アラサー婚活で歳の差婚はありか

アラサーで婚活を始める場合、相手の年齢をどれくらいに定めるべきなのでしょうか。

最近は歳の差婚も流行ってはいますが、さすがにあまりにも年齢差があるとちょっと、と考える人は少なくないでしょう。

アラサー年代の男性であれば、基本的に相手には年下を望むケースが多いと思われます。なんといっても男性は若い女性を好む傾向が強いため、アラサーの年代から年上をみると30代後半から40代女性が相手になってしまうので、そうなるとよほど外見が若かったりしない限りは年下に目がいくことが間違いなく多くなると思われます。

逆にアラサー婚活中の女性であれば、相手に望む年齢は二つに分かれます。年上ももちろんありですが、年下でもいい、という人もいるでしょう。

どちらもいける年齢であり、場合によってはそれほど相手の年齢は気にしないかもしれません。包容力を求める女性は年上男性を望むでしょうが、年下にも包容力がある男性はいますし、将来的なことを考えれば年下の方が寿命のバランスはいいともいえます。ただ、社会的な地位などある程度余裕が出てきているのは年上ですし、年下だと若い他の女性に目移りされてしまう可能性もあると考えるとやはり年上の方が、とも言えます。どちらも良し悪しです。

自分がアラサーであれば、下は10歳差程度、上は10~20歳といったところかと思いますが、そう考えるとアラサーの歳の差婚はそれほど多くないのかもしれません。

そもそも結婚できるなら年齢なんて、と考えている人が実は最も多数派かもしれません。

あくまで年齢は参考程度であり、年齢よりも人柄で相手は選ぶものであり、そう考えればまず相手に年齢を聞くことはせずに、付き合っていって相性がいいと感じた時に初めて年齢を聞くようにしてみてもいいのかもしれません。

その時に相手が、自分が考えていた年齢と違ったとしてもそれが結婚への意識を変える理由にはならないのではないでしょうか。

 

 

脈ありなのか脈なしなのか考えるアラサー婚活

婚活において、途中途中でその感触を確かめるのは大切なことです。

今、この二人の関係は順調に進んでいるのか、それとも何か大きな障害が二人の間には立ちはだかっているのか。

こちらのことを意識してくれているのか、それとも異性の友達程度にしか考えられていないのか。これ以上の関係に発展させることが出来るのか、それともこのままの友人関係で終わってしまうのか。

進んでいいのか引くべきなのか。

考えれば考えるほど、何が正しいのかわからなくなり、一歩も前に進めなくなってしまうことがないでしょうか。

「相手の気持ちがわからない」。

よく聞く言葉です。そして同じ内容で悩んでいる人は、アラサー婚活者の中にもかなりの人数いるものと思われます。

ただ、そんなことで悩むのは大きな間違いです。そもそも相手の気持ちなどわかるわけがないからです。相手の気持ちは、想像するしかないのです。わかることなど絶対にありません。

ということで相手の気持ちのことについて悩むくらいなら、聞いた方が早いのです。どう考えているのか。直接ズバリと聞いてしまえばすべてが解決します。うじうじと何日もそんなことで悩むくらいなら、きいてしまえば一瞬で解決です。

聞きたくないなら、気にしないでおきましょう。

たとえばよくあるのが、メールを送ったのになかなか返ってこない。こちらはすぐ返すのに相手はメールを返してくれるまで非常に時間がかかったり、場合によっては翌日になったりすることもある。これはやはり自分に興味がないからではないか、という内容です。

この場合の可能性としては、当事者が想像している通りあまり興味を持たれていない可能性が一つ。もう一つは単純に相手があまりメールが好きではなく、マメではない性格のため、という可能性。さらに想像を膨らませるなら、相手はすぐに返事を出したいと考えているものの、何らかの事情で忙しくなかなか返すことができないという可能性もあるでしょう。

考えていけば、色々な可能性があることに気づきます。そして最終的に行きつく先は、考えても仕方がないという結論です。

想像をすることはできます。そしてその想像の中から可能性の高い答えを推察して動くのは非常に大事なことです。ただ、考えすぎるのは無意味なことです。結局自分の行動を縛ってしまうだけで、百害あって一利なしです。

