結婚は人生の墓場なのか、アラサー婚活において考える

「結婚とは人生の墓場である」と、ボードレールというフランスの詩人が語ったと言われます。

事実はまったくそういう文脈で使われたわけではないのですが、日本では誤った意味で広く使われるようになっています。

「結婚は人生の墓場」という言葉をそのままの意味でとらえると、結婚することにより個人としての自由がなくなり、仮に新たな出会いがあったとしても「既婚」という制約に縛られて自由に動くことはできないというような意味合いになるのではないでしょうか。

おそらく日本において使われているケースではそのような意味で用いられていると思われます。

しかしもう少し深く考えると、結婚が「人生の墓場」になるということは、つまり自分に代わって生まれくる新しい生命としての「子」の誕生に繋がり、主役が自分から子へと移り変わるという意味でとらえてはどうでしょうか。

人間が広い意味での動物である限り、親から子へ、次から次へと受け継がれていくことがすなわち生きるということであるはずで、結婚の否定と子の否定は、代替わりを拒否しいつまでも自分が主役であり続けたいという現代人特有の病のようなものなのかもしれません。

個が重視されることにより、結果人としての大きな流れが失われ、親から子への伝達が断ち切られ、世代は移り変わらなくなってきています。

ひと昔前であれば大問題であったはずの「お家断絶」も、普通にあり得る世の中となり、子孫が残せない人たちがどんどん増えてきています。

増え続ける地球の人口に対する日本の人口の増加率の停滞は、すなわち近代国家における動物性の否定によるものなのかもしれません。ただ、ある程度のところで種の増加にブレーキがかかるということは、地球の将来として考えると望ましい流れなのかもしれません。

発展途上国のような人口増加率を全国家が維持すれば、地球は人間にとって狭すぎる星になってしまいます。

婚活は大きく考えていくと、地球全体の問題になってくるという、なんだかとても大きな話になってしまいます。それでも身近な問題としては、とにかく積極性をもって出会いを作り出すしかありません。

その能動的な行動力こそが人間の動物としての本能であるはずなのです。理性を保ちながらも本能を大切に、異性への飢えをもっとあからさまに体現してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

生涯未婚率が過去最高という中でのアラサー婚活

2014年現在、50歳まで一度も結婚したことがないという人の割合である生涯未婚率が、過去最高になっているそうです。

年々増加の一途をたどる「おひとりさま」は、晩婚化が進む現在の20代30代が50歳になる頃には、今以上に増えているのは間違いないと思われます。

生涯未婚率は、男性で20.1%、女性で10.6%と、男性の場合は実に5人に1人、女性の場合は10人に1人が生涯結婚しないということになります。

ただ、パートナーがいない割合が20代で7~8割にも上るという現状のままであれば、20年後、30年後の生涯未婚率は、実に50%近くまで上昇してもおかしくないような状況かもしれません。

どうして結婚しない人が増えたのか、それともできないのかという理由には一概に答えることはできないでしょうが、雇用や収入、子どもをとりまく環境、個々人の繋がりの希薄化、男性の草食化、女性の社会進出など、色々な側面が理由としては考えられます。

そうした人たちも必ずしも結婚したくないと強く考えているわけではなく、できることなら、機会があれば結婚したいと思ってはいるものの機会に恵まれないというケースが大多数と思われます。

「大人になったら自然といい人に巡り合って、普通に恋愛をして普通に結婚をして、普通に子供ができるものと考えていた」

そう語る人は実に多いものです。今は、そうやって何もせずにやがてめぐってくる出会いに期待しても何も起こりません。何も起こらないまま年齢ばかりが重ねられていき、気が付いたときには結婚適齢期を大幅に過ぎてしまい、もっと早くとりかかっていればどうにでもなったはずのものが、取り返せない状況になってしまいます。

少しでも早く、一切でも若いうちに。これが基本です。それでもアラサーならばまだまだ十分婚活は可能です。取り返せます。

今からすぐに、自分の未来を切り開くための婚活を開始していきましょう。

 

