アラサー婚活で結婚のためのきっかけ作り

なかなか結婚に到達できないアラサーは、決してパートナーがいない人ばかりではありません。

何の不満もない、優良なパートナーを持ちながら、アラサーになってもなかなか結婚できない人も存在します。

そしてそういう人が実は、案外少なくなかったりするのです。

パートナーがいなくて婚活が成功しない人にとっては、パートナーがいるのに何故結婚に至らないのか不思議に思えるケースもあるかもしれません。しかし、逆に長く付き合っているからこそ結婚へのきっかけをつかめないまま「あえて結婚しなくても・・・」と延ばし延ばしになってしまっていることもあるのです。

このケースの場合、結婚したいと思っていたはずなのに、別に今のままでもいいかなと当事者二人が思えてしまっていることが逆に問題だったりします。

確かに、二人一緒にいることができて何の問題もなく生活できているのであれば、それはすなわち事実婚と呼ばれるものでもあり、あえて婚姻届という書類一枚の手続きを踏む必要性はないと考えても不思議ではありません。

それはそれで考え方としては間違っていませんし、子どもができたタイミングで籍を入れるというならそれでもいいかもしれません。それぞれの考え方なのでそれでいいのではないかと思います。

ただ、もしどちらかが早く結婚したいのに相手が動いてくれない、という場合は、やはりどうにかして相手を動かす努力が必要になってきます。

きっかけがないと、やはり人間なかなか動かないのです。

では、そのきっかけをどう作っていくのかという問題ですが、まず一つは当事者同士の話し合いです。これが基本となります。しかし慣れあいすぎて話しても真剣な話にならないようであれば、外部からのコンタクトが必要になるでしょう。

それはたとえば親だったり兄弟だったり友人知人がふさわしいでしょう。最大の力を持つのは、やはり親です。「親から『結婚はどうなっているんだ』という話が出ている」ということを相手に伝えてみましょう。もしそれに対してまったく反応がないようであれば、その相手との結婚は考え直した方がいいかもしれません。

通常結婚する気が多少なりともあるのであれば、その一言はある程度の力を持つはずです。

まずはそこから始めてみて、相手の反応次第で次のステップを考えてみましょう。

 

夢がある男とのアラサー婚活

「自分には夢がある。今はまだ運に恵まれていないけれど、近い将来必ず成功する」

人にはそれぞれ、夢があります。将来はこうなりたい、こんなことをしたい、だから今はまだ、もう少し時間が欲しい。夢のためにはある程度の時間を費やす必要があるのでちゃんとした就職はできない。とりあえずアルバイトでつないで、夢を成功させるために努力したい。

若い時には誰しも、一度二度、そんなことを考えたりしたこともあるのではないでしょうか。

一度しかない人生、自分のやりたいことをやって人生を悔いなく生きていきたいと思うのは当然のことですし、夢のために限界までチャレンジして成功を手にしたいという思いも十分わかります。

ただ、婚活においてはこの手の夢を持つ相手は要注意です。特にアラサー婚活の場合は絶対に手を出すべきでないタイプの男性です。

何故なら、定職を持たないということにより将来がまだ明確でなく、色々なリスクを抱えている状態だからです。一人前になるまで待ってくれ、と言われるかもしれませんが、一人前になるタイミングなどは一生来ないかもしれません。人生において早い時期に夢の実現があくまで夢で終わるということに気づいたなら、すぐに切り替えてまた違う生き方を模索していく必要があるのです。

婚活相手に求める要件としては、夢ではなく安定の方を優先したいところです。

既に夢を達成したか、もしくは夢の世界から現実の世界へと方向転換した人を探しましょう。若い時から夢がある人と交際している場合、結婚のタイミングを逃し続けて気がつけばアラサー、という展開もよくあることです。何年も恋人同士のまま月日を重ねてしまうと、結婚は遠のくばかりです。

よく言われることですが、結婚には三つの「ing」が必要であり、その三つとは「フィーリング」、」「タイミング」、「ハプニング」です。

タイミングを逃すことがないよう、なかなか動いてくれない相手には結婚を促すように働きかけていくのも婚活の一つと言えそうです。

 

 

