アラサーとして過去の恋愛を振り返る

アラサーにもなれば、過去の恋愛の一つや二つあってもおかしくありません。

そんな昔の恋愛を、ちょっと落ち着いて振り返ってみましょう。

どこから恋愛は始まって、発展していったのか。どういう付き合い方だったのか。どうして最終的に別れるに至ったのか。

別れる原因は相手だったのか自分だったのか。

何がダメだったのか。

そうした細かい内容を振り返ることで、同じ失敗をしないという意識を持つことができます。

同時に、しばらく恋愛をしていないために、恋愛の仕方自体を忘れてしまった、という人たちも改めて恋愛とは何かを考える機会にもなります。

もちろん頭の中で想像する恋愛と、目の前の現実の恋愛とでは大きな差があります。理想と現実はまったく別物ですので、考えていた通りに現実が運ぶわけがないのです。ですが、過去の失敗を教訓として生かすということには意味はあります。

過去に縛られすぎるのもよくないですが、ある程度参考にしながら未来に進むことができるのが人間本来の強みでもあるわけです。

このことは、恋愛初期だけでなく、恋愛中にも活用できます。

人を見る目も、昔比べて肥えてきたという人もアラサー女性には多いと思われます。過去の経験を生かして人を見抜き、しっかりと同じ失敗を繰り返さないように気を付けながらの婚活、というのが理想です。

過去に恋愛経験がないという人は、その点で難しいですが、そういう人はまず、当たって砕けろ精神が必要かもしれません。アラサーになると焦る気持ちばかりが先に立つかもしれませんし、失敗はできないという強迫観念もあるかもしれませんが、恋愛経験ゼロからの婚活はなかなかハードルが高くなってしまいます。

初めて付き合った人が一生添い遂げられる人だった、という人ももちろん存在しますが、実際はかなり少数ではないかと思われます。

何事も順序というものがありますので、恋愛経験ゼロの人はまず恋愛から、一つ一つステップを踏んでいくようにした方がいいかもしれません。

 

婚活ツールを活用する

アラサー婚活を実施する際に、ではどうやって婚活を実施しようかとまずは考えると思います。

婚活のためのツールは様々揃っていますが、どれも一長一短あるために、自分にもっともあった方法を探す必要があります。

 

例えばスマートフォンを利用した出会い作り。

例えばパソコンを利用して婚活サイトを活用する方法。

例えば婚活のための街コンに参加する方法。

例えば友達や知人に紹介してもらう方法。

 

今、最も多い出会いのきっかけは、やはり職場です。いつも一緒にいる同僚こそが、最も恋愛発生率の高い相手であるのは間違いないところですが、実際に職場で婚活を実行するためには、色々なリスクが付きまといます。うまくいけばいいのですが、うまくいかなかった場合、最悪のパターンでは職を失う可能性すらあります。できるだけ職場は利用したくないしそもそも職場では出会いがないという人も多いでしょう。

その時に活用したい方法が上記の方法です。

それぞれ今どきのツールですが、どれも効果的に利用することで、婚活を最大限に効率よく行うことができます。

まずは少しずつメールなどから、と考える人はネット系の婚活がいいかもしれません。

ネットでの出会いなど、という人は街コンもいいでしょう。飲みに行くのが好きな人も街コンは向いているかもしれません。

友達や知人からの紹介というのは、古典的ではありますが効果的な方法でもあります。ただ、やはり色々なしがらみがあったりリスクも多く、実際紹介してもらえる人にはそれほどめぼしい人がいないということも多々あります。

ともあれ、どのツールを利用するにしても、積極的に自分から動かないと何も進んでいかないのは間違いありません。

自分から動くということを基本に、色々な自分にあったツールを探していきましょう。

 

アラサー婚活のための武器を再確認

婚活をスタートするにあたって、まず把握しておきたい自分の持つ武器。一つ一つ自分自身を振り返ってしっかり把握しておきたいところです。

自分にはどういう特徴があり、何を持っていて何がアピールポイントで、さらに相手に対してどういうメリットを与えることが出来るのか。

それは時に容姿であったり、様々な能力であったり経済力であったりやさしさであったり、目に見えるものであったり見えないものだったりします。

人それぞれであり、人によって武器と呼べるものは本当にまったく異なります。私だけ、あなただけ、人間まったく同じ顔の人間が二人といないように、人が持つ武器も完全に人によって異なります。

