アラサー婚活で婚約指輪は欲しいのか

婚活がうまくいけば、アラサーという年齢であればできる限り早く結婚にこぎつけたいと思うものです。

その結婚にむけた一連の流れの中で、「プロポーズ」というイベントが発生すると思います。

このプロポーズの際に、ドラマなどであれば婚約指輪を用意しておき、プロポーズと同時にプレゼントするというシーンを非常によくみかけますが、実際はそうしたサプライズよりも、プロポーズ後に二人で婚約指輪を買いに行くというケースも多いようです。

その場合の大きなメリットとしては、好みでない婚約指輪になることがなくなるという大きなメリットがあります。婚約指輪のサプライズプレゼントの大きすぎるリスクはまさにここであり、婚約指輪をプレゼントしてプロポーズしたものの、実際はあまりその指輪は女性の好みではなく、もっと他の指輪の方がよかった、というケースが一番怖いところです。

男性側のセンスと女性の指輪などアクセサリーに関するセンスはまるで好みが別物なので、男性視点で買った指輪を女性が気に入る確率はかなり低いと考えておいた方がいいと思われます。

だからこそプロポーズ後に二人で買いに行く、という方法が合理的なわけです。

そしてもう一つ、婚約指輪はプレゼントしないというケースも増えてきています。

婚約指輪をつける機会など本当に限られています。そんな時々しか利用されることがない指輪に大きなお金をかけるくらいなら、他のことにその分のお金を使った方が合理的、という考え方です。決して考え方としては間違っておらず、婚約指輪という不経済なアイテムの魔力に惑わされないカップルも増加しているということかもしれません。

ただ男性としてプレゼントしたいと考える人もいますし、女性として婚約指輪は記念にもなるので是非欲しいと思っている人もいるでしょう。

その辺りのお互いの意識合わせも、婚活においても重要です。気軽に話せる間柄であれば本格的に結婚話に進む前の段階で、そうした点も確認しておいてもいいかもしれません。

女性側としては、婚約指輪に興味があるかないかを、世間話ついでにそれとなく伝えておくと男性側としても動きがとりやすくなるものと思われます。

普段の生活の中で、そうした結婚に向けた細かい必要項目のヒントをちりばめておくと、色々な手続きがスムーズに進むと思われます。

 

アラサー婚活において結納は行うべきか

アラサーともなれば、世の中の一般常識などは大体身についているもの。

だからこそ、結婚に臨む際に「結納」を行うかどうかは悩みどころでもあります。世間の常識としては結納は必ずしもしなければならないものではなく、両家の同意の元で行わないケースも増えています。しかし、昔ながらの風習を重視する家柄だったり地域などではいまだに結納を重く考えているところもあります。

結納を行う場合、男性側に金銭的な負担が発生するため、男性側から結納はしない方向で、とは通常いいにくいところです。女性側から結納は行う必要はないという意思表示があったのであればともかくとして、それがないままに男性側が結納はしないと勝手に決めていくと、女性側としては結納を行うくらいの甲斐性もないのか、という話になってきてそれ以降の付き合いに支障をきたす可能性もあります。

まずは男性は、女性側の家柄や地域性などを考慮して、結納に対する意識を確認しておく必要があります。女性の方は、逆に気を使って親の意向などをあらかじめ確認しておき、その情報を男性に伝えるくらい気がきけば、相手の男性としては動きやすくなるでしょう。

結納金は地域によって隔たりがありますが、一般的には100万円前後になることが多く、決して少ない金額ではありません。

男性としてみれば、婚約指輪や結婚指輪、結婚式費用に加えて結納金がそんなにかかると、トータルで考えれば結婚の一連のイベント関連で軽く400~500万円近い金額がかかります。結婚式に力を入れれば下手すると1000万円近い金額になる可能性もあります。さらに新婚旅行に力を入れればさらに数十万円が消えてなくなります。

もちろん無駄な部分を抑えればかなり少ない金額で乗り切ることもできるでしょうが、それでも200~300万円程度は貯金があることが望ましいでしょう。

女性はあまり意識しないかもしれませんが、実は結婚には、男性側にはかなりの金銭的負担が発生するのです。だからこそ、「結納」をどうするか、という点は意外に重要なポイントとなります。