婚活がうまくいかない人の中には、こうした性格の人も少なくないようです。考えすぎてしまう、ということです。

考えるくらいなら動く、ということの方が大切です。考えてしまうのであればすべて聞いてみる。それくらいの積極さはあってもいいのではないでしょうか。

もちろん、あまりにガツガツ行き過ぎても失敗します。相手を見ながらも考えすぎず、自分のペースを守りながら相手のペースも尊重する。

なかなか難しいようですが、焦ると陥りやすい落とし穴ですので、焦らずある程度広い心を持ちながら相手の動きをみていくことが必要です。

脈があるのか、それとも脈なしなのか、考えるだけ考えて、その上で考えきったならすべてを忘れて真正面からぶつかってみてはいかがでしょうか。

案外どこにもないと思われた答えがあっさりみつかることもあるかもしれません。

 

アラサーでナンパ婚活/ナンパにチャレンジ

世の中で最も手っ取り早い出会いの方法は、やはりナンパではないでしょうか。

街中を歩く気に入った異性を見つけて、そのまま声をかける。こんな簡単な方法はありません。何も考える必要はなく、とにかく声をかけてみるのみ。こちらに少しでも興味を持ってくれれば話を聞いてくれるでしょうし、まったく興味がなければけんもほろろに拒否されるのみです。

まさに当たって砕けろの精神ですが、数打ちゃ当たる精神でもあります。

100%あり得ない、ということは世の中逆にあり得ません。到底無理だろうと思われることでも、数をこなせばあたることがあります。

これはナンパも同じことで、数をこなせば必ず話を聞いてくれる人もいます。そしてそういう人の中に、予想外に相性のいい異性もいたりするものです。

よくある話ですが、ナンパが得意でずっとナンパを繰り返している人は、当然出会いの確率はその分大きくなりますし、より多くの異性と関係を持てる可能性も大きくなります。

これはそのナンパを実行する人が魅力的だから、ではありません。もちろんその人の魅力が高ければ確率はさらに上がるでしょう。ですが、この際そうした魅力は度外視しても、数をこなせば必ず当たることもあるということです。

アラサーでこれまで出会いがなかった、と考えている人は、よくよく振り返ってみましょう。本当に出会いがなかったのでしょうか。出会いを作ろうとしてきたのでしょうか。出会いがなかったと自信を持って言えるほど、積極的に動いてきたのでしょうか。

本当に積極的に行動してきた人であれば、出会いがないなどという言葉はまず出てこないでしょう。出会いがないのであれば出会いを作り出すのが本当に積極的な人であり、いい出会いを掴むことができる人です。

出会いがなかった人は、出会いを作ろうという努力をしてきていないか、その努力が足りなかったのです。

では出会いを作るためにはどうしたらいいか。多くの人と関係を持ち、とにかく話しかけるしかありません。それはすなわち、ナンパと同じことです。

ナンパが出来れば出会いが作れます。ナンパというほど大げさな行動がとれなかったとしても、さりげないナンパでもいいのです。

居酒屋やバーやレストランなどで一人でいる異性がいたら、さりげなく話しかけてみるとか、人気のお店で行列待ちをしているときに隣の人に話しかけてみるとか、なんでもいいのです。人間生きていれば必ず毎日どこかで人間とすれ違うはずです。今までは関係ない人とは目も合わせなかったかもしれませんが、今日からは出会う人出会う人に声をかけてみてはいかがでしょうか。

それだけで出会いの幅は大きく広がり、気が付けば婚活も成功しているはずです。

このハードルは女性にはより高いものとなるでしょうが、男性でも女性でも出会いを作り出す努力が婚活には何より必要ということは変わりありません。

今までの自分から一歩踏み出して、勇気を出して「ナンパ」から始まる婚活成功への道を模索していきましょう。

 

 

女好きアラサー男子の婚活

世の中、男嫌いの女性はいても、女嫌いの男はかなりの少数派なのではないかと思われます。

そもそも人間の本能として、男は女を求めるようにできていて、しかも女が男を求める欲求よりも一般的に強い欲求を持っていると思われます。子孫を残すという動物的な目的があるためにそうした本能から人間は逃れられないわけですが、だからこそ男は基本的には「女好き」であるはずであり、「女好き」だからと言って異常ではまったくありません。

