近所のお見合いおばさん/世話好きおばさんとアラサー婚活

昔はどこにでも存在していた近所の世話好きおばさんやお見合いおばさん。最近は近所づきあいが希薄化しているためか、かなり数が減少してしまっているようです。

適齢の独身男女をみつけては「こんないい人がいるんだけど」と話を持ってきてくれていたお見合いおばさんは、実は時にいい出会いを運んできてくれるキューピットだったのかもしれませんが、残念ながらそういう紹介からの出会いは、現在ではかなり少数派といえるのではないでしょうか。

ですが、あきらめるのは早いです。確かに近所のお見合いおばさんは絶命危惧種となってしまっているかもしれません。しかし、お見合いおばさんは近所にしかいないわけではありません。職場や習い事教室や、色々な場所にお見合いおばさんは生きています。

人生経験豊富で人脈も広いおばさんを見つけて、さりげない調子でこう切り出してみてはどうでしょうか。

「なかなかいい人が見つからなくて」

この一言が魔法の言葉となって、おばさんの胸に染み入ります。そして、おばさんの脳が高速回転した結果、普通のおばさんから「お見合いおばさん」に早変わりするのです。

「それならこういう人がいてね・・・」

そんな流れになったら、面倒と思わずに素直に紹介してもらうのもいいのではないでしょうか。出会いなどはどこに転がっているかわかりません。お見合いおばさんや世話好きおばさんをきっかけとしてでもいい人と出会えるのであれば、方法や手段はなんでもいいはずです。

そうして出会った人をフックとして、さらに新しい出会いへ繋げていくこともできるでしょう。そのあたりはすべて自分の努力次第で婚活に対する意識次第です。どれだけ本当に結婚したいと真剣に婚活を考えているかどうかで変わってきます。

かつて町内を席巻したお見合いおばさんは、絶滅したのではなく、姿を変えて別の場所に出没しています。しっかり見つけてその力を貸してもらい、婚活のツールとして大いに協力してもらいたいところです。

 

アラサー婚活男性における正社員であることの意味

婚活中のアラサー男性において、正社員であるという事実はかなり大きな優位性をもたらす材料となります。

やはり男性にとっての仕事とは、欠かすべからざるポイントでもあり、婚活相手の女性に対して自分の能力をきわめて客観的に伝えてくれる最高のツールでもあります。

だからこそ正社員で、しかも収入も人並み以上の仕事をしている男性は自分に自信がある人が多く、ゆえに既婚率も自然に高くなります。

逆のケースで、正社員ではなく契約社員だったり派遣社員だったり、またはアルバイトだったりする場合。男性の結婚に対する意識は一気に下がります。

昔と比べれば、終身雇用も崩れ、働き方も様々な選択ができるようになっているとはいえ、女性の両親に正社員ではない立場で堂々と挨拶にいけるのかどうかという問題が影響しているのかもしれません。

大事な娘を本当に幸せにしてくれるのか、というのが女性側の両親の最大の注目ポイントです。正社員にもなることができないような男性に娘を預けるわけにはいかない、と判断されてもおかしくなく、むしろ場合によっては「正社員でもないのに結婚の挨拶に来るような了見がそもそも間違っている」と思われる可能性すらあります。

もちろん正社員であってもろくでもない人間もいるでしょうし、正社員でなくても立派な男性もいるでしょう。ただこの場合に大事なのは、その人固有の人間性などではなく、あくまで極めてわかりやすい客観的事実のみです。正社員なのか、そうでないのか。その大前提が成立しないと、結婚の話など一歩も先に進まないということもあり得ます。

中には理解ある女性側の両親もいるでしょう。だからこそ、とりあえず正社員ではなくても、お願いにうかがうことはできるはずです。ただ、うまくいくにしろいかないにしろ、その時点で大きなマイナス要素を相手の両親に与えてしまうことだけは間違いないところです。

だからこそ男性自身、そういうリスクを十分に理解していて、正社員でない場合は結婚しようという意識がなかなか芽生えてこないのです。

ではどうすればいいのか。

自信をもって結婚を考えるためには、まずは就職です。どんな形でもいいのでまずは正社員になることが第一です。正社員になれば、自分自身の気持ちも変わってくるはずです。なんとなく社会的な安定感を得ることができ、さらにはいい人が見つかったならいつでも挨拶に行けるという安心感も手に入ります。

