アラサーなので婚活中に相続問題も視野に入れるべきか

「結婚」をすると、その後さまざまな要素が二人の関係の間に複雑に絡んできます。

若いうちにはまったく気にもとめない「相続問題」も、アラサーくらいになってくると少しずつ意識しておく必要が出てきます。

 

アラサー世代の親となると60歳前後が多いと思われますが、すでに親がなく祖父母が健在というケースもあり、そうした場合にも相続問題は影響があるのです。

基本的には、法定相続人としての配偶者が二分の一、そしてその子が二分の一を子の人数で分けるという形で影響を受けるわけですが、もし祖父母が亡くなったときにその子、つまりあなたからすれば両親ということになりますが、その両親がすでにいない場合、代襲相続としてあなたに相続権が降ってくるのです。

詳しくはその手のサイトや書籍に任せるとして、そういうケースもあるので、相続問題も実はあまり無関心ではいられないのです。

 

そしてその問題に、婚活相手が絡んでくる可能性もあるのです。なぜなら、あなたの財産は婚活相手の財産にもなりうるからです。

当然、あなたは自分の相続問題を正しく把握しておく必要がありますが、その内容について婚活相手に開示する必要はありません。

理由としてはその話が相手の判断に影響を与える可能性があるからです。

誰しも、結婚相手とともに財産についてももらえるものはもらいたいと思うはずで、これは貯蓄についても同様ですが、相続財産にも目はむけられます。

ないと思っていたものがあとからたまたま入ってくる分にはいいとして、初めから入ってくるものとして結婚前の段階から期待されているのは、あまり気持ちのいいものではないはずです。

 

相手の家族状況を知りたいというのは婚活中には当然の気持ちですが、財産状況まで開示する必要はありません。

そしてそうした点については、基本的に聞かないことがマナーでもあるはずです。

まさかとは思いますが、「いいな」と思っていた相手が、そういう財産目的ということもなくはありません。念には念を、血族の相続争いなどに巻き込まれてしまわないように、しっかり相手を見極める目を持つようにしたいところです。

 

参考:「相続税と贈与税と保険

 

アラサーになったので復縁婚活も視野に入れる

一言で「婚活」というと、結婚に至るために「新しい出会い」を探していく行為を指すように思われることがほとんどかもしれません。

しかし、アラサーになるとなかなか新しい出会いもそう多くはなく、チャンスも少なくなりますし残された時間を考えてもどうしても焦ってしまうことも出てくるはずです。そんな中で、「新しい出会い」であることにこだわらず、逆にもともと縁があった相手との「婚活」、つまり復縁による婚活も、可能性の一つとして視野に入れてみてもいいかもしれません。

復縁のメリットとしては、すでに相手のことを十分知っているということが一つ。別れにつながる原因はあったにせよ、一時はお互い愛し合っていた間柄であり、別れの原因さえ取り除くことができれば、改めてやり直すことできる可能性は残しているケースも多くあります。

この場合に重要なのは、どちらが別れを切り出したのか、ということであり、もし自分が別れを切り出した側であり、相手が自分に対する未練を残している状態であれば、こちら側の気持ち一つで復縁は簡単に叶う可能性があります。

そうすれば、「婚活」という大きな目標を、労せず達成することだってできるのです。

それは結局「妥協」ではないか、という意見もあると思います。見方によってはそうとれないこともないかもしれませんが、別れた原因をしっかり見つめ、お互いが悪い点を改善することを前提としてやり直しができるのであれば、これは決して妥協ではなく、合理的な判断ととるべきです。

 

逆に、もし自分が別れを切り出された側、つまりは振られた側である場合には、復縁はなかなか難しい道のりを経る必要がありますが、それでも正しい手順に沿って動くことができれば、十分よりを戻してやり直しをすることも可能です。

一度は別れを受け入れはしたものの、結局最終的には結婚相手はこの人しかいなかった、ということは十分あり得ますし、逆に振った側もそういう思いをいだいていることだってあります。

時間をおいて久しぶりに出会ってみたら、お互いまったく同じ思いで気持ちが盛り上がりあっさりと復活愛、なんてことも現実にあるのです。

復縁してみたら、婚活なんてする必要はなかった、なんて簡単なことだったんだと、つくづく感じてしまうことでしょう。

復縁婚活に興味がある人は、こちらも参考にしてみましょう。

 