アラサー婚活での節約とケチは違う

婚活にも色々な方法がありますが、その中でも結婚紹介所を利用すればそれなりに費用もかかりますし、そこまでしなくてもネット系で質の高いマッチングサイトなどを利用しようとすると、こちらもある程度の料金はかかります。

合コンに行くにしても婚活パーティーに参加するにしても資金が必要ですし、出会いが見つかれば、それからデートを重ねるためにもお金が必要となります。

婚活も案外、お金がかかるものなのです。

しかしそのお金がかかる婚活の中でこそ、確認しておきたいのが相手のお金の使い方についてです。

女性であれば、男性を見極める要素として、はじめてのデートの時に割り勘などにせずにしっかり全額出してくれるくらいの男気があるのかは確認したいところです。

男性であれば女性が買い物などで無駄なものを無駄に購入していないか、身の丈にあった購入方法を実践できているのかどうかなど、お金にまつわる確認事項は日々の生活の中にたくさん潜んでいます。

浪費家はもちろんよろしくありませんが、ケチもそれはそれで考えものです。ですが、ここで勘違いしないようにしたいところは、ケチと節約は違うという点です。

普段は無駄遣いをせず一見ケチにも見えるものの、使うべきところでは惜しまずしっかりお金を使うことが出来る人なのかどうかという点は、確認しておきたいところです。

正しい節約家は、ケチなわけではなくお金の使い方を知っているだけなのです。ケチとは、お金の使い方を知らずただ単に出し惜しみをしているだけのことを言います。

逆に言えば、相手にも自分のそういうお金にまつわる行動を観られていると考えるべきです。

下手なお金の使い方をせずに、堅実に、しかし出すべきところでは大胆にお金を使うことができる胆力が必要です。

お金とは、生活の中で非常に重要な役割を占めるものでもあり、お金なしには恋愛も結婚もそれ以後の生活も考えられません。二人の生活を維持していくためにはお金の使い方の相性は必要であり、ここが徹底的に合わないと、確実に将来破たんします。

お金にまつわる問題は、あとあとに回すと「こんなはずじゃなかった」ということにもなりかねないので、できるだけ早めに解決しておきたい問題の一と言えます。

 

寝言では隠し事ができないという恐怖

これは、婚活中の人に限った話ではありません。

むしろどちらかというと、既に婚活を終え、結婚生活を送っている人の方が切実な問題かもしれません。

人は寝ているときは、きわめて無防備です。それは、外敵に対してだけではなく、自分自身の自発的な行動に関しても無防備になってしまいます。

意識せずいびきをかくくらいなら、まだ可愛い方かもしれませんが、寝言を呟いてしまうという癖には問題があります。

何故なら、寝言では隠し事ができないからです。

たとえば、妻に隠れて密かに好きな人がいたとします。いつでもどこでもその人のことを考えていた場合、夢の中にもその人が出てくる可能性があります。

そうなると、つい意識せずに、その相手の名前を寝言でつぶやいてしまっていたとしてもまったくおかしくはありませんし、十分あり得ることではないでしょうか。

寝言とはいえ、何も思っていない相手の名前を呼ぶわけがないと問い詰められたら、逃げ場をなくしてしまうかもしれません。苦しい言い訳に終始すると、その後の生活に影響も出るでしょう。

そうした事態を回避するための最善の方法は、特定の相手のことを普段から考え続けないということではないでしょうか。

つまりは、浮気的な気持ちを持たないということです。心の中だけの浮気であっても、寝言という形で表面に表れてくることもあるのです。

これがもし、婚活中であればまだ救われるでしょう。もし知らない相手の名前を呟いたとしても以前に付き合っていた相手の名前を寝言でつぶやくということは十分あり得るからです。何年も一緒にいる相手から知らない異性の名前が出てくるのとは意味合いが違います。

とはいえ、逆に言うならたとえ寝言でも一緒にいるパートナーの名前を読んだりすることが出来れば、それは相手に対する大きな加点ポイントとなる可能性もありますので、婚活中であればさらなる進展のために、夫婦であれば円満家庭のために、逆にうまく寝言を活用していきたいところです。

 

