アラサー婚活でペットへの意識

それまで互いに別々に生活していた人間同士が生活をともにするようになるのが結婚です。

誰にも文句を言われることがなかった自分の生活習慣の中に他人が入ってくることによって、色々と指摘されることが出てきたり、逆に相手の動きに気になる点があったりすることも少なくないでしょう。

それでも互いの考え方や生活方法の違いを受け入れながら妥協して共同生活を継続していく必要があります。

そんな中で致命的に考え方がすりあわない可能性がある点として、ペットの問題があります。

ペットがいないと生活できない、ペットも自分の家族だと言ってはばからない人もいます。

しかし逆に、ペットには何の興味もなく、逆に手間暇がかかる面倒な存在と考えている人もいます。興味がない人の多くはそのような考え方なのかもしれません。

ペットを飼う意味が、興味がない人にはわかりません。ペットが好きな人はひとえに、その可愛さにひかれ、毎日の生活の中での癒しとしてペットと一緒に生活したいという憧れがあります。そういう部分が、興味がない人には理解できません。

しかし、そのペットに対する意識を頭から否定してしまうと、二人の関係はまったくうまくいきません。少しでも関係を円滑に継続したいと考えているのであれば、まずはペットを飼っていない側が相手に合わせることが必要です。

ペットがいれば、癒しにもなるし可愛いのは間違いないですし、自分になついてくればさらに興味もわいてくるようになるものです。それでも興味がない人はどうにも興味を持てないかもしれませんが、ある程度でいいのです。メインで世話をしてくれるのは本当にペットが好きな相手なのだから、自分はそれを受け入れながら、ある程度合わせておけばいいのです。

ペットがいると、どこかに出かける際も実はいろいろと面倒です。一日家を留守にするくらいならまだしも、泊りがけなどになってくるとペットにご飯をあげる人もいませんのでペットショップなど一時的に泊りがけで預かってくれるところに預ける必要があります。

留守番させずにつれて行ったとしても、ペットが泊まれる宿を探す必要がありますし、料金も割高になります。二人だけで出かけたいと思っても、ペットがいることでなかなかうまく計画が立てられないこともあるでしょう。それに対してイライラしてしまうと、二人の関係は継続していけない可能性が高くなってしまいます。

ペットが好きな人にとっての第一優先は、やはりペットなのです。そのペットを置き去りにして二人で旅行などもってのほかなのです。

だからこそ、そういう人にとってのペットの存在は、まさに家族と同等であるという意識をもって接する必要があります。愛をもってペットにも接しておけば、ペット好きな人はその相手にも好意をよせてくれます。

 本当はペットに興味がない人は、同じく興味がない人と付き合うのが一番いいのですが、それ以外の点は申し分ない相手に出会った場合、ペットに対する部分だけを妥協して付き合うこともできるはずです。

ペットを受け入れることが出来るかどうか、アラサーの婚活において一つ、注意しておきたいポイントです。

 

アラサー婚活で互いの自動車に対する考え方を知る

婚活デートで必ず必要となるであろう自動車。やはりデートと言えばドライブは定番中の定番と言えるのではないでしょうか。

どこに行くにしても必ず自動車が必要となることは多いと思います。加えて車内は密室になるために、ゆっくり二人で会話を楽しむこともでき、二人の関係を進展させるためのツールとしても活躍することが多いと思われます。

自動車をデートに利用するのであれば、当然のことながら必要なのは自動車免許。

現代の日本において自動車免許を持っていない人はごくごく少数だとは思いますが、免許をもし持っていない場合は、仕事上ももちろん不都合が出ることもありますので、とりあえず免許センターに通うことを考えてもいいかもしれません。

男性であれば、まず自動車免許がないことが有利に働くことはないので、必須と言ってもいいでしょう。女性の場合は必ずしも免許は必要ではないかもしれませんが、もちろん持っているにこしたことはないでしょう。