今すぐよりを戻したい/プロの復縁方法

 

 

楽天オーネットに入会するべきか悩んでいるアラサー

結婚相談所「楽天オーネット」について、散々今まで下調べをしてきたけれど、どうしても入会金など金銭的な問題で入会するべきか踏ん切りがつかない、という人も少なくないでしょう。

確かに安い金額ではありません。何しろ入会金を含めた初期費用が10万円を超えるわけですから。

例えば物を購入する場合、必ず支払った金額分の商品を手に入れることができるわけですから、購入後のイメージも持ちやすく、高い金額でも思い切って購入する気にもなるでしょう。ですが、オーネットのような結婚相談システムの場合、支払った分の金額を回収することができるのか、やはり不安になるのは仕方がないところです。つまりは、高い金額を支払った末に、「本当に成果が得られるのか」、という不安です。

では「成果」とは何かというと、目的は結婚であるのですから、「いい相手に出会うことができ、無事結婚まで到達すること」でしょう。

この目的を、支払った金額で確実に達成することが出来るとわかっているのであれば、おそらく誰も悩むことはないでしょう。

迷わず入会金でも会費でも支払い、理想の相手を見つけてもらうはずです。

つまりはオーネット入会には、「リスク」があると考えてしまうために入会に二の足を踏んでしまうのです。

 

しかしここで、よくよく考えるべきです。

目的が「結婚」であるのなら、他に色々な方法をこれまで自分で試してきたのではないかと思います。逆に、結婚に至るまでの行動をとることができない性格のため、どうすれば出会えるのか、出会えても結婚までつなげていけるのかがわからないという人もいるでしょう。

どちらのケースにも対応できるのが、オーネットであるという考え方はできないでしょうか。

確率の問題で考えてみた場合、オーネットに加入することなく結婚まで至ることができる確率が高い、という目論見があるのならそれはそれでいいでしょう。しかし、今の今まで結婚に至ることが出来なかったのに、今後自力で結婚まで到達できる可能性はどれくらいのものなのかよく考えてみる必要があります。

特に女性の場合、年数を経て結婚率が上がることはあり得ません。年齢とともに需要は減る一方で、結婚できる確率は劇的に減少していきます。アラサーでの婚活は、急ぐ必要があるのです。

 

初期費用程度のお金で結婚への確率アップを買えるのであれば、安いものだと考えるべきです。過ぎ去っていく時間は、お金を何百万円、何千万円、何億円積んでも買えないのです。今、この瞬間にも失われていく時間を惜しむべきです。

そう考えれば、オーネットの初期費用や月額料金程度の金額は先行投資の金額として割り切れるはずです。もしそれでダメなら、と考えることが既に後ろ向きであり、結婚への道筋を狭めているのです。

発想の転換をしてみましょう。「初期費用が10万円もかかるのだから、必ず入会後3ヶ月程度で結婚相手を見つける!」

この前向きな発想が出来る人は、次々とオーネットに入会して結婚相手を見つけ、早々に退会していきます。

当然オーネットは会員が集まれば会社として儲かるかもしれません。ですが、会員も自分で日々生活しているだけでは絶対に出会えることがなかった運命の相手を見つけることができ、大満足で退会していくのです。これこそがWIN-WINの関係というものではないでしょうか。

 

ここまで悩みに悩んできたのです。もうここらでそんな悩みを捨て、今すぐに結婚相手を見つける新しい世界へ、飛び出す準備はできています。まずは無料診断・資料請求から始めてみましょう。



ギャンブル好きと株為替とアラサー婚活

ギャンブル、賭け事といえばやはり、女性よりも男性の方が好きな人は多いかもしれません。

適度な節度あるギャンブルであれば、時々の息抜きとして考えることもできるかもしれませんが、あまりに過度なギャンブル好きは、婚活には致命的な悪影響を及ぼすこともあります。

基本的に、結婚したら苦労する男性の特徴の一つに、「ギャンブル好き」という特徴は常に上位に挙がってきます。

ギャンブル好き、というレベルであればまだ辛うじてどうにかなるかもしれませんが、ギャンブル依存症という段階になると、もはやまともに生活を維持できるかどうかも怪しくなってくるため、そういう相手との結婚生活はおよそ想像できないかもしれません。