そういうものなのだと理解している女性は、男のそうした性癖を前にしてもある程度鷹揚でいられると思いますが、慣れていない女性は「どうして男はそうあるのだ」という思いに駆られてしまうことでしょう。

とはいえ女好きが全面に出ている男性は、女性から場合によっては反感を買ったりイメージがよくなかったりすることもあるので、一般的にはそうした女好きの側面を男性もある程度は隠しています。

その上で、好きな人にだけ興味があるようなそぶりをしたりするわけです。つまり一途な男というのは、一途なふりをしている男と言い換えてもいいかもしれません。

仮に色々な女性に興味を持ってしまったとしても、特定のパートナーがいる状態で他の女性と一線を超えるかどうかはその男性の人間性や道徳観によって変わってくるので、そこを自制できる男かどうかを見抜いていく必要が女性にはあります。

もちろん男性と女性の逆のパターンもあり、女性の浮気や不倫も珍しくなくなった現在、男性側も女性を見る目を養っていく必要があります。

ともかくアラサー婚活中の女好き男性としては、とにかく浮気性の男と思われないように注意する必要があります。恋人としてはいいけれど結婚する相手ではない、と思われてしまえば、遊び相手にはなってもいつまで経っても結婚して落ち着くことができません。

女好きだけどなかなかモテないために、素人ではない女性を求めに走るのも同じことです。ばれなければいい、というのは確かにそうですが、前に進むためのパワーをそちらで消化してしまえば、「まぁいいか」といつまで経っても婚活に本腰が入らない可能性があります。

男性の方が女性よりも結婚の時期には余裕があるため、安穏と構えてしまいがちですが、結婚しているというだけで、やはり社会的信用も多少は生まれるでしょうし、家族のためという意識も芽生えれば仕事に対する意識も今まで以上に向上することも考えられます。

ある程度の年齢でとりあえず、落ち着いて家庭を持つという意識を持ってみてはどうでしょうか。

 

 

男好きアラサー女子の婚活

「男好き」と言われると、遊んでいる印象に聞こえてしまいあまり印象がよくないこともあるのか、自分で「男好き」を公言する女性はあまり多くはないと思われます。

それでも全体の何パーセントかには間違いなく「男好き」である女性も存在します。「男嫌い」ではないのだから、男好きアラサー女子は比較的結婚への道筋は遠くないはずなのですが、人によってはなかなかゴールインできずにいるようです。

その原因としては、男が好きすぎて、一人の人で満足できないという原因が隠れているのかもしれません。

とにかく次から次に新しい人に目移りし、せっかくいい恋人がいても、その関係を育て成就するところまで続けることができないというわけです。仮にうまくいっていたとしても、途中で寄り道してしまったところで相手に気づかれ、元々の関係が破たんするというパターンを繰り返す人もいます。

そうなってくるともはや性癖と呼ぶしかなくなりますが、自覚してそれを改善させることが出来るかどうかになってきます。

若い時はまだしも、アラサーくらいの世代になってもなお、恋多き女性であればそれはなかなか落ち着くところに落着けないのは仕方がないところでもあります。

逆に男嫌いだとそもそも結婚に向いていないとしか言いようがありませんが、何故男が嫌いなのか、信用できないのかなど原因を究明してみることが先決です。原因がわかればその原因となる要素を持たない男を探すという方法があります。「男」が嫌いといっても、男のすべてが同じではありません。男も多種多様で、色々な趣味や性格を持っており、好きになる女性のタイプも様々です。男嫌いの女性が嫌う要素を全く持ち合わせていない男だって、存在するはずです。

男好き女性であればアクティブに動くため、自然に出会いも発生し、いい人が見つかる可能性は高く、婚活を強いてはじめなくても自然に相手が見つかるのではないかと思われます。

逆に男嫌い女性の場合は、積極的に自ら動かないと、なかなか出会いは発生せずに結局一人のまま年齢を重ねていく結果となる可能性が高いです。

まずは自分がどちらのタイプにより近いのかを把握した上で、それぞれ対策を立てて結婚に向けて動いていきたいところです。

 