 

敵を知り己を知れば百戦して危うからずと言います。

その基本としてまずは自分を知ることから始めます。自分の武器とはいったい、何なのでしょうか。

 

当然のことですが、武器が多ければ多いほど有利であり、武器が少なければ戦いは不利です。

武器が多いと感じられる人は、その武器を最大限に活用して有利に婚活を進めていくことができます。

逆に武器が少なければ、少しでも武器を増やすために努力をする必要があります。

武器なんかいらない、ありのままの自分を受け入れてくれる人がいい、というのでは、丸腰で戦いを挑むのと同じであり、いつまで経ってもいい出会いは訪れません。

ありのままの自分でありながらも、ある程度の相手を思いやる努力だったり、周りに対する影響力を強める努力は必要です。そうすることで、それが自分だけの武器になっていくのです。

 

たとえお金がなくても、世界中の誰よりも優しければそれは武器になります。逆もまた然りです。

何もなくても一緒にいて楽しいと相手に思ってもらえる性格であればそれだけでも大きな強みとなります。その強みを生かしながら、そのほかの足りない点を補うための努力を怠らなければ、いい出会いが訪れた時にそれを逃さずに手に入れることができるはずです。

ここぞ、というときに有効に利用できる自分だけの最強の武器を持ちながら、婚活市場の戦いに繰り出していくのです。

結局、婚活は戦いなのです。限られた優良な異性を奪い合う戦いです。ほかの異性に負けないくらいの、強力な武器を持っていれば持っているほど、有利に戦いを進めることができます。

武器が限りなく少ないと自分自身自覚してるのであれば、まずは自分自身のレベルアップです。レベルが上がればそれ自体が武器になっていきます。

ただでさえ、アラサーという婚活市場におけるマイナスポイントを抱えているのです。そのハンデを補ってあまりある武器を持たなくてはなりません。

 

やがて訪れる最高の出会いに、最高の状態で備えるために、自分の武器を一つ一つ確認してそれを研磨していきましょう。

婚活開始にあたって自分の性格を診断する

本格的な婚活を一念発起して開始するにあたって、改めてここで自分の性格を把握しておきましょう。相手を探しに外に出ていくその前に、まずは自分自身のことをしっかり理解しておく必要があります。

いい相手を見つけた時に、自分という人間をしっかりアピールできなければ、それこそ大きな損失になります。手に入れられるはずの相手をみすみす逃すことほどもったいないことはありません。

 

自分は一体どういう性格なのか。

何が好きで何が嫌いなのか。他人と比較してどういう傾向がありどんな性癖があるのか。

そしてどういうタイプを好み、どういうタイプを苦手としているのか。

 

苦手でも嫌いでも、好きになった人が好き、という人もいると思いますし、確かに昨日まで嫌いだと思っていた人を好きになってしまうということもあるでしょう。

しかし、自分の大まかな傾向を知ることは、これから婚活を行っていく上で大いに役に立っていきます。

 

お見合いをしたりサイト上で相手の情報を確認したりするときに、どういう性格の人でどういうものが好きなのかなどの情報を得る機会も多くなると思いますが、会ったこともない相手を判断する材料は、つまりそうした客観的事実しかありません。

自己申告の事実、それがつまりは相手の目に見えるプロフィールであり、第一印象時に相手に与える情報のすべてとなります。

会ってみてからのフィーリングや外見、スタイル、しゃべり方や物腰、性格などはそれこそ会ってみないとわからないのだから、そんなことは会う前の段階では役に立ちません。

まずは第一段階として相手を判断するためにまずは自分を、自分の好きな性格や趣味を明確にして、その上で目の前の相手が自分に合うのか合わないのか、実際に会ってみたいと思えるのかどうか、付き合うことはできたとしても結婚まで考えることができるのかどうかなど、想像を膨らませることが出来るのです。