アラサー婚活における料理コンプレックス

婚活女子のコンプレックスは様々あると思いますが、その中の一つに、料理コンプレックスがあるようです。

料理ができない、のであれば練習すればいい話であり、しっかり練習する気があり、それなりに起用であればそれほど時間もかからずそれなりの成果は出ると思います。

そして、それなりにできれば、よほど味にうるさい男でなければ特に文句をいうこともなく、ありがたがってくれるのではないかと思われます。

しかし、そもそも料理をする気がない、する気がおきない、という女性は問題です。

相手が料理男子であれば自分でどんどん料理をしてくれるかもしれませんが、毎日毎日積極的に自分で料理を作ってくれる男性はそれほど多くないと思われます。仮にいたとしても、やはり一方的に自分ばかり、となると不満もたまってくる可能性もあります。

やはり料理は双方一緒にするか、専業主婦(主夫)にどちらかがなるのであれば、家にいる方が料理を作る役割を担う方が、夫婦としてはうまくいくのではないかと思われます。

ですので、料理に関してはできれば最低限、できるようになっておきたいところであり、料理をする気がない人であっても、なんとか頑張る意思を表明しておきたいところです。

仮に、「私は料理はできませんし、やる気もありません」と表明したとして、婚活市場において相手をしてくれる男性がどれだけいるかは甚だ疑問です。

よほど他のスペックが高くなければ、そういう女性は男性に見向きもされない可能性もあります。それほど、実は料理の婚活における重要性は高かったりします。

料理抜きで婚活市場を戦い抜くのは至難の業なので、出来る限り有利に戦いを進めようと思ったら、料理は武器にしておいた方が何かと役に立ちます。

気が乗らない人はまずは料理をしようという意欲から、自分の中に育てて意識改革をしていきましょう。

 

女性の希望年収は上がり、男性の実年収は減少のすれ違い

婚活市場における女性が男性に求める希望年収は、非常に高い水準を維持していますが、男性の年収はというと、ひと昔と比べると明らかに減少しており、世の多くの女性たちが希望するほどの年収を得ている男性はほんの一握りという状況になっています。

そのため男性は出会いがあってもゴールインすることができず、女性はごくわずかしかいない条件のいい男性を奪い合うものの、その戦いに勝利できるのはそれこそ少数であり、結果男性も女性もその多くが結婚まで至ることが出来ないという悪循環が発生しています。

そんな状況の中で結婚を成立させるためには、女性側はまずある程度の妥協の上で、その対象範囲を広げる必要があり、男性側は少ない年収をカバーできるだけの魅力を養っていく必要があります。

つまり、いかに両者の隔たりを埋めていくかが婚活成功のために重要であるということです。

世の中に異性は星の数ほどいる、といえば確かにそうなのですが、条件を細かく限定して自分の理想にあう異性、とすると一気にその数は激減し、しかもそこからさらに、結婚適齢期かつ独身という条件を付けくわえると、ほとんど条件に合う人はいなくなる可能性すらあります。

「誰かいい人いないの?」と知り合いに聞いてみても、「いい人は大体結婚してるんだよね」という返事ばかり、ということもあると思いますが、事実この返答は正しく事実を言い表しているものといえます。

条件のいい人は早い者勝ちであり、婚活に乗り遅れてしまったアラサーアラフォーでの婚活の場合はかなり苦しい戦いを強いられるのは間違いないですが、正しい婚活の方法を選択していけば、その中でもいい出会いに巡り合い、理想の結婚に行きつくことも十分できます。

焦らず、しかしできる限り急いで、婚活市場の中に積極的に名乗りを上げていい人を見つけ出しましょう。

 

アラサー婚活で人の悪口や愚痴を言わないという基本中の基本

アラサー婚活についてのみではなく、一般的な常識中の常識かもしれません。

他人の悪口や愚痴をいうことだけは注意しましょう。

まず、他人の噂話や愚痴を言って、得をすることはまずありません。そうした内容については沈黙が金です。誰かがそういう話をしていたとしても、軽々に乗ることはせずに、聞き流しておくという態度が必要です。一緒になって愚痴を言い合うと、どこからか話が流れた時に自分の評価も落ちますし、敵を作る結果にもなります。

そして、「あの人は一緒に人の愚痴を言うような人だ」、というレッテルが張られてしまいます。こういうイメージは、一度ついたらなかなか払しょくできるものではありません。