仮に結婚しても、収入の大部分をギャンブルにつぎ込んでしまうようではどうしようもありません。あくまでギャンブルは、やるとしても生活に影響を及ぼさない「遊び金」の範囲内でとどめることが出来る自制心があるかどうかはしっかり確認しておく必要があります。

その自制心がない相手の場合、ギャンブルにとどまらず日常生活においても、色々な我慢ができない性格だったりする可能性もあります。

ギャンブルに対するスタンスと人間性とは、必ずしも一致しなくても遠からず関連はしていると思われます。

 

パチンコやパチスロ、競馬や競輪などであればギャンブルとして非常にわかりやすいのですが、難しいのは、例えば株や為替取引を趣味としている場合です。

株為替の場合、しっかりした相場観を持ちながら見きわめて取引を実施している場合、センスがある人は大きな儲けを得ることもできるためにギャンブルとはいいがたいのですが、センスがない人が株為替に手を出すことは、これは紛れもなくギャンブルです。ただそれを、外から見ていて判断することはできないので、非常に難しいところです。

いずれにしても、大きすぎる金額を投資するようなことがないように相手をしっかり見ておく必要はあり、しっかりしたポートフォリオを組みながらリスク分散ができているのか、どんなに失敗しても最低限必要な金額はプールしてあるのかなど、把握しておきたいところです。

 

アラサー婚活を実施する場合には、できるだけリスクは避けたいと考えると思いますので、ギャンブルに興味がある人はとりあえず早めに選択肢から外しておいてもいいのかもしれません。

 

アラサーでできちゃったけれど相手は非協力的

アラサー婚活中に、ついついうっかりしていて、まさかの結婚前に子供ができちゃった・・・なんてケースも実は少なくありません。

アラサー婚活中の身としては、一刻も早く結婚したいという気持ちがあるために、実は妊娠は願ったりの場合もあるのですが、それでも順番を経ていない妊娠は、色々な弊害を生むことがあります。

 

妊娠したということは、男性側には責任が生まれますし、女性側も当然責任をとってくれるものと考え、一気に結婚への道筋は色々な途中のイベント最短距離で追い越して結婚というゴールの直前にまで運んでくれる事実として作用します。それほど「妊娠」は重たく二人の間に影響を及ぼすわけですが、これもやはりケースバイケースで、完全に結婚する気持ちが相手になかった場合は問題が山積となります。

 

とりあえずきっかけがなかっただけで、子供が出来たならそろそろ独身生活にも区切りをつけて結婚しよう、と考えてくれる相手であればこれは妊娠がプラスに働くケースです。ダラダラといつまでも煮え切らなかった二人の関係に、妊娠をきっかけとしてようやく一つの区切りが付きます。

二人だけだった生活は子供中心の生活へと変わり、二人は気が付けば子育てを通じていつの間にか「夫婦」になっていることでしょう。

 

問題は子供が出来たことを心から迷惑だと考え、結婚などそもそもまったく念頭にない、という相手の場合です。女性側で子供が出来ても結婚したくないという人は少数派だと思いますが、男性側は子供ができても結婚したくないという人は女性と比べれば多いはずです。

遊びで付き合っていたのに何故責任をとらなければならないのだ、という考え方がこのパターンで、当然責任意識もなく、自分の子供など生まれてきてほしくはないのです。

しかし女性側としては責任をとってほしいし、宿った命はもちろん生みたいし大切に育てたいと考えます。結果、シングルマザーになるか、なんとか結婚へとこぎつけたとしても驚くほど非協力的な夫がここに完成します。

夫が非協力的な場合の子育ては、おそらく協力的な夫がそばにいてくれる場合と比べるとストレスのかかり方が数倍になります。子供がいくらかわいいとはいえ、子育ては当然体力的にも精神的にもつかれますし、色々な面でストレスがかかります。そのストレスを緩和してくれたり分散してくれる存在がそばにいるのか、逆にストレスを増大させる存在がそばにいるかではまったく違います。