婚活において、こうした想像力は非常に大事です。

まだわからない将来の映像を具体化して夢想する。

幸せな自分とその相手を想像することが出来るのかどうか。

相手を知るだけでは足りません。まずは自分自身を知ることから始めなければなりません。

まずその第一歩は、自分自身の性格把握と趣味把握など、自分という人間を知るところからのスタートです。

そして自分の嫌なところやダメなところも見つめ、ダメなところは改善をしていくように自分磨きをしていきます。研鑽を忘れた人のところに幸せは降ってきません。常に自分自身を成長させようという前向きな精神こそが、婚活成功の最大のカギと言ってもいいと思います。

その上で着実に婚活成功と結婚、そしてその先の未来へと進んでいけるようにしておきたいところです。

自分を間違わずに知ることができれば、必ず未来図が見えてくると思います。動き出す練習と思って、まずは自分を振り返ってみましょう。

アラサーでもまだ遅くない、結婚に向けた婚活攻略スタート

結婚なんてまだ早い、そのうちいい人に出会うまでは焦らずのんびりでいい、今はまだ一人でいたい・・・などなど、気が付いたらいつの間にかアラサーと呼ばれる世代。

周りもどんどん結婚していき、気が付けば独身の友達の方が少ない、なんてことも多くなる年齢です。

特定の恋人がいればまだしも、そのうちそのうちと思っていてもなかなかいい出会いに恵まれないまま、日々を費やしていることも少なくないのではないでしょうか。

婚活自体がとても面倒で、婚活のために何かしらの行動するのが面倒だったり、恋愛を一からスタートするのに疲れるなど、一部干物化している人もいるかもしれません。

一度そういう方向へ進んでしまうと、元通り婚活を開始していくように生活習慣からリカバリーするのは非常に大変です。

 

しかしそんなアラサーの人たちも、まだまだ遅くはありません。あきらめてはいけません。

そもそも、アラサーであきらめてしまえば、次はアラフォー、ますます可能性は低くなるばかりです。多少なりとも結婚への意識を持っているのであれば、今すぐ、本格的に行動を開始しましょう。

 

何より結婚に向けた活動は、積極的に自分の意志で動いていかなければはじまりません。自分で考え、自分で意欲的に、前を向いて未来を見据え、前進していくのです。

行動あるのみ、行動した人にのみ婚活の女神は微笑んでくれるのです。「行動=成功」と言い換えてもいいでしょう。行動しないところに成功は舞い降りません

 

幸せな結婚生活を手に入れるためと考えれば、多少意欲的になれないでしょうか。

なれないとしても、自分を自分でだましていくくらいの気持ちがここでは必要です。

とにかく結婚しなければならない。結婚したい。もう後がない。それくらい自分を追いつめることも、場合によっては必要です。

 

仮に、結婚にはそれほど大きな理想を持っておらず、場合によっては一生独身でも・・・と考えている人もいると思います。

むしろ結婚生活とは、今から婚活をして様々な苦労をしてまで手に入れるほどのものだろうかと。

確かに、人の生き方はさまざまであり、結婚がすべてではありません。一人で生きていく人も昨今はかなり増えてきています。

しかしそれでも、確実に年老いていき衰えていく中で、いつまでも独り身は不安と感じることもあるのではないでしょうか。

結婚とは、華やかな側面ばかりではなく、ある種老後への安心の意味も持っているのです。

 

それにしたって、結婚するには婚活をする必要があり、そもそも出会いがなければそんな将来的不安から抜け出すのも困難で、結婚はしたいと思ったからできるものではないではないか、一体どうすれば結婚できるのかと途方に暮れている人たちもいるでしょう。

しかし、そんな心配は一切ありません。

今の時代、色んなところから出会いは作り出すことができるのです。

色々な出会いを見つける方法やコツなど、結婚に向けたトータルセルフプロディースを一緒におこなっていきましょう。

そして気が付いた時には愛する相手と結婚し、二人の生活を営み、子を持ち、そして老後へと家族で向かっていく安心の未来を、現実のものとしてとらえることができるようになっているはずです。

今、この瞬間から、本格的な婚活スタートです。