婚活においてそのようなマイナスの行動をとれば、その瞬間にアウトです。相手の候補者リストから外されてしまうでしょう。

人のことを人がいないところで色々と言う人は、自分のことも必ず裏で何かしら話すに違いないと思われ、信頼されません。

社会生活の中での基本の基本ですが、これがなかなか守れない人も多く、特に男性よりもこの傾向は女性に多いので、要注意です。

人の話をするのであれば、その人のいいところを話すようにしましょう。悪いところは話してはいけません。

とにかくマイナス思考に陥らないことが大切なので、プラスにプラスに考え、人の悪いところではなくいいところを見るようにし、社会人として責任ある態度を取れれば、婚活市場においてもその人柄はしっかり相手に伝わりますので、成功への近道となるはずです。

悪口を言わない。愚痴を言わない。人の悪口に乗らない。人の陰口をたたいて同意を求めてくるような人は、逆に他の人たちからも色々と言われているはずです。そんな関係に自分がまきこまれないようにしなければなりません。

大きな心で、度量ある態度をとれるように普段から気を付けたいところです。

 

男性が可愛いと感じる「笑顔が絶えない女性」

言わずと知れたモテる女性の最大の武器、それは「笑顔」です。

女性に限らず男性でも笑顔は大切ですが、男性の場合よりもやはり女性の場合、必須の武器と言えます。

とにかく笑顔がない女性は、男性になかなか好かれません。可愛げがない女性を男性は敬遠しますし、笑顔のない女性を可愛いとはなかなか思えないものです。

婚活においてのみならず一般の生活においても、この笑顔が出せるかどうかで周囲の評価は驚くほど変わります。

ついつい真顔になってしまいがちの人は、口の端を上げる練習を常にしておきましょう。笑顔一つで人生が本当に変わります。

逆に言えば、笑顔を作るだけで婚活がうまくいき人生も望むように回転していくのであれば、笑顔を毎日作ることくらい簡単なことではないでしょうか。

そんな簡単な笑顔が作れないために、自分の人生を悪い方へ悪い方へ自ら誘導している女性が実は非常に多いのです。

早くに結婚して幸せな家庭を築いている女性を想像してみて、どういうタイプの女性が早めに売れていっているのかを考えればなんとなくわかるのではないでしょうか。

もちろん例外もあるにせよ、確率を上げていくにこしたことはないはずです。真顔よりも笑顔の女性の方が間違いなくモテます。

どちらかというと自分はマイナス思考だ、と感じている人は、常に眉間にしわが寄っていたりしないでしょうか。ついつい悪い方に考えてしまい、テンションがすぐに低くなってしまうのは性格もあるのでなかなか改善するのは難しいかもしれません。

しかし、笑顔は無理してでも作ることはできるはずです。

意識しなければ、変わりません。何年の何年も、真顔で生きてきた人が、急に明日から笑顔で生きていくなど、無理かもしれません。しかし、その無理を承知で努力することが婚活の第一歩なのです。

きっとできる、そして人生も変わる。そう信じてまずは愛される笑顔の作り方から、しっかり覚えていきましょう。

 

男性が魅力を感じる「喜びを表現できる女性」

男性が魅力を感じる女性には、いくつかの共通した特徴があります。

そういう特徴を持ち合わせた女性は常に男性に好かれ、婚活市場においてもかなり早期に結婚が決まり、そもそも「婚活」自体意識することがないままに妻の座を手に入れていきます。

逆に、なかなかいい出会いに恵まれず結婚と縁遠いままに年齢を重ねてしまった女性たちは、その「男性に好かれやすい特徴」を持ち合わせていないことがよくあります。

その特徴の一つは、「喜びを素直に表現できる」というものです。こんなやりとりがあります。

 

「君のためにプレゼントを買ってきたんだ」

「そうなの? ありがとう」

 

感謝の気持ちは伝えているものの、結構あっさりしています。ではこれならどうでしょうか。

 

「君のためにプレゼントを買ってきたんだ」

「えっ、ほんとに!? うれしい! ありがとう! これずっと欲しいと思ってたの」

 

どちらがプレゼントを贈った側としてうれしいかは一目瞭然です。あまり大げさすぎるのはよくありませんが、素直に感謝の気持ちを体全体で表現できる女性は、男性にとても好まれます。