アラサー婚活における料理ができるかできないか

結婚における注目項目の一つに、料理ができるかどうか、という点があります。

特にこのスキルは昔から女性に求められ、女性の社会進出が進んできている今でもやはり、重要視される項目であることは変わりありません。

当然のことながら、料理はできないよりもできた方がいいというのは間違いなく、女性だけでなく男性も、料理ができるとそれだけで婚活においても有利なポイントとして働きます。

昨今は昔のように男だからキッチンには立たないという考え方は通用しないことも多くなりました。

逆に男でも料理ができることが当然と考える女性も増えましたし、男性に料理を作ってもらうと嬉しいと感じる女性の増加により、男性の料理は女性に対する大きなアピールポイントにもなっています。

ただ、最終的に子供を産み育てていくのであれば、女性が一時的にでも家庭に入る確率は高いと思われますので、女性が料理ができる方が何かと便利なのは間違いなく、それゆえ男性も女性には料理ができることを望む傾向があります。

男性としては、仕事で疲れて帰ってきたところで美味しい料理が出てくればそれだけで明日への活力になるでしょうし、妻の存在のありがたみを感じられると思います。そこで料理がうまくなかったりそもそも料理を作れない妻で毎夜外食という展開では、男性も疲れが取れないのではないでしょうか。

そもそも料理というものは、基本的なレベルであればやろうと思えば誰でもできるものであり、結局はやる気があるかどうかの問題になってきます。基本がわかればある程度のアレンジは自分でできますので、レシピをみてもその通りにばかり作る必要はなく、よりおいしくなるように自分のセンスで味付けを変えてもいいわけです。

だからこそ婚活に臨む際には、やはり料理はある程度抑えておきたいところです。料理ができる人は何も準備する必要はありません。できない人は料理を練習したりして、婚活前にある程度の料理スキルはあるのだとアピールできるようにしておきましょう。

それだけで、婚活の成功率は変わってくるのではないかと思われます。

異性にも、料理ができるかできないかという点を重要視している人もいれば些細な問題であまり気にしないという人もいます。まずはお目当ての相手が料理に対してどういう考え方を持っているのかは、どこかのタイミングで確認するようにしておきたいところです。

 

アラサー婚活における嫁姑/夫舅の関係性

婚活を続けていけば、必ずぶつかる一つの壁が、相手の両親との付き合い方です。

結婚とは、相手との付き合いだけでなく相手の家との付き合いの開始を意味するので、相手方の両親と自分との関係、そして自分の両親とパートナーとの関係は非常に重要な要素となってきます。

もちろん同居するわけでないのであれば、そんなに四六時中顔を合わせるわけでもないので、そこまで大きなプレッシャーを感じる必要はないのですが、だからこそたまに顔を合わせるときくらいは表面上だけでもうまく相手に合わせて取り繕い、不要なトラブルをおこさないようにしたいところです。

結婚において時に大きな味方となり、逆の目が出るともっとも大きな障害にもなるお互いの両親との付き合い方は、ある程度早い段階から意識しておく必要があります。

付き合いはじめの段階でも場合によっては相手の両親と顔を合わせる機会に直面することもあるでしょう。そんな時にマイナスイメージを持たれてしまうと、後々そのマイナスポイントを取り戻すためには大きな苦労が伴います。だからこそある程度初期の段階からプラスイメージをつけておくと、そのあとの付き合い方が非常に楽になります。

逆に言えば、相手の両親との関係が悪いと、結婚相手との関係がどんなに良好でも将来的に破たんにつながっていく可能性が出てきます。

特に男性で言えば相手側の舅との関係、逆に女性側は姑との関係。両親は子供のことを一番に考えていますので、子どものパートナーとして相応しくない相手と判断されてしまえば、その瞬間から相手の両親はアラサー婚活の中で敵になってしまいます。

どんなに相手が好きでも、そんな針の筵のなかで婚活を続けていく気力がどこまで続くかは疑問です。そんなに苦労するのであればそもそも相性が悪かったのだと、他に気が向くようになるのは時間の問題です。だからこそ、相手の両親や兄弟との関係は大切に考え、決して軽視しないようにしましょう。

 

 