妊活期間を踏まえたアラサー婚活

最近、婚活を無事終了して結婚というとりあえずのゴールにたどり着いた人たちの中で「妊活」という言葉が流行っています。

就活が就職活動の略、婚活が結婚活動の略なら、妊活は妊娠活動の略となります。

妊娠するための知識を仕入れたり、妊娠するための体作りや環境づくりを行うことによって、より良い妊娠に向かう活動のことを指す言葉です。

妊娠は、女性なら誰もが簡単にできるものではなく、意図していない女性があっさり妊娠してしまうようなケースもあると思えば、逆に妊娠したい人がなかなか妊娠できないという不公平なケースもいくらでもあります。

妊娠するために体は問題がなかったとしても、環境だったり夫との関係性だったりと、色々な要因が絡み合わなければ、いいタイミングで妊娠することができるかどうかはわかりません。

そのため、どうしても妊娠して子供が欲しい女性や男性が、妊娠に向けて行動を起こすということが最近はやりだしているのです。

たとえば、早めに妊娠を望んでいてもうまくいかず、実は女性か男性かのどちらかが不妊の要素を持っている可能性だってあります。そういう事実は、妊娠を望む夫婦であれば早めにわかった方が、色々な対処方法があるはずです。

これがもし、年齢を重ねた上で不妊がわかった、ということになるとその後の活動は非常に時間に追われる厳しいものとなります。妊娠はいつの時代も、出来る限り早く、女性が若いうちにする方が間違いなくリスクは低いわけです。

もちろん、経済力もなくまだ生むべきでもない年齢で軽々に妊娠するような行為は慎むべきですが、しっかりした人生設計ができているのであれば、若いうちに産む方がいいに決まっているので、妊活に至るまでの婚活も、できれば早めにスタートさせておきたいところです。

アラサーでも遅くはありませんが、のんびりはできません。しっかり妊活が行えるように婚活をまずは頑張っていきましょう。

 

晩婚化による高齢出産に伴う胎児に対するリスク

昨今、女性の晩婚化は年々進んでおり、有名人などでも30代後半や40代で結婚をし、高齢出産をするケースが増えてきています。

それによって、なんとなく高齢出産でも特に問題はないようなイメージが広がっているかもしれませんが、実際は高齢出産はやはりハイリスクであり、出来る限り早めに出産する方が色々なリスクを軽減することが出来るのです。

そもそも女性の出産は、年齢によってリスクが大きく異なり、35歳を過ぎると例えば生まれてくる胎児がダウン症であったり染色体異常であったりする確率が格段に高くなってしまいます。

急がなくてもギリギリ30後半までに結婚できれば、という考えは、出産を前提としているのであれば実は遅すぎるのです。出産を考えているのであれば、少なくとも結婚は30歳前までが理想なのです。

アラサーでの婚活は、こと出産においてはそのギリギリラインを行くものであることを意識しておく必要があります。

遅くはないがリスクがある、それを認識した上で出産するのはもちろん悪いことではありません。さらに、最近は胎児に異常がないかどうかを検査する出生前検査も比較的身近になってきています。ただそれでも、次に問題になってくるのは胎児に異常があったら中絶してしまうのかという問題であり、人間の人間としての非常に難しい問題が絡んできます。そしてその選択次第では、自分のその後の人生を大きく変えてしまう可能性すらあります。

焦ってはいけない。しかし、あまり悠長にもしていられない。それがアラサーでの婚活です。難しい問題を色々と包含しているのです。

妊娠したいし赤ちゃんも欲しい、でも赤ちゃんには当然のことながら健康であってほしい。誰もが願う当たり前の感情。

だからこそ少しでも若いうちの出産ができるように、できればアラサー前に、遅くとも35歳前までになんとか妊娠出産ができるような人生設計を立てて婚活に励んでいきたいところです。

 

アラサー婚活にみる「頼り甲斐」指数

女性から見た男性で、是非備えていてほしいと思われる男性の特性の一つに、「頼り甲斐」があります。

体力的にも運動能力的にも、女性よりも有利な男性に、色んな面で女性は頼りたい場面があるわけです。そんな時にまったく頼りにならない男性では、パートナーとしてはどうしても不満を感じてしまいます。むしろ、そんな男性にはパートナーとしての資質を見いだせないかもしれません。