このケースでは夫の非協力的な態度は周囲にも伝わりますし、妻側の家族にも必ずわかります。そうすると、妻との関係だけでなく、妻の両親兄弟などとの関係までストレス要因となり、もはや存在してくれない方がどれだけ楽か、という話になり、結局は結婚しても長く続かず離婚、ということになりかねません。

 

非協力的な夫を協力的にさせる、ということなど、そもそも無理なことも多いと思われます。性格は今更変わらないし、不満を伝えることで変わってくれる相手ならそもそも非協力的にならないはずです。

こんなパターンをいかにして回避するかといえば、そもそもの根本原因までさかのぼり、とにかくそんな相手とは付き合わない、婚活を実施しない、まさか子供ができてしまうようなリスクを負わない、子供が万が一できたとしても生まない、などの選択肢しかありません。

袋小路に入り込まないように、しっかりと事前に計画をたてて婚活相手は選んでいきたいところです。

「起業する」という男を支えるアラサー婚活

男子たるもの志を持って生きていかなければならない、という考え方はもはや時代遅れでしょうか。

骨太の肉食系男子が激減している昨今、志をもって自ら「起業」を夢見る男性に、「男らしさ」や「頼もしさ」を感じることもあると思います。

ただ、「起業したい」と婚活相手に打ち明けられた場合に、それをしっかり支えていけるかどうかという問いに対しては、多くの女性が「やめてほしい」と答えるそうです。

つまりは現代における女性の安定志向の強さであり、あえて安定している職を捨てて先行き不透明な起業という手段を選ぶ必要があるのかという疑心暗鬼と不安な気持ちが、アラサーという年齢も重なり冒険を思いとどまらせたいと感じるようです。

 

独立や起業には、綿密な計画性はもちろん必要ですが、それとともにどうしても運の要素も絡んできます。完璧すぎる事業計画を立てたとしても、たまたまタイミングや時代の状況がそれを否定してしまいうまくいかないことだって十分あり得ます。

逆にそれほどしっかりした計画ができていなくても、誰もいないスポットにうまくはまり、考えられないような成功につながる可能性もあります。

これは起業におけるリスクであり、そういう運の要素は起業する際にはある程度織り込んでおく必要はあるでしょうj。

 

現在のアラサー婚活中の女性たちは、あまり長い時間が残されていないので、失敗に対する拒否反応がかなり強くなっています。できる限りリスクはとりたくないと考えており、本当に納得できて協力できると思えるような計画でなければ支えていこうとは思えません。

逆に言えば、これから起業しようと考えている男性は、まずは婚活相手を論破し説得する必要があります。まずはそこからです。婚活相手を納得させることができないような事業計画であるのなら、これは婚活相手の言う通り思いとどまった方が無難です。

失敗する前にあきらめるのも一つの勇気であり男らしさです。

女性としては、婚活相手がどう考えても成功するはずがない「夢」におぼれているだけなのか、実現可能な「将来設計」になっているのかどうか、見極める必要があります。そのうえで、協力するのか、反対するのか、場合によっては結婚自体あきらめるのか判断する必要が出てくるでしょう。

正しく見極めて、パートナーとなる予定の相手に対して的確なアドバイスを送りたいところです。

 

プロポーズをしてほしいアラサー女・プロポーズはいらないアラサー女

結婚となるとやはり人生の節目であることだし、さすがにけじめをつける意味でもきっちりプロポーズはしてほしい。

そう考える女性は少なくないでしょう。

しかし近年、プロポーズ自体があいまいになってきており、なし崩し的に結婚に至るケースも増えてきています。

つまり必ずしも正式にプロポーズをした、された人ばかりではなくなってきているということです。

それでも特に気にしないという女性もいますが、やはりプロポーズは大事と考える女性の方が多数派です。男性側からすれば、やはりプロポーズは男の甲斐性としてしっかりした形で行う方が、何かと印象は良くなります。

例えばテレビでよくあるような、凝ったプロポーズである必要はないのです。本当にシンプルなものでいいので、口に出してはっきりと、結婚したい意思を伝えることで、誠意が相手にも伝わるはずです。そう考えれば、決して難しいことではないはずのプロポーズがない、ということはやはり、「どうなんだろう?」と考える女性が多くても仕方がないのかもしれません。