そうなると、女性に対する積極性も芽生えてきます。すべての流れがうまくいき始めるのを感じられることでしょう。

派遣社員や契約社員だった頃には考えられなかった強固な土台の存在を感じられるはずです。婚活を始めるにはまず、そうした足元を固めることも大事です。

自分の立場があいまいで揺らいでいては、婚活はうまくいきません。男性の場合はまず仕事から。土台作りから努力してみましょう。

 

 

恋愛経験がないアラサーは婚活しないと結婚できない

タイミングが悪かったりなかなか勇気を持てなかったりと、恋愛経験がないままアラサーに突入しているケースもままあります。

一般的に恋愛のタイミングとして、まず第一に可能性が上がるのは中学生から高校生時代。外見的な優位性がある人、つまり容姿に恵まれている人、その中でも特に女性は男性が寄ってくることによりこの年代に初の恋愛経験をすることが多いと思われます。

次に大学時代。大学は進学する人とすぐに就職する人で分かれますが、進学してサークル活動などを行うことで出会いの場が広がり、初の恋愛経験に至るケースも多いようです。ただ、進学してもサークル活動などを行わない場合は出会いがなくなかなか恋愛に結びつかないこともあるようです。サークルではなくても、アルバイトなどを始めると、そこでまた出会いがあることもあります。どのタイミングでもそうですが、とにかく人と出会う場所を広げないと出会いは訪れないのはごくごく当たり前の事実です。

高校卒業後にすぐに就職を選択した場合は、出会いの場が職場しかなくなることも多いようです。

活動的な人であれば、知り合いを介した合コンだったり友達伝手の紹介だったりと、職場以外でしっかりと出会いの機会を拾います。逆の人は職場でしか異性と絡むこともなく、自然可能性は減ります。もちろん、社内恋愛で成就することも少なくありませんので、就職した場合でも積極性はカギを握ります。

本格的に社会人になると、職場以外での出会いは、自分から求めていかないとまず発生機会がなくなります。職場と自宅の往復のみで休日は家に引きこもっている、というケースは結婚できない人にありがちな生活パターンです。

そして気が付いたときにはアラサーになっています。そしてアラサーになってはじめて、婚活を意識します。

アラサーになって今までに恋愛経験がまったくない人は、結婚に向けた活動を何もしていないことがほとんどです。この場合、何もしていないというよりも「何をしたらいいかわからない」という方が適切なのかもしれません。いずれにしても、何もしていなければ出会いが発生するわけもなく、仮に偶発的な出会いがあってもアクションを起こさないのでそれ以上に進みようがないのです。それでは結婚できるはずがありません。

恋愛経験がなく異性に対してどう接したらいいのか、何をしたらいいのかわからないという場合、まずはとにかく会話をすることから始めましょう。

会話をして、普通に話ができるようになってきたなら、勇気を振り絞って二人でどこかに出かけないか持ちかけてみましょう。真剣な顔で非常に重要なことを語るように言う必要はまったくありません。軽いノリで友達と出かける感覚で、「今度こんな映画があるんだけど、一緒に行かない?」という感じでいいのです。この際、事前に相手が好きなものをリサーチしておき、それに関連したイベントに誘うとよりベターです。

恋愛経験がないことがもしコンプレックスになっているのであれば、誰でも最初は恋愛経験なしなのだと考えましょう。誰しも一つ一つイベントを乗り切って生まれて初めての恋愛成就にこぎつけるのです。

そしてその延長線上にこそ、アラサー婚活の最大の目標である結婚があります。

そして結婚は、目標ではありますが、ゴールではありません。そこがさらに二人のスタートラインとなりますので、婚活において結婚に到達した段階で疲れ果ててその後の生活がうまくいかないということがないように、一歩一歩前に進んでいきましょう。

 

アラサー婚活しないと結婚できない可能性は高くなる

普通に考えればごくごく当たり前のことに思えるかもしれませんが、各種調査でも結果が出ている内容の一つで、「結婚に向けた行動を起こさないと結婚できる確率は下がる」というものがあるようです。