男性側としては出費を抑えるために結納はやりたくないと思いますが、そのあと何十年も相手の家族と付き合っていかなければならないと考えれば、そこでケチって評価を落とすのは損です。多少無理をしてでも「結納させてください」と自ら切り出すくらいの気持ちでいた方がいいのかもしれません。

婚活時期に、そうした点もできれば二人で話しておくといいでしょう。

 

 

アラサー婚活、新婚旅行に行きたいのか

婚活に成功し、結婚して式を挙げたのなら、その次に考えるべきは新婚旅行です。

二人で一緒に長期の休みをとって、なかなか普段いけない場所に旅行に行くという思い出づくりの機会でもあります。

会社にもよりますが、通常は結婚した場合、ある程度の長期休暇はとれるところが多いと思われます。もちろんそれは新婚旅行に充てるためであり、普段休みにくい職場であっても、新婚旅行くらいは大目に見てくれるところが多いのではないでしょうか。

国内で済ませることもできますし、なかなかない機会なので海外旅行にチャレンジしてみてもいいでしょう。そうした計画を二人で考えるのもまた、結婚の楽しみの一つとも言えます。

色々と夢が広がる新婚旅行ですが、そもそも新婚旅行に行くのかいかないのか、これも判断が分かれるところです。

当たり前ですが、新婚旅行に行けば、その分費用はかかります。海外旅行に行くとなれば、場所や期間によっては数十万円は軽くかかるでしょう。決して安い金額ではありません。加えて結婚式も挙げているのであれば、そちらでもそれなりの費用がかかったはずです。さらにいえば、結婚指輪、婚約指輪、結納金など、結婚にまつわる費用は非常に多く、特に男性側の負担はそれなりに大きくなります。

それに加えて新婚旅行となれば、最後のとどめと言わんばかりの出費になります。

ただそれでも、これもいい思い出づくりと考えれば長期休暇を最も取りやすい新婚旅行に行かない手はありません。

新婚旅行に行くならどこに行きたいのか、そもそも新婚旅行に行く気はあるのかなど、これも婚活段階で話を出してみてもいいかもしれません。

結婚式などと比べれば、行くか行かないかはそれほど重要ではないかもしれませんが、お互いの考え方がすれ違えば、それこそ成田離婚などという展開にならないとも限りません。新婚旅行に行って相手の悪いところが見えてきて続けていく自信がなくなるくらいなら行かない方がいいようなものですが、成田離婚してしまうような関係であれば、結局長く続けてもやがて終わりは訪れると思われますので、子どもいないような浅い時期に結論を出す方がまだ、効率的と言えなくもありません。

思い出づくりだけではなく、相手を見極める意味もこめて、新婚旅行、是非楽しんで計画を立ててはいかがでしょうか。

 

 

アラサー婚活、結婚式は挙げたいのか

結婚が決まったなら、まずは結納、そして結婚式。そして次に考えるのが新婚旅行についてとつながっていくと思います。

結婚式は、昨今挙げるか挙げないか、人によって判断が分かれるところです。当然のことながら大きな費用がかかりますし、人を呼べば逆に相手の結婚式にも出席する義務が発生します。結婚式にかかる費用は来てもらった人たちの祝儀でまかなえる、と思ったら大間違いです。祝儀は借金と同じなので、もらった分は相手の結婚式で返さなければなりません。つまり結婚式の祝儀とは、将来的に少しずつ返していく借金と考えるべきです。

とはいえ、特に女性にとってはやはり結婚式は憧れだったりもすると思います。もちろんこれも人によりますが、多くの女性はウェディングドレスを着てみたいと思うでしょうし、一生に一度の晴れ舞台として、経験しておきたいと考えるのが一般的です。

実際、結婚式を挙げて失敗した、という人はそれほど多くはないでしょうし、むしろ挙げておいてよかった、と考える人の方が多いと思われます。

後々、結婚式を挙げておけばよかった、と考える人はいても、結婚式を挙げたのが失敗だった、という人は多くないはずです(離婚した人は除く)。

大きな費用がかかっても、のちに後悔を残さないためにも、結婚式は挙げる方向で考えた方がいいと思われます。特に男性は、相手のことを考えて挙げてあげる方が、やはり甲斐性を見せることもできますし、後腐れなく結婚生活を送ることができるのではないでしょうか。