結婚したいという意思があり、まずはその区切りをつけたいときに、いつもよりちょっと豪華な食事でもしたり、もしくは自分で作ってあげたりしてもいいでしょう。落ち着いたあとに、その場の空気を読みながらたった一言、「結婚しよう」と言えば、相手の女性の心には一生残る一言としてしっかり刻まれるはずです。

アラサー婚活を無事成就させ、のちのちまで続く円満な関係の基礎として、プロポーズはしっかりと行い、二人の間に区切りとけじめをつけておきたいところです。

 

戦略を立てて動き、目標を実現するアラサー婚活

目標:結婚

期間:35歳まで(現在の年齢で前後)

結婚に至るまでの期間:1年が目途(長すぎず短すぎず設定)

出会う場所:限定せず(限定することで結婚実現率が下がるが、ある場所に特化するのはあり)

どうしても譲れないポイント:なし(ここが増えると結婚実現率が激減)

プロポーズ:なくてもこちらから、直接的・間接的にアプローチする(待ちに入ると期間内実現が困難に)

恋人のいない今、初めにやるべきこと:婚活サイトに登録。合コンの開催を知人友人に依頼。婚活パーティーにはできる限り参加。SNSでもパートナー募集していることを強くアピール。

次にやるべきこと:とにかく相手を選ばずまずは食事やドライブから。数をこなすことも大事。

最初の三ヶ月でできる限り多くの相手と出会い、デートを重ねて相手を絞る。その上で条件を絞りすぎずにある程度合うと感じたなら半年を目途にアプローチ。

ここまでの期間は厳守。少しでもずれると、結局最終的なゴールは何年も後にずれこむ可能性が出てくるため。

 

結婚が決まったならすぐに動いて式場探し。通常一年後くらいから予約は入っていくが、できる限り早い時期を選択。どうしても難しい場合は籍だけ先に入れることも視野に。焦りすぎるのは禁物だが、籍を入れればお互い覚悟が決まり丸く収まることもある。

ここまで順調に持ってくるためには、ある程度のところで腹をくくる、という気持ちが大事。妥協は「仕方ない」ではなく「そういうもの」と考える。何事も理想通りにはいかないもの。何はともあれ一生一緒に生きていける相手を見つけることができたならよしとする。

考え方として、まずは大きな目標を設定し、そこに至るまでの期間と細かい到達点を設定。細かく刻んで目標を着実に実現していくことが大切。一つ一つ前に進んでいるという事実を大事にし、期間は守る。そうすることでのんびりと構える余裕はないことを自らに課し、かつ大胆、積極的に前に出る意欲を持つことが出来る。

何をおいても前へ前へ進む意思が大切なので、「人見知りだから・・・」、「どうせ私なんか・・・」、「もう今からじゃ無理・・・」などというマイナス思考をすべて消去。余計なことを考える暇があるならとにかく動く。

 

さあ、こんなアラサー婚活戦略はいかがでしょうか。

ここまでできれば必ずアラサー婚活は成就します。前向きに頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

アラサー婚活で高望みは捨てる勇気

婚活市場において、女性が確実かつ無条件に他人よりも有利になれる条件が一つだけあります。すべての女性に平等に与えられたアドバンテージであり、婚活では必ず影響力を持つ項目でもあります。

それは、「若さ」です。

例えば婚活市場において、まったく同等スペックの女性が二人いたとして、年齢が30歳と25歳だったとします。男性に選ばれる可能性が高いのは25歳の女性です。

同じように同等スペックのアラサー女性とアラフォー女性を並べてみたらどうでしょうか。ここではアラサー女性がかなりの確率で選ばれるはずです。

もちろん中には「熟女好き」「年上好き」という男性も存在しますが、ここではそうした事例は「特殊事例」として考えないことにします。

 

一般的に男性は、「若い」女性をより好みます。それは生物学的に考えて子供を生むことができる期間が長いということもありますし、若いことによる肌の張りや穢れのなさ(と男性は考える)に魅力を感じ、若いか若くないかどちらかを選べと言われたなら、若い方を選択します。