感情の起伏がわかりにくく、喜怒哀楽があまり外に出ない女性は、逆に男性にあまり好まれません。自覚がある人は、まずは笑顔の練習からしていく必要があります。

日常生活の細かいことで喜びを表現してくれる女性は、男性にとってはとても可愛く思えるものです。喜ばせ甲斐があり、だからこそ余計にその女性を喜ばせるために何でも頑張ろうという意欲を男性はかきたてるのです。

喜び上手な女性は、意識していないかもしれませんが、知らず知らずのうちに男性の自尊心を満足させ、心地よくさせているのです。これは女性のモテ力と言ってもいいかもしれません。

婚活がイマイチうまくいかない人の一部もしくはその多くが、感情表現が得意でない人が多かったり、なかなか笑顔を見せないタイプだったりするようです。

男性を誘惑する「小悪魔」と呼ばれるような女性たちは、逆にそういう男性の特性を知り尽くした上で利用しているわけです。

そこまで徹底しないまでも、婚活においてはそういう男性に好かれるように自分を変えていく必要もありますし、結婚した後も夫婦生活を円満に継続していくために、笑顔や喜びの表現は必ず必要となってきますので、意識してできるようになっておきたいところです。

 

AGA(男性型脱毛症)とアラサー婚活

男性であれば、AGAと聞くとすぐにピンとくるかもしれません。

女性は、知っている人は知っているでしょうが、自らにあまり関係がないことなので、知らない人が多いかもしれません。

AGAとは男性型脱毛症のことであり、いわゆる「ハゲ」のことです。

男性にとっては大きな悩みの種でもあり、必死で少しでもAGAの進行を止めるために色々な方法を試している人も少なくありません。

遺伝などが影響するために個人差が大きいAGAは、まったく発生しない人もいれば、人によってはかなり若い年齢から進行する場合もあります。婚活をする際にも、女性側で「ハゲはNG」という人も中にはいるために、男性にとってどうしても髪の健康状態は気になるところです。

AGAの問題は外見や容姿のコンプレックスともつながってきますが、ひと昔前とは違い、AGAへの対策も登場してきています。

育毛剤として有名なリアップや、男性ホルモン抑制薬のプロペシアなど、併用すればある程度の効果があるとも言われています。もちろん、実際効果があるかどうかはこちらも個人差があるために、万人向けの対策とは言えません。万人向けのAGA対策は、現時点ではまだまだ開発されていない状態です。

ある程度AGAが進行してきた場合、開き直って髪を短くカットし直し、髪が薄くてもかっこよくみえるようにするのがもっとも多いAGA対策です。もともと短髪が似合う人であればそれほど違和感はないはずです。

元が長髪だった場合は悩みは深いでしょうが、なくなっていく髪を戻すことはできませんので、思い切って増毛にチャレンジしてみるか、かつらを検討してみるか、そうでなければ、イメージチェンジをしていくしかありません。

こうしたAGAの問題があるために、男性の場合も決して婚活は遅れてもいいというものではなく、髪が健康なうちに婚活を成功させて結婚しておけば、年齢を重ねてある程度髪が薄くなってきたとしても、パートナーは許容してくれるはずです。自分の夫の髪が薄くなってきたから関係が悪くなる、という話はあまり聞いたことがありません。

結婚前に、どうしても回避できないほどにAGAが進行してしまった場合は、髪が薄くてもかっこい芸能人などを参考にしながら、どうすれば薄毛を逆手にとってかっこよくできるかを検討してみるのがいいかもしれません。

AGAを悲観的にとらえ、大いなる自分の欠点ととらえてしまうと、それだけで周囲の人たちからの評価が下がってしまい婚活もうまくいかなくなってしまいますので、前向きな気持ちを忘れないようにしたいところです。

 

容姿のハンデが気になる人のアラサー婚活

若いころ、成績や運動能力よりも何よりも気になったのがこの容姿について、ではないでしょうか。

外見が人より優れていれば、少なくとも第一印象の時点で人よりも有利な立場に立てるのは間違いないところです。

逆に容姿にハンデがあれば、どうしても婚活において積極的になりきれないこともあると思います。自分の容姿に自信があるかどうかで対外的な態度はどうしても変わってきます。

