自分の話しかしてこないアラサー婚活相手

婚活を続けていると色々な人と出会います。合う人もいれば合わない人もいますし、自分の常識では考えられないような人も中にはいたりもします。

それだけ人間は人それぞれに違っており、そうした違いを受け入れた上で生活を共にしていくのが結婚と考えれば、結婚がいかに難しいものなのかがなんとなくわかるような気もするかもしれません。

そんな中で、自分の話しかしてこない婚活相手に出会ったらどうすればいいのでしょうか。

自分の話をする=自分に自信があるというタイプと、逆に自信がないから自分のことをアピールするタイプがあると思われます。

どちらにしても相手のことが見えていないタイプの特徴なので、婚活相手としては少し癖があるタイプと思っていいかもしれません。

ただし、悪い人ではないと判断できて、なおかつ自分が相手の話に合わせるのが好き、もしくは得意ということであれば相性はぴったりといえるかもしれません。

もちろん、次々出てくる相手の話を聞いていて退屈や苦痛を感じないことが前提であり、何より楽しく一緒にいられるのであれば相手が仮に自分の話しかしないようなタイプでもまったく問題はないと思われます。

逆のケースもあります。

つまり、自分が自分の話しかしないタイプ、というケースです。これはまず、自分の言動を振り返ってみる必要があります。おしゃべりであることを自認している人は特に、一度考えてみましょう。

自分から繰り出されるトークに、相手が辟易していないか、退屈していないか、興味を全く持っていなかったりしないか。

基本的に会話はキャッチボールなので、投げかけたら相手から投げ返されるのを待たなければいけません。それをせずに一方的にこちらからばかりボールを投げていては、相手は常にボールを受けるばかりで楽しくない、ということになりかねません。

もちろん、相手がボールを投げるのが好きではなく、投げられるボールを受けることが好きというタイプであればまったく問題はありませんが、これはしっかり相手を見極める必要があります。

お互いの利害が一致する関係であれば婚活はうまくいきますし、仮に結婚まで至ればその後も末永く一緒に過ごしていくことができると思われます。

自分の話しかしないアラサー婚活相手、もしくは自分であっても、その付き合う相手によっては最高の相性となる可能性もありますので、まずは相手を見極めらえる目を持てるようになりたいところです。

 

婚活中に無料通話アプリ(LINE等)で電話をかけてくる相手

誰かと連絡を取り合う場合、必須になってくるのが携帯電話やスマートフォン。ひと昔前のように、自宅の固定電話にかけないと連絡がつかない、なんてことはまずなくなってきており、個人個人でほぼ確実に携帯電話かスマートフォンを持っている時代になりました。

そんな今だからこそ、連絡先の交換さえできればかなり容易に相手との個人的なコミュニケーションが可能となっており、婚活においてもかなり便利な世の中に代わってきています。

ただ、そんな中で、「こんなことをされると気持ちが覚めてしまう」というケースがあります。

 

まず、お互いの連絡先を知っている場合、当然のことながらケータイ同士で通話をすることができます。それほど重要な用事でなければ、スマホ同士ならわざわざ電話をしなくても、LINEなどのメッセージングアプリを利用してやりとりをするだけでもいいでしょう。

しかし、電話をしないといけないような用事が発生した時に、普通に電話をするのではなく、LINEを通して通話をかけるケースがあります。

これは、電話料金を節約したい場合に有効に利用できる方法ではあるのですが、男性側から仲良くなる前にこれをすると、女性側は「せこい」と感じてしまうことがあるようです。

ちょっとの要件なのだから、普通に電話をかけてくればいいのに、と感じるようです。

このケースでは、どちらの気持ちも分からなくはないものの、LINEでの通話は通常の通話と比べるとどうしても通話品質が落ちてしまい、つながりにくいこともあるためにあまり好まれないこともあります。大事な相手であれば、その点も考慮して、多少の通話料はあきらめて普通に電話をした方が男性としての甲斐性もアピールできるのではないでしょうか。

もちろんお互いの気心が知れている状態で、少しでも無駄をなくして節約しようという話し合いの元LINEの無料通話を活用するのはOKです。

最近は、各ケータイキャリアごとに通話カケホーダイのプランも登場してきていますので、そのあたりも検討してみるといいのではないでしょうか。

付き合い始めの時期、付き合いが始まりそうな時期に、相手に「せこい」とか「ケチ」とか、マイナスイメージを持たれるような行動には注意した方がよさそうです。

 

 

2015年のアラサー婚活を考える

2014年が終わり、2015年も新しくスタートを切りました。

やがて別れの季節である3月を迎え、さらには新しい生活の始まる新年度がスタートします。

仲良かった人たちとのやむを得ない別れもあれば、逆に今までなかった出会いに恵まれたりすることもあるでしょう。出会いと別れの季節が間近に迫っています。

 