仮に、スペックが著しく劣っていたとしても、若さで勝っているいる女性は、スペックの劣勢を跳ね返して男性に選ばれることもあります。それほど、「若さ」のパワーは大きいと考えていいのです。

 

そう考えると、「アラサー」での婚活がいかに不利かということが理解できると思います。ライバルがアラフォーばかりであれば逆に圧倒的有利な立場にはなるものの、20代前半などのさらに若い女性を前にすると、苦しい戦いを強いられることになります。

アラサーであることを自覚せずに「年収は1000万以上、身長は180以上、学歴はもちろん一流大卒で、容姿も一定レベル以上じゃないと無理」などと言っていると、誰にも見向きもされないまま独りきりの老後に突入することになります。

そして、ハイスペックな男性であればあるほど、女性に対しては容姿と若さを要求する傾向があります。それだけ、様々なものを持つ男性は自分の価値を高く見ているため、そのパートナーとなるべき女性に対してもそれ相応のスペックを要求するからです。その男性が要求するスペックの中に「若さ」という項目は確実に存在します。

それを理解して、アラサーでの婚活は、必要以上の高望みはきっぱり捨てる勇気も必要です。

勝てるはずがない戦いをいつまでも続けていると、気が付いたときには取り返しがつかないことになってしまいます。

決して派手さはないけれど、誠実で安定している人並みの男を確実に狙っていくことで、成功率は格段に上がるはずです。

自分の希望はアラサー婚活においては「高望み」すぎはしないか、一度しっかりと自分の譲れないポイントを見直しを実施して、妥協するべきはして、背伸びする必要がない相手を見つけ出したいところです。

「自分は特別でいつかきっとシンデレラになれる」

そんな気持ちを忘れずにいたら、到底シンデレラとは呼べない年齢になってしまった、というケースは十分にあり得ます。

シンデレラストーリーにはタイムリミットがあるのです。

悠長に構えすぎて完全にタイミングを失うということだけはないように注意しておきましょう。

好きになれない・好きなのかわからない婚活は進むべきか

若いときはちょっとしたことで相手のことを「好き」と感じていたのに、年齢を重ねてアラサーになった今、婚活を繰り返してみて思うことは、本当に相手のことが好きなのかわからない、好きになれないという悩み。

そもそも「好き」ってなんなの?という人は実は意外に多かったりします。

一緒にいて楽しくないことはない。だけど、好きかと聞かれたら悩んでしまう。結婚するにはいい相手なんだろうなと思う、だけど、付き合っていて面白味はない。

そんな風に考えだすと、全然前に進めなくなってしまいます。

好きじゃないからこの婚活は失敗だと考えて次に進んだとしても、また同じように好きと感じることができない。果たして自分が本当に「好き」と感じることができる相手は存在するのだろうか・・・それとも好きという感情自体、自分が持てなくなってしまったのだろうか。

この疑問に対する答えは、結局自分の中にしか存在しないのですが、両方の可能性があると思われます。

理想を満たしている相手に巡り合わないために、ある程度で妥協して付き合おうと考えているからどうしても「好き」と思えない。「好き」と感じることができるラインを超えた相手に巡り合えていないという外的な要因。この場合、巡り合えていないだけなのだから、いい人が登場すれば純粋に「好き」という感情は戻ってくるでしょう。

もう一つは完全に自分の心が恋愛から離れてしまい、ときめきを感じるすべを忘れてしまっているという内的要因。この場合どんなに素敵で理想通りの人に巡り合っても好きという感情が芽生えない可能性もあります。

ただ、本当に「好き」と思えないからといって、婚活をあきらめてしまうのはやはり早計です。

恋愛と結婚はやはり別物で、「好き」と思える人が結婚相手として適当かというとそうでないケースも十分あり得るわけです。

仮に「好き」と思えなくても、一緒にいて安らげてずっと仲良く暮らしていけるような相手であるのなら、これは結婚に踏み切るのも一つの選択です。

遅かれ早かれ「好き」という感情は、大恋愛をしたほどの仲だとしても時間とともに薄れ、姿形を変えていきます。一時的な「好き」という感情を重視するのか、将来的な安定と安らかな生活をとるのか、婚活においての大きな決断点でもあります。

自分自身と向き合い、相手のことを考え、あとあと後悔しない選択をしていきましょう。