女性は、やはり人生で最も自分が主役になれる一日なので、気乗りしなくてもやはり式を挙げる方向で考えた方がいいと思われます。

もちろん、男性も女性もどちらもまったく興味がなく、後悔することもないということであればあえて結婚式を挙げる必要はありません。そこは考え方次第です。その分の費用を生活費に充てたり、貯蓄に回したりするのもいいでしょう。ある意味堅実とも言えます。

婚活の最中にも、結婚を意識するようになってきたなら必ず結婚式をどうするのか、という問題は出てきます。なかなか結婚が決まる前にそういう話をするのも気まずいこともあるかもしれませんが、ちょっとした世間話程度にでも、相手の結婚式に対する意識を確認しておいてもいいかもしれません。

片方は絶対に式を挙げたい派で、片方は挙げたくない派だと、その時点で躓いてしまいます。もし結婚式に対する意見が合わなかったとしても、その部分をお互い話し合ってすり合わせていき、納得のいく形におさめられるならそれが一番です。

結婚は、ただ書類を提出するだけでなく、色々なイベントも同時についてきますので、そのイベントを一緒にこなしていく意志が相手にあるのかどうかは、要確認と考えておきましょう。

 

血液型に対する意識/アラサー婚活で人気の血液型は

何の科学的根拠もなくても、それでも気になってしまうのが血液型。日本人の会話の中で、必ず一度は出てくるこの血液型による相性診断はあてになるのでしょうか。

実際にそれが当たるか当たらないかはともかくとして、多くの人が興味を持って血液型について語るという事実が大切です。

一つの話のネタとして使えるということもありますし、人によってはこの血液型診断を大いに気にする人もいます。

たとえば、一般的になんとなく敬遠されがちなのはマイペースなB型だったり、多くの人と合わせてやっていける人にはO型が多いなどなど、血液型にまつわる一般的なイメージは、実は人の印象に影響を与えてしまうことがあります。

一度気心が知れてしまえば血液型などはまったく気にならなくなったりするものですが、出会った当初、まだまだ相手の内面がまったくわからない状態では、血液型という根拠のない根拠が、大きな割合を占めてしまう可能性もあります。

いい方向に転べばいいのですが、逆の目が出ることもありますので、意外と油断できないのが血液型とも言えます。

そう考えると、リスクを避けるために血液型の話題はできる限り避けるという選択肢もあります。もちろん相手からそうした話題が出てきてしまえば逃げ道がありませんが、あえて自分からは振らないというのが正解かもしれません。

自分の血液型にもよりますが、相手によって好きな血液型のタイプというものを持っている可能性もありますので、やはりあえて触れないのが一番です。

話題としては面白く話のタネにもなる血液型ですが、婚活の場では、とりあえず打ち解けてしまうまではあえて持ち出さない方が無難かもしれません。

 

アラサー婚活・同級生狙いか年上、年下狙いか

アラサー婚活において、相手の年齢も検討の材料の一つになります。

そもそも好みの問題も影響しますが、頼りになって引っ張ってくれるような年上が好きなのか、逆に自分が引っ張ることができそうな年下の方が好みなのか、それともジェネレーションギャップがあり得ず会話の内容も合いやすい同級生がいいのか。

基本的にはまず自分の年齢が基本になり、そのプラスマイナス何歳までが許容範囲かというところが重要です。歳の差が近くて問題が発生することは少ないですが、開きすぎていると家族の同意を得られにくくなるなどのマイナスポイントもあります。

好きになってしまえば年齢など関係ない、というのは当事者二人の意見であり、周囲から見るとやはりどうしても歳の差婚には抵抗がある人もいると思われます。そうしたケースを避けたいのであれば、婚活初期の段階で、年齢を絞って、その枠から外れる人は対象外として捉えておくといいかもしれません。

もちろんこれは良し悪しであり、年齢差によって周りからどうのこうの言われることはなくなる反面、出会いの機会を減らしてしまうことにもつながりかねません。一刻も早く多くの人と出会い、アラサー婚活を成功させたいと考えるのであれば、条件の中から年齢は外した方がいいかもしれません。

結婚してしまえば、年上でも年下でもまったく関係なく、歳の差などもあってないようなものであり、年齢が生活に影響を及ぼすということはほとんどありませんので、恋愛段階の好みの問題以外では、婚活において年齢は重要性が低いのかもしれません。