デートにおいて女性がメインで運転をする展開にはなかなかならないと思いますが、二人とも運転ができれば、夜を徹して長距離ドライブを楽しんだりすることもできますし、行動の幅が広がります。

加えて、人によっては自動車にかなりの愛情を注いでいる人もいます。自動車が好きな人は本当にこだわりがありますので、その辺りを理解していけるのかどうかという点もポイントの一つです。

到底必要もないような高級車を買いまわすような性格だったり、生活費をぎりぎりまで削ってでも車につぎ込むというタイプであれば考え物で、どこまで受け入れられるのかも考えなければならないでしょう。

生活においての足なのか、それとも高級な趣味嗜好としての自動車なのか、相手とお互いの考え方を確認しておきたいところです。

結婚後は、自動車を一台にまとめるのか、それぞれの足として二台所有しておくのかも検討の余地があります。自動車は持っているだけで維持費がかかりますので、出来る限り必要がないのであれば一台にまとめてしまった方が家計への影響は少なくなりますが、夫と妻と二人いるのに自動車が一台では不便なこともあります。

生活環境などと相談しながら、自動車に対する考え方全般をすり合わせしておきたいところです。

 

アラサー婚活における嫉妬と束縛

相手のことを好きになると、常に一緒にいたいと思うのは当然のことです。

一緒にいたい気持ちは膨れ上がり、時に誰にも渡したくない気持ちにもなるでしょう。誰しも相手のことを大切に思えば、多少なりとも独占欲が出てくるのは仕方がない部分もあります。

しかしそれが高じて束縛になってくるとあまりよろしくありません。

相手にも生活があり、そのすべての時間を一人のパートナーのためにだけ使えるわけではありません。

友達との付き合いや会社での付き合いなど、人間が社会の中で生きる生物である限り常に誰かとの関係は存在するはずです。その部分に対する理解は、必ず必要になってきます。

特に付き合いはじめなどは、まだまだ不安な部分もあるでしょうから多少仕方ないと思えるところもあります。もしかしたら他の人に気が向いてしまうのではないか、浮気されるのではないかなどなど、考え出したらきりがないほどの不安に襲われる人もいるでしょう。

しかしこの辺りが人によって結構大きな差があり、まったく気にしない人もいます。

嫉妬深さは個人差が大きく、想像力が旺盛な人の方が色々なことを考えすぎてしまい、それが結果として強い嫉妬につながってしまうことが多いようです。

愛されているのは嬉しいことでしょうが、強すぎる相手からの嫉妬はやがて束縛と感じるようになります。どこに行くにしても必ず連絡を強要され、常に居場所を明らかにしておく必要があり、毎日必ず電話もしないといけなくなり、連絡しないと強い抗議を受けます。

そういう束縛状態を愛されていると嬉しく感じる人も中にはいますが、多くはうんざりして疲れてしまうケースが多いと思われます。

婚活において、特にアラサーにもなればある程度恋愛経験もあることが多いでしょうから、その辺りはさっぱりと、あまり嫉妬による束縛などはしないようにして、相手を尊重する気持ちは持っておきたいところです。

逆に相手がそういう束縛気質を持っているようであれば、それに自分が耐えられるかどうか、危険なレベルでないかどうかは早めに判断しておきましょう。

あまりにも強すぎる束縛気質は稀にストーカー的な問題に発展することもあります。その辺りの見極めは、自分の身の安全のためにも確実に行っておきたいところです。

 

アラサー婚活で考える浮気や不倫の基準とは

結婚する前から浮気のことを考えるのもどうかとは思いますが、この浮気に対する考え方も、お互いにずれがあると大きなトラブルのもとになります。

例えば、仕事上で女性と二人で食事をする機会が多い夫がいたとします。その時に妻の認識が、自分の知らない女性と二人で食事に行くのはもう浮気であるという考えであれば、夫としては仕事ができなくなってしまいます。仮にまったく何もなくただ仕事上の付き合いでやむを得ないものであったとしても、妻としては許せない裏切りと思えてしまうというわけです。