だからこそ男性としては、女性にいかに頼られるかをしっかり考えて婚活に励むことが出来れば、成功への道筋は開けてくる可能性が高まります。

頼り甲斐には主に二通りあります。体力的な頼り甲斐と、精神的な頼り甲斐です。

体力的な頼り甲斐はまさにそのままで、筋肉質でたくましいとか、スポーツをしていて運動能力が高いとか、いつでもどこでも自分を守ってくれるような、そんな頼り甲斐です。これこそ男性そのものと言えるような、典型的な男性像を象徴する頼り甲斐です。

もう一つは、どんな苦難に遭遇しても、折れることなく前を向き進み続ける力強い精神力を持つ、内面的な頼り甲斐です。トラブルがあっても知恵と知識と冷静な判断力で乗り切っていく力強さは、やはり頼り甲斐と言えます。外見上は頼りなさそうに見える男性の中にも、精神的に一本通った芯があり、この人に任せておけば大丈夫という安心感がある人が、このタイプです。

つまり男性は、体力に自信があればそれを活かして女性を引っ張っていくことができ、体力に自信がなくても確固たる自分を持つことで女性に頼られる存在になることができるわけです。

どちらを目指すかは人それぞれ、向き不向きもあるでしょう。ですが、何らかの頼り甲斐がなければ、男性における婚活はうまく成就しない可能性もありますので、まずは女性をリードしていけるような頼れる存在を自分の理想のイメージとしてアラサー婚活に臨みたいところです。

 

アラサー婚活・親にNOが言えるマザコン男性

婚活相手がもし、明らかなマザコンだと気づいてしまったらどうしますか?

それまでは、普通に感じもよく男らしくもあり、収入も多くはなくても少なくもなく、理想的な婚活相手にようやく巡り合えたと感じていました。

自分の年齢も既にアラサー。あまり悠長にもしていられません。

そんな時にようやく出会えた相手の男性が、実はお母さんと必要以上に仲がいい、マザーコンプレックス気味の男性であることがある日、わかってしまったわけです。

マザコン気味の男性との結婚生活を、否応なく想像させられてしまうでしょう。男性の母親は、何かと自分のやることに口を出してくるかもしれません。そんな時にも、男性はお母さんっ子であるために自分の味方はしてくれない可能性もあるでしょう。

もし嫁姑問題が発生してしまった場合、孤立するのは自分かもしれません。嫁入りをし、夫という最大の味方が役に立たなければ、自分の立場はどこにもなくなってしまう可能性だってあります。孤独な戦いを、何故か幸せなはずの結婚生活で強いられる図を想像するしかないかもしれません。

普通に考えれば、マザコン男と結婚すればそうした未来は容易に想像がつきます。

しかし、少しここで考えてみましょう。

男性はマザコンかもしれません。お母さんのことを非常に大切にしているかもしれません。もしかしたら妻候補の自分に向けてくれる愛情以上に。

それでも、何か問題が発生した時に、その男性は母親相手にNOをいうことが出来るのかどうかを、しっかり見極めてからでも結論を出すのは遅くはありません。

もし男性が、自分の母親に対して、NOをはっきりということができる客観性をもった男性であるのなら、マザコンではあっても客観的な立場にたって、妻に味方するべき時は味方してくれる頼り甲斐ある男かもしれません。

同じマザコンであっても、なんでもかんでも母が右と言えばすべて右を向くような言いなりな男であったなら、やはり将来のことを考えて結婚は少し、検討し直した方がいいかもしれません。

間違わずに見極めたいところです。

 

アラサー婚活後、昼顔妻にならないような夫婦間コミュニケーション

「昼顔妻」という言葉とともに不倫文化が再度話題になっている2014年、まずは昼顔も何も結婚に至るまでのアラサー婚活が何より優先なわけですが、結婚後、結局昼顔妻になってしまう、もしくは妻を昼顔妻にしてしまうようでは結局婚活段階から結婚が失敗だったのではないかと思われても仕方ありません。