あなたが今の今まで結婚に至らなかったということは、今までの出会いの中には自分にとって「運命」と呼ぶべき出会いは存在していなかったということだと思います。

つまりは今までの知り合いたちとの別れよりも、重要なのは新しい人々との出会いの方です。その新しい出会いの中に、「運命」というべき出会いが潜んでいる可能性があるのです。

「運命」とは本当に何気ないもので、些細なきっかけから気になりだした人と、数年後には結婚していた、なんてことも十分あり得ます。

ただただ、肩がぶつかっただけの相手が、気が付けば婚約者になっているという、ドラマのような展開だって、実はよくあるのです。

様々なカップルが結婚をしていく中で、その二人のなれそめを聞いてみればよくわかると思います。

まるで、ドラマの世界のようななれそめが実は非常に多かったりするのです。

なんでもない関係だった二人が、ちょっとしたきっかけで仲良くなり、結婚に至る。非常に不思議なことです。

 

さて、アラサー婚活においても、この時期特有の出会いや別れによる新しい人間関係の創出を生かさない手はありません。

2015年度最初の婚活は、新生活の中での新しい出会いに期待をしつつ、そして昨今各所で広がってきている婚活パーティーを有効活用していきます。

 

まずは住んでいる街ぐるみでの婚活イベント、色々な婚活業者が提供する婚活パーティーを探してみると、思いのほか多くのイベントが開催されていることに気づくはずです。

そういうイベントやパーティーは苦手、という人も多いと思いますが、しかし何はともあれ一歩を踏み出さなければ何も現状が変わることはありません。前向きかつ行動的でなければ、激しい婚活市場を真っ先に抜け出すことは難しくなります。

何より、アラサーで婚活を実行しようとしている人はあなただけではないのです。あなたよりも全体的なスペックが低い人もいるでしょうが、逆にかなりの高スペックの人だってライバルとして存在しています。そんなライバルたちに勝ち、先に結婚に至るためには、遠慮や後ろ向きな考え方などは完全にNGです。

しっかり確実に、まずは新しい世界への入り口に足を踏み入れて、全力で前向きに取り組みたいところです。

 

他にも、結婚への相談であれば、最大手の結婚相談所などを活用して、結婚力診断のあと、最大限のサポートをしてもらうこともできます。

もちろんその場合、ある程度の費用はかかるものの、費用がかかる分だけのしっかりとした出会いの提供をしてくれます。自分の力だけでの婚活に大きな不安がある場合は、ぜひ活用を考えてみるのもいいかもしれません。

多少の費用は将来への投資と考えて、まだ見ぬ運命の相手を探し出したいところです。

婚活の基本中の基本ですが、まずは出会いがなければ何のスタートも切ることが出来ません。

まずはいい相手と出会うこと、そしてそれから先はお互いの性格や相性などによりますが、二人の努力によってしっかりと愛をはぐくんでいきましょう。

 

まずはオーネットで結婚力診断はこちら


常識的な金銭感覚が好まれるアラサー婚活市場

いつの時代も、結婚にはお金の問題はつきものです。

だからこそ、付き合っている段階から相手の金銭感覚を気にする人は少なくありません。

婚活においてもそこはまったく同じことであり、実際に結婚したあとに金銭的な問題で悩みたくないと誰しも考えるために、相手の金銭感覚は、婚活におけるチェック項目に必ず含まれています。

ただ、婚活相手の金銭感覚は、付き合い始める前や付き合い始めた当初はなかなか見えにくい部分でもあるため、「いい人だと思って付き合ってみたけれど、金銭感覚が・・・」というケースも少なくありません。

まだそこで立ち止まり、考え直すことが出来る状況であればまだいいのですが、気持ちが先行してしまっており、多少金銭感覚にずれを感じるものの、相手のことが好きだから些細な点には目をつぶってしまおうと考えて結婚まで至ってしまうことも考えられます。

そうしたケースの場合は、最悪の場合は途中でお互いの金銭感覚のずれによる関係悪化、そして最終的には離婚につながってしまうことも考えられます。

それほど、生活の中での金銭感覚は非常に大事なポイントといえます。

だからこそ、婚活市場においても金銭感覚がしっかりしており、「無駄遣いをしない」、「お金を大切にできる」、「身の丈にあった消費傾向が身についている」というような項目はおおむねプラスポイントとして相手にとらえてもらえます。

逆に言えば、相手に対して自分の金銭感覚をアピールすることも可能です。普段は大雑把に見えるけれども、お金に関してはしっかりと考えていて、正しい使い方を実践できるということであれば、思いのほか好感度アップにつながったり、見直してもらえたりということもあると思います。

人間、生活していくためには必ず必要なお金だからこそ、アラサー婚活においても正しい感覚をもってお金に接することが出来る相手を探し、かつ自分もそうであるということをしっかりアピールしていきたいところです。