逆のパターンでも、妻には男友達が非常に多く、何の気なくたまに食事に行ったりみんなで遊んだりするようなケースで、夫がそれを浮気と認識する考え方の夫であれば、やはり大きなトラブルとなる可能性が高いでしょう。

浮気については判断が難しいところで、どこからが浮気・不倫なのかという考え方は人それぞれです。

上記のように食事に行くだけで浮気であると考える人もいれば、キスからが浮気であり、食事くらいは浮気とは言わないという人もいるでしょう。

パートナーの交友関係と友達との付き合い方などは、事前にある程度確認しておいて、どこまでは浮気ではないと判断して動く人なのかは理解しておきたいところです。

自分の中でこれ以上は浮気であると考えているラインを簡単に乗り越えてしまう相手であれば、致命的に相性が合わないと思われます。

つまり浮気とは、パートナーが浮気と感じるのであれば浮気なのです。ですので、仮に相手とうまくやっていきたいと考えるのであれば、そのパートナーが浮気と判断するラインは乗り越えないように努力をしていく必要があります。

もちろん仕事上やむを得ないケースなども考えられますので、その辺りについてはある程度の理解をしていく必要もあります。仕事に支障が出るほどに人間関係を厳しく絞らせるのも問題があります。人脈は仕事において非常に重要であり、そのためには異性との付き合いも増えることは仕方ない部分もあります。その辺りも理解ができないと、相手からは敬遠されてしまう可能性が高いです。

特に嫉妬深い人などにとっては、交友関係が広い相手はやきもきして落ち着かないかもしれませんが、ある程度は理解する度量も必要かもしれません。

 

アラサー婚活で親との同居と住居の問題

結婚とは家と家の付き合いの始まりでもあります。

自分の家と相手の家、それぞれの両親同士も対面することになりますし、結婚以後はずっと付き合っていかなければならない相手となります。

さらに、新婚生活を開始するにおいて二人の住居の問題があります。

どちらかの実家で生活をするのか、それとも新居を用意して二人で済むのか、どちらかがもともと一人暮らしをしているのであればそちらに入ることにするのか。色々なパターンが考えられます。

仮にとりあえずどちらかの家に入ったとしても、その後住居をどうするのかは必ず考えなければならない問題の一つです。

つまり、家を建てるのか、マンションを買うのか、それともどちらかの親の持家などに入ってそこに住んでいくことにするのかなどです。

どちらかの親との同居が選択肢にあるのであれば、わざわざ家があるのに新しく家やマンションを買う必要はないかもしれません。

しかし、絶対に同居は考えないという方針であれば、やはり親の家とは違う住処を見つける必要があります。一生賃貸で生活していくという選択肢もありますし、頑張って家を買うという選択肢もあります。

後々のことを考えるのであれば、家を買った方が家族に対して財産を残せる形になるので、賃貸よりも持家にこだわった方がいいかもしれません。団体信用保険などに加入するでしょうから、もし一家の大黒柱に何かあっても、そのまま家は家族に残る形となります。それだけで生命保険代わりにもなると言えるでしょう。

この家をどうするのか、生活の拠点をどうしたいのか、親と同居はあるのかなどの点だけは、結婚前にある程度確認しておきたい項目でもあります。

婚活中に、どうしても親と同居してもらいたい人と絶対に同居したくない人であれば、真っ先にトラブルになる可能性があります。結婚してから親との同居問題でもめてはどうしようもありません。

家を建てるにしても、どちらかの両親の家の近くに建てると、実質同居しているのと変わらない状態になる可能性もあります。頻繁に姑が家に来るようでは、嫁としてはやりにくいでしょうし「こんなはずではなかった」、とストレスの種になることが考えられます。

お互いの家と両親との同居問題と住居については、しっかり明確にしておきたい婚活における注意点といえそうです。

 