そんな夫婦間でのすれ違いが続くような結婚生活にならないように、昼顔妻などと無縁になれるように婚活の段階からしっかり相手とのコミュニケーションをとっていきたいところです。

さて、そもそも昼顔妻はどうして生まれてしまうのかという問題ですが、これは夫との関係の悪化や夜の生活がレスになってしまうなどの問題が最も多く原因として考えられます。

仕事をしていれば職場で出会いがありますし、専業主婦であれば昼間に時間があります。

どちらのケースでも昼顔妻になってしまう可能性はありますが、そもそも夫との関係が良好な夫婦に「昼顔妻」の問題などは発生しません。

お互いがお互いを尊重し、仲良く楽しく毎日を送ることができる夫婦生活こそが理想です。もちろん毎日の生活の中で、理想ばかりではやっていられないことも多々あると思います。それでも、根本的な相手を思いやる心されあれば、胸にいつの間にかぽっかりと大きな穴が開いてしまう、なんて事態は避けられると思われます。

夜の生活についても、人それぞれで好きな人あまり好きではない人とあると思います。一般的に男性は積極的で女性は消極的なことが多いようですが、逆もあります。二人の愛はそればかりではありませんが、正常な夜の生活が営まれているかどうかも多少なりとも影響を及ぼしますので、あまり好きではない場合もたまには相手に合わせて付き合えるくらいの気持ちは欲しいところです。

コミュニケーション&スキンシップは、二人の関係継続の最大の武器となるはずです。いつまでも意識して行っていきたいところです。

 

婚活中の保険見直しと将来的な保険イメージ

アラサー婚活が成就して結婚をすれば、当然その結婚後の状況に合わせて保険も見直しを実施する必要があります。

主に生命保険が必要となってくるのは生計維持者である夫であり、妻の生命保険の優先順位はかなり落ちます。もちろん生計維持者が逆の場合は同じく逆になります。

その他の医療保険やがん保険、個人年金保険もあるならあってもいいでしょうが、なくても済むものはできる限り減らしていかないと、毎月の二人の生活が困窮するようでは元も子もありません。

必要な保険を必要なだけ最低限、出来る限り安く加入するのが保険見直しのコツと言えます。

そして同時に、見直しの際に自分自身での見直しはどうしても難しい部分もあるために、人に頼りたくなるのが保険の特徴であり、そうして人に頼るために相手の思う保険に知らぬ間に誘導され、高額な保険料を知らぬままに払い続けているというのが今までのパターンです。

いわゆる「保険のおばさん」がやってくるような大手生命保険会社の保険などはこの最たるものであり、今は訪問型の大手生保よりもネット系の新興勢力である生保の方が、同じクオリティや保険内容で保険料も安いというどう考えてもお得な状況となっています。

保険は万が一の際の備えなので信頼できる大手がいい、といえばそれまでですが、大手だから信頼できるというものでもないですし、何を重視して選択するのかをよく考えた上で選ぶ必要があります。

まずは保険に関する基礎知識を付けた上で、保険の窓口などの相談窓口に足を運んでみるのも一つの方法です。

タイミングとしてはまず婚活を実施ている間はとりあえずそのままでもいいですし、ただ、将来的に結婚が視野に入るような相手が登場した時に、自分の現在の保険の内容を把握し、それと照らし合わせる形で相手の保険内容もそれとなく確認できればベストです。

出来なかったとしてもある程度の保険の内容を聞いておくとか、結婚したあとはどういう風にしようと考えているのかなど聞いてみてもいいでしょう。

ただ相手もあまり保険については詳しくない可能性もあるため、二人でしっかり見直しを実施した上で保険の内容を変更することが可能かどうかは確認しておきたい事項ではあります。

よくあるのが、保険を他に変えた方が安くなるのは間違いないとわかってはいるものの、知人友人などから紹介された保険に入ってしまっていて見直すに見直せないというケースです。

相手にどれだけ義理立てするかという問題であり、義理立てするには生涯の大きな期間常に支払いを続けていく大きな買い物である保険です、自分にとって何が本当のメリットなのかはしっかり検討して、間違いなく損失の元となるので、できれば付き合いや義理人情で保険を選択するのはやめておきたいところです。