アラサー婚活における相手の顔やスタイルの重要性

恋愛相手を見つける際に重視してしまいがちなのは、やはり外面的な部分であり、顔やスタイルやファッションなどではないでしょうか。

若いころや男性は特に、相手の外見は気にしてしまいがちです。逆に年齢を重ねてくるにつれて外見的なこだわりはなくなっていき、女性も男性ほどは外見については気にしませんが、婚活においてはやはり第一印象として外見も重要にはなってきます。

まず最初の段階でNGを出されてしまっては進むものも進みませんので、とりあえず拒否反応を起こされることがないような、最低限の自分の容姿に対するこだわりは持っていた方がいいでしょう。

とはいえ生まれ持った容姿についてはそう簡単に変えることはできません。女性であれば化粧をしたり髪型を変えたりメイクを工夫したりすることによってある程度変身することはできるかもしれませんが、男性はそうはいきません。

男性の場合は、とりあえず容姿に気を配るというよりも、清潔感を出すようにし、決して不潔に思われないようにするという点の方が大切です。

実際不潔ではなかったとしても、「不潔そうに見える」というのは大きな減点になります。短髪で清潔感な、明るくさわやかな雰囲気を身にまとうだけでもまったく違った印象になります。容姿に自信がない人は特に、この点には注意したいところです。

容姿がそれほどすぐれなかったとしても、明るく清潔であれば、それなりにいい雰囲気を醸し出すことができ、異性を引き付けることもできるものです。

必ずしもイケメンや美人ばかりがモテるわけではありません。誰しも周りに一人くらいは、容姿は普通なのに常に異性からモテる人がいるのではないでしょうか。その人が最もいい例と言えます。そういった人は容姿でモテているのではありません。性格や雰囲気ややさしさや男性らしさ、女性らしさなど、人間トータルでの魅力によって異性を引き付けるのです。

そういう人をいいお手本として、婚活に臨む際には参考にしたいところです。モテたいと思ったらモテる人を真似るのが一番です。

性格やキャラクターもあるでしょうから、何もかもを真似してコピーするのは無理としても、参考にしていいところを自分なりに取り入れることくらいはできるでしょう。

自分なりのモテる法則が作り上げられれば婚活成功はもうすぐ目の前です。自信をもってお目当ての相手への告白にチャレンジしてみましょう。

 

 

アラサー婚活における相手が双子という特殊ケース

 

婚活を続けていくと、時に特殊なケースに遭遇することがあります。

アラサー、アラフォーにもなると人生経験もそれなりに長くなりますので、その間ごくまれに、婚活相手が双子、というケースに出会うこともあります。

事実、この双子の婚活相手に出会ったAさんの苦労話があります。

今回のケースはAさんが男性であり、婚活相手Bさんが女性でした。そして、そのBさんは一卵性の双子でした。

婚活初期の段階では、さすがにそこまで身の上話はしないものです。最初は表面上の話で、たとえば仕事の話、趣味の話など無難な話題を繰り返して少しずつ仲を深めていったAさんと婚活相手Bさん。思いのほか会話も弾み、Bさんの容姿も悪くなかったため、AさんはBさんのことをすっかり気に入ってしまいました。Bさんの方もAさんのことを悪くは思っておらず、婚活はうまく進んでいました。

そんな状態でその日も二人はデートを楽しんでいました。Aさんはそろそろ本格的に恋人同士としての付き合いを始めたいと考えていました。そのデート中、急にBさんに電話がかかってきました。今までは遠慮してデート中に電話に出ることはしなかったBさんですが、ずいぶん二人の関係も打ち解けてきていたことから、Aさんにこう切り出しました。

「双子の妹からなの。電話出てもいい?」

Aさんはそれまで、Bさんが双子という事実を聞いていなかったので多少驚きつつも、快く電話に出るように勧めました。

Bさんは楽しそうに双子の妹と電話をして、数10分後には電話を切り、Aさんに謝りながらデートに戻りました。

その後、デート中に同じようにBさんは妹と電話をするようになりました。そもそも、Bさんは双子の妹と電話をするのが日課となっており、色々な情報を二人で共有しあうくせがあったのです。

特にそれが悪いことではありませんが、Aさんはさすがにその度が過ぎるところが気になってはいました。ただ、やはり自分にはわからない双子の絆というものがあるのだろうと理解しようとしていました。