アラサー婚活で甘いもの・スイーツが好きかどうか

料理の好き嫌いにも関連しますが、アラサー婚活においてお互い甘いものが好きかどうかという問題があります。

料理の好き嫌いと同様に、甘いものに対する意識は真っ二つに分かれることが多いようです。

甘いものは好きな人は好きだけれど、嫌いな人は嫌いという人が多いため、相手がどちらに属しているのかは、二人一緒にスイーツを楽しめるかどうか重要なポイントでもあります。

もし相手が甘いものがダメな人だった場合、美味しいスイーツを食べに行きたいと思っても、一緒に行くことができないかもしれません。

友達といけばいいという話ではありますが、せっかくなので婚活相手といっしょに行ければより楽しめるというものです。

女性はほとんどの人が、甘いもの好きなケースの方が多いでしょう。昔とは違って最近は男性も、甘いもの好きな人が増えていますので、比較的相性を合わせやすいかもしれませんが、もし甘いものはダメ、という人に当たってしまった場合は、それを理解した上で甘いものを食べにいくのに付き合ってもらえる人かどうかは確認しておきたいところです。

やはり一人で食べに行け、と言われるのは寂しいものです。

アラサーでも何歳でも甘いものはやはり美味しく食べたいもの。婚活においてスイーツを一緒に楽しく食べられる人に出会えたなら、それが結婚へ向けたきっかけにもなるかもしれません。

 

アラサー婚活における食事の好み・好き嫌いについて

婚活において、見逃しがちではあるものの結構重要なのが、食事の好みについてです。

やはり食事は人間の生活において欠かせないものであるがために、その好みが合わないと生活のリズム自体がすれ違ってしまうこともあります。

夫は肉メインの料理が好きで、妻は野菜中心のメニューが好き、ということであれば、同じメニューを二人で食べようと思ってもどちらかが我慢を強いられる可能性がありますし、どこかに外食に行くにしても行きたい店が違ってきてしまいます。

お互いがその都度ある程度は相手に合わせるようにするのであればいいものの、毎回相手に合わせなければならなくなるとそれ自体が苦痛になってくることも考えられます。

食事の好みが近ければそういう配慮もまったく必要なくなり、好きな時にお互いが好きな料理を食べたりすることができるため、食事の相性もやはり重要と言えます。

甘いものや辛いものに対する意識もやはり同様で、甘いものがそもそも苦手な人は、スイーツを食べに行きたいと言われてもあまり気乗りしないでしょうし、辛いものが嫌いな人が辛い物を食べたいと恋人や配偶者に言われてついていったとしてももともと苦手なので食べることができないでしょう。食べ物の好き嫌いや好みの問題は、意外に重要なポイント占めることがわかります。

自分で料理をする人であれば、相手が自分の料理をおいしく食べてくれるかどうかも重要です。

せっかく作ったのに食べてくれないのであれば大きなストレスとなるでしょう。食べてくれても美味しそうにしてくれないのであれば作る気もなくなると思います。相手が食べたいものを作ればいいのですが、作ってあげていることに対する感謝の気持ちもなければどんどん気持ちも冷めていくというものです。

好き嫌いがあるのであれば相手にそれをしっかり伝えておき、お互い食事についてはある程度妥協しながら、外食をするのならお互いが美味しく食べることが出来るメニューがある店を選ぶとか、家で作るのであれば作ってもらったことに対しては感謝の気持ちを忘れないということを注意しておきたいところです。

作ってもらうのが当たり前になると、作っている側としては面白くないものです。やはりある程度は「作ってくれてありがとう」という気持ちを表しておく方がいいでしょう。

食事の相性がいい方がいいのはもちろんですが、仮にお互いの好き嫌いに違いがあってもある程度は相手のことを思いやることができるのであれば、多少の食事の相性の悪さは補っていくことができるのではないかと思われます。

やはり大事なのは思いやりの心ですね。

 