今まで年上しか付き合ったことがなかったけれど、年下と初めて付き合ってみたら予想外に相性がよかった、などというケースはいくらでもあります。自分が考えているほど、年下年上などは関係ないことが多いのです。

結婚するなら年齢よりも性格重視で判断していきたいところです。

 

アラサー婚活で相手の両親との仲を観察する

アラサー婚活において、婚活相手の両親との仲の良さは、注目しておきたいポイントの一つです。

親子が険悪な状態ではないか、逆に仲良すぎはしないか、どういう親子関係であり、どういう風に育てられてきたのかなど、親をみるとその子どもである婚活相手が見えてくる場合もあります。

もちろん、相手の両親との顔合わせなどは、通常は婚活もクライマックスに差し掛からなければなかなか遭遇しないイベントではあります。ですので、普段はなかなか相手の両親との関係などは見えてこないことも多いとは思います。それでも、話の流れで家族のことを聞いたり聞かれたりすることもあるでしょう。その時にそれとなく、家族のことを話す相手の様子をうかがっておきましょう。

屈託なく楽しそうに家族のことを話すのか、照れくさそうに語るのか、いやな顔をしながらあまり内容を話したがらないのかなどなど、相手と両親との距離感もなんとなくではありますがつかめるかもしれません。

基本的に、両親を大事にできない人は、最終的に配偶者のことも大事にしなくなるとよく言われます。身近な人を大切にできる人なのかどうかを、見極めることもできるかもしれません。

逆に、親子仲が良すぎるような場合は、父親母親のどちらかとべったりの親離れ子離れできていない親子ではないか、注意しましょう。

母親とべったりの息子であれば姑問題が後々かなり重たくのしかかってくる可能性があります。逆に父親とべったりの娘であれば、こちらのことを認めてもらうのにかなり苦労するかもしれません。

普通に考えて、親は子どもに幸せになってもらいたいと考えており、当然のことながら早めに結婚できるのであれば結婚してもらって、孫の顔も一度は見てみたいと思っているものです。そういう期待を持たれる中に自分が飛び込んでいくという覚悟を持ちながら、しかしプレッシャーに感じすぎずに、相手の両親との関係は良好に保っていきたいところです。

やはり相手の家族との関係がうまくいかないまま、何年何十年も付き合っていくのは非常に大変です。

結婚とはパートナーを見つけ、二人で夫婦になるものですが、同時に相手の家族をも抱え込まなければなりません。

決して無視することはできない重要ポイントなので、しっかり考えておくようにしましょう。

 

アラサー婚活のできちゃった婚はありか/授かり婚/おめでた婚

アラサー婚活においてのゴールは結婚です。

結婚に至るための道筋はいくつか用意されており、その最短ルートを通る道の一つに「妊娠」というキーワードがあります。

結婚の前には恋愛という段階があり、その恋愛段階においてもっとも結婚に至る近道なのがこの「妊娠」を通るルートなのですが、この道は最短であるがゆえに色々なリスクを伴います。

まずは両家家族、両親などの問題。相手が本当に結婚するべき相手なのか見極め切れていない状態というリスク。結婚して生活を共にする前の段階で子どもというステップに飛び級してしまったことにより、本来うまくいくはずの流れが断ち切られてうまくいかなくなるリスクなどです。

妊娠をきっかけとしての結婚は、古くは「できちゃった婚」などと呼ばれ、昨今は「でき婚」「おめでた婚」「授かり婚」などと呼ばれたりもします。

このきっかけは、多くの場合はマイナスとしてスタートすることにはなりますが、結果的に最良のきっかけになり、以後子どもも含めて幸せな家庭を築くに至ることもありえるために、一概に悪いことばかりではありません。

むしろ、結婚したはいいものの、なかなかきっかけがなく子作りを延ばし延ばしにしているよりも、早めに子どもができることにより早めに子育てから解放され、老後をより楽しむことが出来るというメリットもあります。

ただもちろん、出来る限り結婚前の妊娠を避けるということは、男性のマナーでもあり女性も気を付けるべきポイントでもあるため、それをおざなりにする相手であれば、責任感があるのかどうかという点や、そもそも本当に信用できる相手なのかどうかという根本的な問題につながる可能性もありますので、細心の注意を払っておいて間違いありません。