二人はその後付き合いはじめ、いよいよ同棲、結婚もという段階まできました。

そんな時にBさんがAさんに言ったことは、

「妹がまだ相手が見つかっていないから、私だけ家を出るわけにはいかない」

ということでした。Bさんは妹と同居しており、二人暮らしでした。結婚はしたいし同棲もしたいが、それなら妹も一緒に、とBさんは言うのです。さすがにBさんの妹との同居は考えていなかったAさんは困ってしまいました。事情はわかるが、やはり二人で暮らしたいと申し出たところ、Bさんはそれなら付き合い続けることはできない、と言い切ったのです。

Bさんは、Aさんとのつながりよりも双子の妹とのつながりをとりました。生まれてからずっと一緒に育ってきたかけがえのない双子の妹。一卵性なので同じDNAを持つ存在です。そんな双子の妹の存在に、Aさんは負けてしまったのです。

つまり、相手がもし万が一双子だという特殊なケースに当たった場合、とにかく相手の双子の兄弟姉妹とのつながりを甘く見ないということです。誰よりも強力に結びついている双子の一方を軽視することは、もう一方を軽視するのと同じことです。

これは一卵性双生児に限らず、二卵性の双生児でも一緒です。とにかく生まれた当初からずっと一緒に育ってきたという特殊な成長環境が、欠かすことのできない存在として双子のもう一方を認識しているのです。

「私実は、双子なの」

そんな告白を聞いたなら、相手の双子の兄弟に対する思いを尊重し、双子とはそういうものなのだと認識した上で付き合っていく必要があります。ここが理解できないと、双子の相手との付き合いはうまくいかない可能性が高いです。

そうした点は、兄弟姉妹がいる場合にはあまり見られない傾向で、やはり双子特有の結びつきの強さと考えていいのではないかと思われます。

逆を言えば、双子のもう一人をとても大切に考えてあげれば、目の前の相手はとても喜びますし、好意を持ってくれると思われます。普通に考えて自分の家族を大切にしてくれる人を嫌いになる人はそう多くはないと思われますので、まずはそういう基本中の基本を守りながら、相手との付き合いを深めていきたいところです。

 

アラサー婚活で話し合っておきたい子どもの教育に対する意識

アラサーともなれば、婚活を行うにあたって、結婚後の話も事前に行っておきたいところです。

結婚すればそのあとのイベントとして考える必要が出てくるのは子供についてです。

場合によっては結婚の前に子供が出来てしまうこともあるかもしれませんが、いずれにしても結婚と子供は切っても切れない関係にあります。子供ができるできないにかかわらず、必ず話題としては上がってくる問題でもあります。

まずは結婚をして、子どもをどうするのかという二択から始まります。そして子どもが生まれたなら、教育はどうするのか。

どういう風に育てたいのかという大きなイメージから、スポーツは何をさせたい、勉強はどういう風にさせて習い事は何をさせて学校は公立にするのか私立にするのかお受験をさせるのかどうかなど、色々なことを考えなければならなくなります。

それもまた子育ての醍醐味ではあるのでしょうが、夫婦の意見が合わないとけんかやトラブルのもとになります。最終的には夫婦生活が難しくなるほど、致命的な意見の対立になることもあります。

のびのび育てたい、と考える人と、徹底的に教育していきたい、と考える人の間に生まれた子供は、父親と母親の両極端な思考により、ダブルバインドに近い状態に置かれて成長期に悪い影響を受けてしまいます。

そうなると最も不幸なのはやはり子どもなので、大切な子供のためにも、親同士の教育に対する考え方や方向性は、出来る限り同じ方向を向いて子育てしていけるように、しっかり話しあうか、もしくは話し合いができる環境を作っていきたいところです。ひいてはそういう環境を作れると思った相手とのみ、子どもを作るようにするのが一番です。

はじめから、子どもが生まれたらこうしたい、という方向性が真逆の二人であるのなら、子どもを作る前に一度、その問題を解決するべく話しておくべきかもしれません。将来火種になるとわかりきっている意見の対立を抱えたまま生まれてくる子どもほど可愛そうな存在はありません。