちは同じくあまり高学歴で甘えるのがうまくない女性と積極的に付き合いたいとは考えておらず、何もできなくても自分をしっかり頼ってくれる可愛い女性と好んで付き合ったりします。

男性は、仕事や出世を頑張れば頑張るほど女性にモテますが、女性は逆であるという皮肉な結果となっているのです。

女性の社会進出を積極的に奨励する世の中になりつつあるのはいいとしても、それが逆に世の女性の結婚機会を奪っているのも一面の真理だったりします。

そこで高学歴女性が婚活を成就させるためにやるべきことは一つです。

高学歴をひけらかすことなく、できる限り前面に出さずなかったことのようにすること。さらに、男性の前ではわかっている知識であっても時に知らないふりをしてみたりすることで男性に花を持たせるようにすること。

高学歴であるがゆえにプライドが高い部分があるかもしれませんが、そのプライドはこの際捨て去り、そしてそれができれば高学歴であるがゆえにうまく男性に好まれる女性を演じるということはできるのではないでしょうか。

男性をうまくコントロールできる女性になれれば、婚活は確実に成就します。何が男性に好かれるのか、どうすれば男性にもてるのか、徹底的に分析し、その結果をうまく活用することができるのは、高学歴女性の強みと言えるのではないでしょうか。

自分より能力が上の男の方がいい、というようなこだわりは捨て、一緒にいて楽しければ能力などはどうでもいいというくらいに割り切って婚活に臨むくらいの気持ちを持ちたいところです。

 

婚活相手がスマホNG・ガラケーにこだわりあり

世の中気が付けば、ガラケーと呼ばれるケータイを使っている人はかなり少数になってしまった印象です。

統計では、まだまだ半数以上がガラケーを利用しているということですが、それはおそらく年配のらくらくホンやかんたんケータイ利用者の多さだったり、インターネットを必要としない層も隠れている数は比較的多いという話で、印象の問題であれば若い人を中心に、ケータイを頻繁に利用する層はほとんどがスマホになってしまったのではないかという気すらします。

そんな、スマホやiPhoneばかりがもてはやされる世の中にあって、まだまだ若いにも関わらず、かなりのこだわりと頑固さをもってガラケーに固執している婚活相手に出会いました。

彼はスマホをまさに親の仇と考えているのではないかというくらいに敵視しており、とにかく「そんなものは必要ない」という一点張り。ケータイは連絡がとれればそれでいい、というのはまさにその通りで一面の真理ですが、連絡が取れるだけでなくさらなる付加価値を多種多様に与えてくれるのがスマートフォンであるということも事実です。

そうなのですが、そんなことはお構いなしで、スマホはいらないの繰り返し。

スマホスマホと騒がれる中において、男らしい、と思えればそれが彼に対する評価になるのかもしれませんが、「男は黙ってガラケー」という理屈はどちらかというと、頑固すぎて考え方が偏狭であり、視野が狭い男なのではないかとしか思えませんでした。

流行に流されない、というのは美徳かもしれませんが、裏を返せば流行についていけない人、というレッテルを張られる可能性もあります。

スマホをそれだけ毛嫌いして批判するのであれば、せめて一度利用したことがあり、スマホのいろはに精通した状態でスマホに対する意見を述べるのであればまだよかったかもしれません。しかし、使いもせずに一方的に批判をするのは逆に男らしくないのではないでしょうか。

今どきスマホも使えないわからないでは、逆に頼りないと思われても仕方ありません。むしろそうした時代に逆行するこだわりを持つよりも、積極的にそうした異文化に触れることにより、異性の気持ちや世間一般の常識などにも理解が深まって婚活の成功も近づくのではないかと思われます。

今どきどうなの?と思われるようでは、彼氏彼女の自分に対する気持ちも覚めてしまう可能性があります。自分の友達や知り合いから白い目で見られる恋人は、紹介したいと思えないし、紹介したいと思えない恋人からは、基本的に心が離れやすくなってしまいます。

批判ばかり繰り返さずに、受け入れるべきは受け入れ、批判をするのであればその上で批判をするようにした方が、周りの理解は得られやすいのではないでしょうか。

とりあえずスマホ、買って使ってみましょう。婚活話はそれからです。

 

スマホの電池切れが多すぎる婚活相手

Aさんは最近、とてもいい男性に久しぶりに出会ったので、この婚活はしっかり大事に育てていこうと考えていました。

メールアドレスも電話番号も交換し、スマホを二人とも利用していたのでLINEでも友達になりました。これでどんなパターンでも連絡ができる環境が整ったので、いつでも色々な行動に移ることができると考えました。

ゆっくりメールで仲良くなってから遊びに行くようにしてもいいし、毎日電話してみるということもできる。それよりも気軽にちょっとしたことをLINEでメッセージを送ってみるなんてこともできます。どれが一番相手に快く思ってもらえるのか、二人の関係を進展させるために役に立つのか、考えて行動していきたいと思っていました。

そんなある日、Aさんは試みに最も手軽なLINEで、他愛ないメッセージを送ってみました。

LINEでは、メッセージを相手が確認すると、「既読」というマークが表示され、メッセージを送信した側にも相手がそのメッセージを確認したかどうかがわかります。

通常LINEのメッセージが来たことは、すぐにスマホにも通知されるため、相手がスマホを確認すればすぐに気づいてメッセージを見てもらえるはずです。

Aさんは緊張しながらそのメッセージに対する返事を待ちました。

しかし、返事どころか、なかなか相手はメッセージを確認してくれません。その日は「既読」にすらなることなく、一日が終わりました。遅くてもその日のうちにメッセージが返ってくると考えていたAさんはがっかりです。

次の日、さすがに既読マークが付き、夜に返事が返ってきました。Aさんは安心して返事に対する返信をその日のうちにしました。もしかしたら続けて返事が返ってくるかなと期待したのですが、また既読になることなく、次の日になりました。

次第に、とにかく婚活相手の男性は、返事が遅いということがわかってきました。メッセージの確認も、その日の夜にしてくれればいい方で、悪い時は三日ほど放置されていることもあります。

意を決してAさんは休みの日の夕方、婚活相手の男性に電話をかけてみました。食事にでも誘おうかと考えていました。

しかし、電話は通じることはありませんでした。相手のスマホは「電源が切れているか電波の届かないところにいる」、というアナウンスが流れていました。

結局その後わかったことは、Aさんはスマホに非常に無頓着であり、いつも夕方には電源が切れていることが多いということでした。しっかり充電しているときは、使いもしないために電池もあまり減らないのですが、そういうときにもメッセージに気づくことはないということがわかりました。それならまだ電話での連絡は取れるのですが、もっともひどいのは電池が完全に切れた状態のまま数日気づかないというパターンでした。

そもそも連絡が付かないのであればケータイやスマホを何のために持っているのかわからない状態で、数ヶ月のち、Aさんはその男性と別れるに至りました。

連絡がつかなければどうしようもない、というのがその理由です。

マメさがない人は世の仲たくさん存在しますが、少なくとも婚活や恋愛をしようというときに、相手と連絡がとれない状態を作ってしまうのは致命的です。

出来れば自分からも連絡をするべきですし、できなかったとしても相手からの連絡に対する返信くらいは確実にしていくのが基本中の基本です。それができていないようであれば、相手から付き合う気がない、お互いの距離を縮めていきたいという意思がないと思われても仕方がありません。

心当たりがある人は、注意をするようにしたいところです。