アラサー婚活中のデート場所を選ぶ

婚活を開始していい人に巡り合えれば、まずはその人との関係を深めていくためにデートを重ねることになるでしょう。

それは当初、結婚という目的が感じられるものではないかもしれません。気楽な食事くらいからスタートすることもあるでしょう。

同じ趣味がある場合は、その趣味を生かした集まりなどからスタートすることもあると思います。

とにかく最初は、きっかけはどうあれ、二人で出かけたり食事をしたり、何か行動をともにするところから婚活も始まっていきます。

気が合う人、一緒にいて楽しい人であれば、もっと二人で出かけたいと思うでしょう。自分がそう思うと同時に、相手がどう思っているのかもなんとなく感じられると思います。こちらが感じているほど相手は楽しんでいないと感じられたなら、まだまだ先は長いかもしれません。そもそも相性がよくない可能性もあります。ただ、その時点でお互いがすごく楽しめていて、もっと一緒にいたいと感じられている状態であればゴールも近い可能性もあります。

そんな色々な時点で選ぶべきデート場所はどこが最も適しているのでしょうか。

実際のところ、このデート場所はどこがいいかという問題には答えがなく、相手次第、状況次第というしかありません。しかし、このデート場所選びが実は結構重要だったりすることもありますので、その人その人のセンスの見せどころでもあります。

場所選びのセンスが悪いとダメ、というわけではありません。要は、その場所選びに対して相手がどう思うのかにつきます。

相手が喜ぶ場所、行きたいと考えている場所、こうしてほしいと感じている心を読み取り、それにそってデートをプランニングできるかどうかは非常に大切です。相手がとても心が広い人であれば、内容どうあれ一生懸命考えて出した結論であれば受け入れてくれるでしょう。

私のためにこんなにしっかり考えて準備してくれた、という事実に喜びを感じる相手もいるはずです。

ですが、そうした過程よりも結果を重視する人もいます。過程がどうあれ、それによって出された結論が悪ければ意味がないと考えるような相手の場合、しっかりと相手が求める答えを提示していく必要があります。

恋愛をゲームとして相手との駆け引きと考えるのであれば、情報を仕入れてその上で一手一手を慎重に打っていく必要があります。うまくいっていたはずなのに、一手間違うだけですべてが逆転してしまう可能性もあります。そして逆もまた然りです。

デートの内容や場所を決めるのがとにかく苦手、という人もいると思います。女性の場合はある程度男性任せでもいいでしょう。逆に男性の場合はしっかり自分がリーダーシップを発揮して行先くらいは決めていかないと、優柔不断と思われてしまい、最悪の場合は頼りがいのない男と思われてしまいます。

そうならないように、頼りがいある男を最初のころだけでもとりあえず見せておく必要があります。慣れてきたら本来の自分を少しずつ見せてもいいでしょう。その上で本来の自分を受け入れてもらえるように少しずつお互いで妥協点を探していく作業に入れればもっともいい形なのではないでしょうか。

もしデート場所やレストランなどの選び方で迷うなら、恋愛上手の友達に聞いてみるとか、グルメな友人から情報を仕入れておくのもいいかもしれません。そういう知人友人が周りにいないときは、今ならインターネットで調べれば何でも出てくる世の中です。

デートスポットを検索してみたり、美味しい食事処を探してみたりしてもいいでしょう。そのくらいの努力は婚活には必要です。それすら面倒と思ってしまうようではいつまで経ってもアラサー婚活は成就しません。

必要な作業なのだと考えて、デート場所はしっかり選んでいくように心がけましょう。

 

アラサー婚活で喫煙の有無/煙草は吸うか

婚活において、相手に望む条件の中にしばしば登場する項目の一つが、この喫煙の有無です。

もともと煙草を吸う人は相手が喫煙者かどうかはあまり気にしませんが、自分が吸わない人は相手にも煙草は吸ってほしくないと感じる人が大多数です。

煙草を吸わない人から見た煙草を吸う人をパートナーに選んだ場合のデメリットは、単純に煙たいという点や煙草のかかる金銭的な負担などにとどまらず、副流煙による健康被害だったり家の中で吸われた場合は壁の染みだったり匂いだったり、子どもに対する悪影響だったりとほとんどいいところがありません。

