アラサー婚活で高望みは捨てる勇気

婚活市場において、女性が確実かつ無条件に他人よりも有利になれる条件が一つだけあります。すべての女性に平等に与えられたアドバンテージであり、婚活では必ず影響力を持つ項目でもあります。

それは、「若さ」です。

例えば婚活市場において、まったく同等スペックの女性が二人いたとして、年齢が30歳と25歳だったとします。男性に選ばれる可能性が高いのは25歳の女性です。

同じように同等スペックのアラサー女性とアラフォー女性を並べてみたらどうでしょうか。ここではアラサー女性がかなりの確率で選ばれるはずです。

もちろん中には「熟女好き」「年上好き」という男性も存在しますが、ここではそうした事例は「特殊事例」として考えないことにします。

 

一般的に男性は、「若い」女性をより好みます。それは生物学的に考えて子供を生むことができる期間が長いということもありますし、若いことによる肌の張りや穢れのなさ(と男性は考える)に魅力を感じ、若いか若くないかどちらかを選べと言われたなら、若い方を選択します。

仮に、スペックが著しく劣っていたとしても、若さで勝っているいる女性は、スペックの劣勢を跳ね返して男性に選ばれることもあります。それほど、「若さ」のパワーは大きいと考えていいのです。

 

そう考えると、「アラサー」での婚活がいかに不利かということが理解できると思います。ライバルがアラフォーばかりであれば逆に圧倒的有利な立場にはなるものの、20代前半などのさらに若い女性を前にすると、苦しい戦いを強いられることになります。

アラサーであることを自覚せずに「年収は1000万以上、身長は180以上、学歴はもちろん一流大卒で、容姿も一定レベル以上じゃないと無理」などと言っていると、誰にも見向きもされないまま独りきりの老後に突入することになります。

そして、ハイスペックな男性であればあるほど、女性に対しては容姿と若さを要求する傾向があります。それだけ、様々なものを持つ男性は自分の価値を高く見ているため、そのパートナーとなるべき女性に対してもそれ相応のスペックを要求するからです。その男性が要求するスペックの中に「若さ」という項目は確実に存在します。

それを理解して、アラサーでの婚活は、必要以上の高望みはきっぱり捨てる勇気も必要です。

勝てるはずがない戦いをいつまでも続けていると、気が付いたときには取り返しがつかないことになってしまいます。

決して派手さはないけれど、誠実で安定している人並みの男を確実に狙っていくことで、成功率は格段に上がるはずです。

自分の希望はアラサー婚活においては「高望み」すぎはしないか、一度しっかりと自分の譲れないポイントを見直しを実施して、妥協するべきはして、背伸びする必要がない相手を見つけ出したいところです。

「自分は特別でいつかきっとシンデレラになれる」

そんな気持ちを忘れずにいたら、到底シンデレラとは呼べない年齢になってしまった、というケースは十分にあり得ます。

シンデレラストーリーにはタイムリミットがあるのです。

悠長に構えすぎて完全にタイミングを失うということだけはないように注意しておきましょう。

好きになれない・好きなのかわからない婚活は進むべきか

若いときはちょっとしたことで相手のことを「好き」と感じていたのに、年齢を重ねてアラサーになった今、婚活を繰り返してみて思うことは、本当に相手のことが好きなのかわからない、好きになれないという悩み。

そもそも「好き」ってなんなの?という人は実は意外に多かったりします。

一緒にいて楽しくないことはない。だけど、好きかと聞かれたら悩んでしまう。結婚するにはいい相手なんだろうなと思う、だけど、付き合っていて面白味はない。

そんな風に考えだすと、全然前に進めなくなってしまいます。

好きじゃないからこの婚活は失敗だと考えて次に進んだとしても、また同じように好きと感じることができない。果たして自分が本当に「好き」と感じることができる相手は存在するのだろうか・・・それとも好きという感情自体、自分が持てなくなってしまったのだろうか。

この疑問に対する答えは、結局自分の中にしか存在しないのですが、両方の可能性があると思われます。

理想を満たしている相手に巡り合わないために、ある程度で妥協して付き合おうと考えているからどうしても「好き」と思えない。「好き」と感じることができるラインを超えた相手に巡り合えていないという外的な要因。この場合、巡り合えていないだけなのだから、いい人が登場すれば純粋に「好き」という感情は戻ってくるでしょう。

もう一つは完全に自分の心が恋愛から離れてしまい、ときめきを感じるすべを忘れてしまっているという内的要因。この場合どんなに素敵で理想通りの人に巡り合っても好きという感情が芽生えない可能性もあります。

ただ、本当に「好き」と思えないからといって、婚活をあきらめてしまうのはやはり早計です。

恋愛と結婚はやはり別物で、「好き」と思える人が結婚相手として適当かというとそうでないケースも十分あり得るわけです。

仮に「好き」と思えなくても、一緒にいて安らげてずっと仲良く暮らしていけるような相手であるのなら、これは結婚に踏み切るのも一つの選択です。

遅かれ早かれ「好き」という感情は、大恋愛をしたほどの仲だとしても時間とともに薄れ、姿形を変えていきます。一時的な「好き」という感情を重視するのか、将来的な安定と安らかな生活をとるのか、婚活においての大きな決断点でもあります。

自分自身と向き合い、相手のことを考え、あとあと後悔しない選択をしていきましょう。

 

自分の話しかしてこないアラサー婚活相手

婚活を続けていると色々な人と出会います。合う人もいれば合わない人もいますし、自分の常識では考えられないような人も中にはいたりもします。

それだけ人間は人それぞれに違っており、そうした違いを受け入れた上で生活を共にしていくのが結婚と考えれば、結婚がいかに難しいものなのかがなんとなくわかるような気もするかもしれません。

そんな中で、自分の話しかしてこない婚活相手に出会ったらどうすればいいのでしょうか。

自分の話をする=自分に自信があるというタイプと、逆に自信がないから自分のことをアピールするタイプがあると思われます。

どちらにしても相手のことが見えていないタイプの特徴なので、婚活相手としては少し癖があるタイプと思っていいかもしれません。

ただし、悪い人ではないと判断できて、なおかつ自分が相手の話に合わせるのが好き、もしくは得意ということであれば相性はぴったりといえるかもしれません。

もちろん、次々出てくる相手の話を聞いていて退屈や苦痛を感じないことが前提であり、何より楽しく一緒にいられるのであれば相手が仮に自分の話しかしないようなタイプでもまったく問題はないと思われます。

逆のケースもあります。

つまり、自分が自分の話しかしないタイプ、というケースです。これはまず、自分の言動を振り返ってみる必要があります。おしゃべりであることを自認している人は特に、一度考えてみましょう。

自分から繰り出されるトークに、相手が辟易していないか、退屈していないか、興味を全く持っていなかったりしないか。

基本的に会話はキャッチボールなので、投げかけたら相手から投げ返されるのを待たなければいけません。それをせずに一方的にこちらからばかりボールを投げていては、相手は常にボールを受けるばかりで楽しくない、ということになりかねません。

もちろん、相手がボールを投げるのが好きではなく、投げられるボールを受けることが好きというタイプであればまったく問題はありませんが、これはしっかり相手を見極める必要があります。

お互いの利害が一致する関係であれば婚活はうまくいきますし、仮に結婚まで至ればその後も末永く一緒に過ごしていくことができると思われます。

自分の話しかしないアラサー婚活相手、もしくは自分であっても、その付き合う相手によっては最高の相性となる可能性もありますので、まずは相手を見極めらえる目を持てるようになりたいところです。