特に女性に多いのが、「待ち」に徹してしまい、もしかしたらつかめていたかもしれない相手を逃してしまうというケースです。

例えば、Aさんという男性がいたとします。そのAさんは、B子さんとC子さんの二人のことが気になっています。B子さんに対しては本当に「気になっている」という程度で恋愛感情はありません。C子さんのことは、できれば付き合いたいな、とより強い気持ちで恋愛感情を持ちつつあります。

B子さんもC子さんも、Aさんのことが実は気になっています。

C子さんはAさんのことが気になってはいますが、自分のことを好きになってくれたりしないかな、と待ちの姿勢で自分から告白したりする気はありません。

B子さんは、逆にとても積極的な性格のため、待つよりも自分からアピールしていくタイプです。Aさんに対して、よく話しかけ、機会をみて食事でもいきませんかと誘いをかけ、OKをもらいました。

Aさんは、B子さんよりもC子さんの方が気になってはいたものの、積極的にアピールしてきて一緒に食事にも行き楽しい時間を過ごすことが出来たC子さんにも心が動きつつあります。ですが、まだB子さんへの気持ちにも未練があります。

C子さんは逆に、AさんとB子さんの関係に気づき、自分の気持ちを完全に押し殺してしまいます。その閉ざされた気持ちがAさんに伝わり、AさんはC子さんを諦め、B子さんと付き合うことになりました。

このケースでは、C子さんは、ほんの少しの勇気があれば、Aさんと付き合うことが出来ていたのです。そんなチャンスを自ら放棄し、勝ち負けでいうならB子さんに勝てていたはずのところを、試合放棄して負けてしまったのです。

そしてこんなケースは世の中にいくらでもあります。

幸せな結婚に至る道とは、結婚するためにしっかり行動を起こすことです。動かなければ、せっかく用意されていた道は閉ざされてしまいます。そして逃した魚は大きく、もしかしたら最高の相手、最良のパートナーとなり得ていた相手をみすみす誰かにとられてしまっているのかもしれないのです。

既に心当たりがある、と感じた人もいることでしょう。しかし今気づければまだ遅くはありません。

今後出会う様々な人たちに対して、自ら動くように意識付けをします。結婚できなくても付き合えなくてもいいのです。まずは話をしてみる。そしてお互い可能性を感じられると思えたなら一歩先に進める努力をしてみる。食事でも映画でもなんでもいいのです。二人でゆっくり話ができる機会を作れれば、より深く相手を知ることが出来、逆に相手も自分のことに興味を持ってくれるでしょう。

そう考えると、アラサー婚活の第一歩は、勇気を持つことかもしれません。まずは勇気をもって第一歩を踏み出せるかどうか。婚活の成否をわけるのはそこに尽きると考えて努力してみましょう。

 

アラサー婚活を行うにあたっての将来不安

アラサーになって婚活を始める理由には様々な内容が考えられますが、もっとも大きいのはやはり、将来に対する不安ではないかと思われます。

生涯結婚することなく一人だった場合の老後の問題や、さらにはその先に待つかもしれない孤独死を想像した時に、やはりどこかの段階で結婚して一人の生活をリセットし、生活を共にするパートナーを得たいという人が増えているのかもしれません。

たとえ結婚していなくても仕事さえしていれば人間生きてはいけますし、無駄遣いさえしなければ子どもがいない分大きな支出が発生することもなく順調に貯蓄を増やしていくこともできるはずです。

貯蓄があれば老後の生活もなんとかなるはずですが、やはり一人だけで生活していくことに対する不安や、もし自分一人で生活できない状況になった場合や、動けなくなった時に緊急で対応してくれる人が身近にいないという不安は何ものにも代えがたいものがあります。いくら貯蓄をしても医療保険や介護保険、個人年金保険などで万が一に備えても、誰かがそばにいてくれるという安心感には勝てません。

仮に結婚していたとしても、夫婦のどちらかが将来的に先立てばもう一人は残されてしまうことになるため、たとえば子供を作って万が一の際には子供にすべてを託すように考えたり、または老後一人になった時に始める再度の婚活なども増えています。

婚活がブームになる中、老後の婚活も増えています。何歳になっても婚活はできる世の中に変わりつつあります。昔は考えられなかった年齢での婚活も、今後はもっと増えてくると思われます。