そのために、まず大前提として「煙草を吸わない」という点を相手に求める条件に掲げている人もいるほどです。

男性が煙草を吸う場合はまだいいかもしれませんが、女性が煙草を吸う場合はさらに条件が悪くなるのは言うまでもありません。

勝手な言い分とはいえ、男性は女性が煙草を吸う行為自体をあまり好まない傾向があります。さらに、妊娠した際の子どもへの悪影響が最大の問題点です。自分は吸っても女性には吸ってほしくないという男性が少なからずいるからには、本気で婚活をしたい女性は絶対に煙草はやめた方が有利です。

もちろん男性も、煙草が婚活において有利に働くことはまずありませんので、やめられるのであればやめるように努力した方がいいでしょう。

自分の健康のためでもありますし、金銭的な負担も減り、さらには婚活における対象女性の幅が広がります。煙草を吸っている状態では見向きもしてくれなかったはずの女性とのつながりができる可能性もあります。

煙草を吸っていてもモテる人は当然モテますが、「ありのままの自分を好きになってほしい」というスタンスを捨てきれない人は、なかなか婚活ではうまくいかない可能性が高いと言えます。「ありのままの自分」をすべて丸ごと受け入れてくれる人は、おそらく世界に両親くらいしかいないでしょう。

煙草を吸う人が婚活に臨む際にその本気度がわかるのが、このタバコをやめられるかどうかという点かもしれません。

強い意志をもって煙草をやめて婚活に臨めるくらいの人なら、きっと早いうちにいい人を見つけることができるのではないでしょうか。

 

アラサー婚活における互いの飲酒の有無

色々な場所で必ず登場するであろう「お酒」。歓送迎会や忘年会、新年会、友達との飲み会、同窓会などの集まりなどなど、色々な場面で飲酒をする必要が出てくることもあるでしょう。

結婚相手を探すためのアラサー婚活においても同様です。食事会もあれば飲み会もあるでしょう。お酒が入ることにより、普段よりも饒舌になれる人もいますので、そうした人にはお酒の場は必須だったりもします。

しかし昨今、若い人を中心に飲酒離れも進みつつあるようです。飲む人は飲みますが、飲まない人はまったく飲まないという具合に、完全にお酒に対する意識が二極化している様子がうかがえます。

煙草よりも重要ではありませんが、飲酒をするかしないかは、婚活を行うにあたって、お互いの相性には影響を及ぼします。

当然のことながらお酒を飲む人にとっては、飲まない相手よりも一緒に飲める相手の方が楽しく相性がよく感じるでしょう。

逆に飲まない人にとっては、お酒が入らない食事の方が望ましく思える場合も多いでしょう。

飲む人と飲まない人では相性が悪い、ということはありませんが、飲む量が違いすぎると最終的にはすれ違いの要因には十分なりうるポイントではあります。

とりあえず自分の飲酒の量と相手の飲酒の量にどれくらいの開きがあるのかは確認しておいた方がいいかもしれません。

婚活している間や恋愛中はあまり飲まないと思っていたのに、結婚して慣れてきた途端に本性が出てきてかなりのアルコール中毒だった、というのは最もありがたくない展開です。

逆に、自分がそれなりの量の飲酒をする場合、相手が飲まないことがわかったなら、どれくらいまでの飲酒を許容してくれるのかを確認しておいた方がいいかもしれません。もしかしたらパートナーにもできる限り飲酒をしてほしくない相手かもしれません。逆に、自分は飲まないけれどパートナーが飲むのはまったく気にせず、逆に泥酔したパートナーを介抱したいと考えている人もいるかもしれません。

とりあえず一度は飲酒の機会を設けてみて、相手の酒癖の悪さをチェックしてみるのもいいでしょう。酒癖が悪い人はなかなか改善しないことも多いため、そこが許容できなければ結婚には結びつきません。

お互いの相性を、飲酒の面からもしっかりと確認しておきましょう。