このハンデを克服するのはなかなか難しいですが、たとえばファッションに気を遣ってみたり、少しでも自分をよく見せる髪型にしてみるとか、色々な工夫を凝らすことはできます。

そうすることで、少しでも自分の中にあるコンプレックスを払しょくし、婚活に前向きになれるように自分を変えていく必要があります。

実は自分で気にしているほど相手も容姿を気にしていないということもよくあります。気にしすぎないというメンタルが実は最も大切だったりします。

最近は色々な技術の進歩で整形手術なども昔と比べるとかなり簡単に受けることが出来るようになりました。どうしても気になって仕方なく、前向きな心を持つことが出来ないという場合は、自分に暗示をかける意味でも整形手術などを受けてみるのもありかもしれません。

内面重視の人もいる、というと気休めにしか聞こえないかもしれません。事実多くの人が外見に影響されるのは間違いありませんが、それを認識した上で積極的に動くことで、相手を動かすことが出来ることもあります。

容姿に恵まれているけれども消極的な人と、容姿には恵まれなかったけれども積極的な人とでは、後者の方がうまくいく確率は高かったりします。

とにかく前向きで悲観的にならない、積極的なオーラをまとう人こそが、結局は色々な人に好かれ、異性にも好かれます。

容姿のコンプレックスをすべて飲み込んだ上で、切り替えて次のステップに進んでみてはいかがでしょうか。

 

低収入が気になる人のアラサー婚活

女性の場合はともかくとして、男性の場合どうしても婚活において気になるのが自分の収入ではないでしょうか。

男性の場合収入が多ければ自然と婚活において優位な立場となりますが、逆に収入が少ないと相手がこちらのプロフィールを確認する段階から不利な立場にたたされることになります。

婚活をしている女性、特にアラサー以上ともなれば恋愛は充分経験し、夢よりも現実を優先して相手を選ぼうという女性が間違いなく多くなっています。

そのため、他のスペックよりも真っ先に重視する項目が「年収」という女性の割合が若い世代よりも高くなる傾向があります。

そういう状況であるがゆえに、低収入の男性はどうしても自分に自信が持てなかったり、相手に低年収という点を見られてはなから対象外にされてしまっているのではないかと疑心暗鬼になり、どうしても思うように婚活を行うことができないことがあります。

しかし低収入というマイナス要素をすぐに改善するのは難しいため、そうしたマイナスを抱えながらの婚活になるのはやむを得ないところです。どうしても気になる人は、婚活よりも先に収入を上げる努力をし、ある程度の年収を確保できるようになってから婚活を始めるという方法ももちろんあります。

ただ時間は待ってはくれません。年収を増やすために時間を費やして、気が付けばアラフォー、アラフィフになっているということもあり得ます。そうなってくると、さすがに女性よりは年齢的な制約が少ない男性でも、可能性はどんどん少なくなってきますし、婚活相手の年齢も自然と上げざるを得なくなります。

50代になって20代の相手を求めて婚活を行うのは、無理ではありませんがかなり難しいのは間違いありません。

若い相手を望むのであれば遅くとも40代前半までに婚活は開始したいところです。

ですので、低収入は低収入でそのまま一旦自分で受け入れ、そのマイナスを打ち消すだけのプラスを持てるように努力する必要があります。

収入がかなり少なかったり、時にはほとんど収入がなかったり無職だったりしても結婚している男性もいます。もちろんそれは極端しても、低収入であっても定職に就いているという事実が実はそれだけで大きかったりもします。

正社員ならなおさらです。派遣や契約社員も多い現代において、収入が少なかろうと正社員で働いているという事実は、場合によっては大きなプラスに働くこともあります。

逆の意味では、女性の中での最低限の条件に「正社員として働いている」という項目が存在することもあり、その場合は他の魅力如何によっては充分婚活市場で戦えます。

あまり低収入をマイナスに考えすぎず、出来る限り他の魅力を相手に伝えることが出来るようにすれば、低収入というデメリットを打ち消す成果があげられるはずです。低収入を逆手にとる強気の姿勢で婚活に臨むようにしましょう。