その根底にある将来への不安を払しょくするために、出来る限り婚活はアラサーと言われる頃にゴールに到達できるように展開していきたいところです。

そのためにはまず準備をして、そしてツールを使って出会いの機会を増やしていくことです。まずは自分から「動く」という積極的で能動的な気持ちから始めていきましょう。

 

容姿をまったく気にしない人のアラサー婚活

世の中には「面食い」と呼ばれる人々と、それとは逆にまったく容姿を気にしない人がいます。

自分がどちらなのかは自分でよくわかっていると思います。そしてそれを公言する人もいます。特に若い時には容姿は非常に重要な役割を果たします。

男性は特に、女性の容姿を気にする人が多いですが、逆に女性は男性の容姿についてはそれほど気にしない人も少なくありません。女性は、「容姿はある程度のレベルであればあとは中身をみる」という人が多いという意味では、男性の方が女性よりも中身で勝負できるチャンスは多いと言えます。

逆に男性は女性の容姿を気にする人が多いため、女性としては外見にはより注意を払う必要があります。

そんな中で、自分自身が相手の容姿をまったくもって気にしない、という人の婚活は、成就すると末永い関係が継続できる率が高くなります。

その理由としては、やはり外見ばかりをみて性格や相性を確認しきれないうちに結婚に踏み切るというケースが少ないためと思われます。

加えて、相手の容姿をそれほど気にしない人の強みとしては、ストライクゾーンがかなり広く設定されているという点も挙げられます。好きな容姿にこだわりがあると、許容できるゾーンが急に狭くなり、出会いがあっても対象外と早々に判断を下してしまい、なかなか前に進みません。

出会いの数がとにかく多い人や、出会いの数を自分で稼げる人はそれでもいいでしょう。出会えば出会うほど確率は高まりますし、ストライクゾーンが狭くても数をこなせば必ずホームランボールも来るものです。

しかし、元々出会いに対して積極的でなく、数をこなすことができない人は、限られた出会いの中である程度相手を選んでいかなければ、一生相性の合う人には出会えない可能性があります。

容姿を気にしない人のアラサー婚活は、そういう意味で非常に有利ではあるのですが、だからといって相手の外見にこだわるのはやめましょうということではなく、バランスを考えながら婚活に臨めば成功率が上がることが考えられるということです。

相手に何を求め何を重視するかは人それぞれですが、こだわりすぎても可能性が下がり、こだわりがないとそれはそれで誰でもいいということになってしまうので問題があります。何事も全体のバランスを考えていきたいところです。

 

アラサー婚活の末に専業主婦になること

女性の場合、婚活の末に結婚にたどり着いた後、仕事を続けるか仕事を辞めて専業主婦になるかは究極の選択です。

もちろん妊娠すれば仕事を辞めざるを得ないこともあるでしょうが、妊娠するまでの間は働けるだけ働いてお金を貯めるべきなのか、それともきっぱり仕事を辞めて主婦業に専念するのか、本人の希望とパートナーの希望とがあると思われますので、しっかり話し合って結論を出す必要があります。

結婚前に結婚後の女性の仕事については多少なりとも話すことはあると思いますが、結婚した後こんなはずじゃなかったということにならないように注意しておきたいところです。

専業主婦を選択した場合のメリットとしては、常に家のことを女性が担当することができるため、食事や洗濯掃除買い物などの大半を任せておくことができ、男性の負担はかなり軽減されます。もちろん100%任せきりではなく、ある程度は手伝う気持ちを男性側が持っていれば円満な生活が継続できるものと思われます。

逆にデメリットとしては、女性が働いていた場合に稼げるはずの収入がないという点につきます。労働力がそのまま家に縛り付けられることにより浪費される形となってしまうため、生涯年収で考えればかなりの金額が消えてなくなることになります。

男性の収入がかなり大きければ問題もありませんが、ギリギリの状態で生活している場合、女性の労働力が活用されないのはもったいないとも言えます。もちろんその分、家事全般の担い手がいなくなるために、双方が協力の元それらを行っていく必要があるため、男性側の負担は増します。仕事から帰っても夕食が準備してあるとは限らず、逆に自分が用意しておく必要すら出てくる可能性もあります。