アラサー婚活の基本は、妊娠は結婚してから、です。

 

 

アラサー婚活の際の子どもに対する意識

結婚するにあたって避けては通れない話題の一つに、子どもの話題があります。

子どもが好きなのか、将来子供を欲しいと考えているのか、欲しいのであれば何人くらいを考えているのかなど、実はアラサーで婚活を行うにあたっては非常に重要な点でもあります。

もし相手と、子どもに対する意識が逆で、片方が子供が欲しいと考えていて、片方が子供は欲しくないと考えているのであれば致命的です。

どちらかが妥協せざるを得ませんが、妥協するにはあまりにも人生において大きすぎるポイントと言えます。

子どもがいるかいないかでは、将来的な人生設計はまるで違うものになってしまいます。子どもがいなければ生涯自由で自分たちだけで行動することが出来ますし、お金の使い方も自由度が広がるでしょう。

逆に子どもがいれば、教育費に追われ、どこに行くにしても子供を連れていく必要が出てきますので行動の制限もかかります。それでもある種の生き甲斐を感じることはできるでしょうし、老後も同居はしないにしても天涯孤独になる恐怖からは逃れることが出来ますし、安心感が持てると思われます。

この子供に対する意識だけは、夫婦で必ず合わせることが出来ないと、後々一緒に暮らしていくことは難しくなってしまうと思われます。

付き合う段階ではわからなくても問題ないでしょうが、結婚となると必ず確認しておきたい部分です。

子どもが欲しい人は子供が欲しい人と、欲しくない人は欲しくない人と結婚する必要があります。

どちらかといえば、子どもが欲しくないという人の方が少数派ではないかと思われますので、子どもが欲しくないと考えている人の方が婚活は選択肢が狭まり苦労するかもしれません。

もちろん相手に合わせて妥協できるのかどうかにもよりますが、妥協することによって将来的に不満がたまってしまうようであれば初めから結婚しない方がいいとも言えます。もちろんそこは本人たちの努力次第なので、子どもに対する意識は合わないが、好きな気持ちは強いのでお互いが歩み寄る形で頑張っていきたいと考えることができ、それぞれが努力できるのであれば十分チャレンジする価値はあるとも思われます。

ともかく、初期の段階でお互いが同じ認識を持っていた方が、将来的にはトラブルを抱えることがないと思われますので、結婚に至る前のどこかの段階で一度は意識合わせをしておきたいところです。

 

 

 

 

 

アラサー婚活での結婚に対する相手との意識格差

婚活に臨むにあたって、相手と結婚に対する意識の差がどれくらいあるのかを推しはかるのが重要になってきます。

もちろん直接聞いてもいいでしょうが、正直な気持ちを相手がいきなり打ち明けてくれるとは限りませんので、どうしても手探りになってしまいがちです。

すぐに結婚したいのか、それとも時間をかけて関係を作っていきたいのか、または結婚の意思はそれほど強くないのか。

結婚願望は人によって大きな差がありますので、会話の節々や態度などによって推し測っていくしかありません。なかなか難しいようでもありますが、一般的に結婚に消極的な人であれば、そういう話題になると腰が引けるような態度だったり発言などに表れることがありますのでその辺りを見逃さないようにしておきましょう。

仮に、相手に結婚に対する強い願望があったとしても、それが自分の持つイメージとどこまで近いかをすりあわせることも必要になってきます。

結婚式はしっかり挙げようと考えているのか、婚約指輪や結納などはどうするのか、結婚後のお互いの仕事はどうするのか、子どもはどうなのか、などなど、考えていくべき点は多数ありますが、その辺りは少しずつ埋めていくしかありません。

まずは全体としての結婚に対する意識合わせだけでも、確認が出来ればそれ以降の話の進み方がまったく違うと思われますので、出来るだけ早い段階でその確認ができるように、遠回しにでも聞き出せるように持っていく方法を考えてみましょう。

例えば知り合いの結婚話をしてみたりするのが一番いいかもしれません。「今度友達の結婚式に出る」という話でもいいでしょう。そういう話に対して乗ってくるのか敬遠されてしまうのか、直接的になりすぎないように、出来る限りさりげなく世間話のようにしながらしっかり相手の様子を見極めたいところです。