このあたり、どちらがいいかという考え方はそれぞれ大きく異なりますので、まさしく「家庭による」と言えます。だからこそ、自分の理想は仕事を続けることなのか、それとも専業主婦なのか、明確にしてその意見を相手にぶつけて相談しておく必要があります。

子育て期間中はどちらにしても女性側は労働ができない可能性が高いため、子どもができるまでの間と子供がある程度手を離れてからの期間、どういう生活を送っていきたいかは人生設計に大きくかかわってきます。

貴重な収入源か、家の担い手か、しっかり考えましょう。

 

アラサー婚活で相手の親戚との関係性を考える

アラサー婚活において考えなければならない点の一つとして、相手の親戚との関係性があります。

相手側の両親とは当然のことながら親密に接していく必要が出てくるのが結婚ですが、同時に相手側の親戚との付き合いも発生します。

特に相手が大家族であった場合親戚の数もかなりの多さになるはずなので、付き合い方もかなり大変になってきます。

ただ、たとえば結婚式をあげようと考えているのであればそれらの親戚一同は式に招待する必要があり、同時に持ってきてもらえる祝儀の面では親戚は非常に頼りになります。

もちろんそのお返しはしていかなければなりませんが、そういう意味でも懇意にしておく必要があります。人付き合いがあまり得意でない人にとっては相手側の親戚との使いはなかなか大きな精神的負担になることも考えられますが、そこはやはり結婚には必ずついてくる問題でもあるので、通らなければならない道としてうまく対応していきたいところです。

年賀状や暑中見舞いなどを送るのか送らないのか、お歳暮はどうか、定期的に連絡を取り合う必要があるのかどうかなど、色々な家族の中での取り決めやルールなどもあるでしょうから、その辺りは結婚相手に確認をした上で無難にこなしていきましょう。

相手の親戚がいい人ばかりであればこんなラッキーなことはありません。ただ中にはクセのある人がいてもおかしくありませんので、そうした人にもうまく対処できるようにしておきたいところです。普段から他人と触れ合うような仕事をしている人はうまくやり過ごせるでしょうが、逆に人と接することが少ない職種の人で、そもそも人との会話があまり得意でないというケースなどはその苦労は想像を絶します。それでもそんなに頻繁に顔を合わせる相手ではないと割り切って付き合っていきましょう。

また、結婚相手となるパートナーにも、こちらのそうした対応も観られています。そんなところで相手に失望されて婚活に失敗しないように、正しい対応をしていくように心がけたいところです。

 

自信がない人のためのアラサー婚活

アラサーとなってそろそろ本格的に相手がいないことに焦りを感じ始めて婚活に励むという人もいるかもしれません。

逆に、今まで散々遊んできたけれど、そろそろ落ち着こうと思いはじめて婚活を、と考えている人もいるでしょう。

婚活を始めるにはいろいろなきっかけがあると思われます。

そんな中で、自分にとにかく自信がなく、そのために恋愛もなかなかうまくいかないままに気が付けばアラサーになってしまっていた、という人について考えます。

自分に自信がない人の大きな共通する特徴は、とにかくネガティブであるということです。

恋愛や婚活において、ネガティブはあまりにも大きなマイナス要素です。マイナス思考は周りにも悪影響を与え、雰囲気を悪くします。重たい雰囲気を身にまとう人が人から好かれるはずがなく、同性からも異性からも敬遠されてしまいます。

だから余計に自分に対する自信がなくなっていき、負のスパイラルに見事にはまってしまって抜け出せなくなります。そうなってしまうともう、一生いい出会いに巡り合うこともできませんし、結婚などは遠い夢の話になってしまいます。

ゆえにまず、自分に自信がない人がやるべきことは、自分自身を好きになって自信を持つこと、プラス思考になることです。何事もポジティブにとらえて生きていくように心がけることです。

気持ちの問題でしかありませんが、この点が変わるだけで人は変わります。外から見た雰囲気が明らかに変わります。

特に人より秀でているわけでもなく能力があるわけでもなく何ができるわけでもないのに、多くの人から好かれ、人を何故かひきつける人に出会ったことはないでしょうか。

そうした魅力を備えた人は総じて、ポジティブでありプラス思考です。溜息は周りを巻き込みます。愚痴は周囲の空気を悪くします。ですが、元気な声や明るい笑顔は周りに元気を与え、楽しい気持ちを与えてくれます。どちらが人に好かれるかはいうまでもありません。

ここまで読んで、「自分にはそんなことはできない、無理な話だ」と考えた人はその時点で既にマイナス思考に陥っていることに気づくでしょう。

無理と思うと本当に無理になります。できると思えば多少無茶なことでもできてしまうのが人間です。ちょっとしたことであり、実は一歩踏み出せばできることをできないと考えてしまっているのです。

たったそれだけが違うだけで、今までできなかった恋人ができる可能性は格段に広がります。もちろん誰しも気分が乗らないときはあります。そういうときでもできる限りそのことを外に出さず人に話さないようにし、周りに自分の憂鬱な感情を投げかけないようにしましょう。そうした心構えができれば、周りの評価は劇的に変わるはずです。

既に今いる周囲の人たちの評価を変えるのが難しいなら、いっそのこと環境を変えてみてもいいかもしれません。新しい環境で一からスタートし、今度こそは失敗しないように人間関係を築いていきます。明るく接して魅力的な人を演じます。世界はきっと、そのとき変わります。

あの時一歩だけ頑張れたから今がある。そう思えるときがくることでしょう。

マイナス、マイナスに考えずにとにかくプラスにポジティブに。それを意識して変われたと思えたら、アラサー婚活の成功はきっと目の前です。

 

婚活中、最近流行りのマンション購入結婚詐欺に注意

世の中を反映して、その時代時代に色々な詐欺が登場しますが、昨今はなんと、婚活相手からマンション購入を勧められ購入させられるという詐欺まで登場しているようです。

よくよく考えれば、結婚もしていない相手から勧められたからといって購入に至るほどにマンションは安い買い物ではなく、普通に考えて騙されるわけがなさそうなのですが、実際に恋で盲目的になってしまうと不自然な点も不自然と感じずに将来のためと考えてマンション購入を決断してしまうというケースもあるようです。

その手口は一般的な結婚詐欺と変わらないのですが、購入させる物が今までのように数万円から数十万円という単位ではなく、数千万円というあまりにも規模の大きいものとなっています。

生涯の買い物であるマンションなどの不動産物件を購入させようという詐欺は、到底騙されるはずがないと思われるからこそ逆に騙される人もいるのかもしれません。

詐欺ということをにおわせずに購入させておき、購入後も財産が残るという意味では決して損をするわけではないために詐欺ということに気づきにくいという点も特徴の一つかもしれません。

本当ならもっと必要な物件を必要な時期に、もっと安価に購入できたかもしれません。それを言葉巧みに「二人の将来のため」と思わせる営業トークでターゲットを陥落させていくようです。

こうした詐欺に騙されないためには、まず物事には順番があり、結婚もしていないうちから将来のマンションのことを考えるというのはやはり順番が違います。

まずは交際を経て結婚し、住居などはそのあとでもいいはずです。マンションや戸建てなどの不動産物件は、二人でじっくり話し合い決めていく必要がある生涯の買い物です。軽々しく購入に至らないようにしましょう。

特にアラサーで結婚に対して焦りが出てきていると、ついついこうした甘い罠にかかりやすいのではないでしょうか。それなりの収入があり、マンション購入なども確かに検討しなければならない年齢、と感じるとなおさらでしょう。特にアラサー世代はそうした「住宅購入」に対する意識が強まってくる世代でもあります。そこを突かれると、思いのほかあっさりと結婚詐欺と気づかずにマンション購入に至るというケースが増えてきてもやはりおかしくないようにも思えます。

家を買うのは結婚して落ち着いてから、としっかり心に決めておいた方がいいでしょう。今のうちの方がお得だから、などという期間を区切って「今ならお得」という言葉に騙されないようにしましょう。今だけが一番お得、などということは決してありえません。今だけがお得、というキャンペーンなどはまたそのうち近いうちにスタートするものです。

生涯の買い物である住宅は、しっかりじっくり選んで、結婚後に二人でいろいろなケースを想定しながら選んでいきたいところです。