アラサー婚活、結婚式は挙げたいのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚が決まったなら、まずは結納、そして結婚式。そして次に考えるのが新婚旅行についてとつながっていくと思います。

結婚式は、昨今挙げるか挙げないか、人によって判断が分かれるところです。当然のことながら大きな費用がかかりますし、人を呼べば逆に相手の結婚式にも出席する義務が発生します。結婚式にかかる費用は来てもらった人たちの祝儀でまかなえる、と思ったら大間違いです。祝儀は借金と同じなので、もらった分は相手の結婚式で返さなければなりません。つまり結婚式の祝儀とは、将来的に少しずつ返していく借金と考えるべきです。

とはいえ、特に女性にとってはやはり結婚式は憧れだったりもすると思います。もちろんこれも人によりますが、多くの女性はウェディングドレスを着てみたいと思うでしょうし、一生に一度の晴れ舞台として、経験しておきたいと考えるのが一般的です。

実際、結婚式を挙げて失敗した、という人はそれほど多くはないでしょうし、むしろ挙げておいてよかった、と考える人の方が多いと思われます。

後々、結婚式を挙げておけばよかった、と考える人はいても、結婚式を挙げたのが失敗だった、という人は多くないはずです(離婚した人は除く)。

大きな費用がかかっても、のちに後悔を残さないためにも、結婚式は挙げる方向で考えた方がいいと思われます。特に男性は、相手のことを考えて挙げてあげる方が、やはり甲斐性を見せることもできますし、後腐れなく結婚生活を送ることができるのではないでしょうか。

女性は、やはり人生で最も自分が主役になれる一日なので、気乗りしなくてもやはり式を挙げる方向で考えた方がいいと思われます。

もちろん、男性も女性もどちらもまったく興味がなく、後悔することもないということであればあえて結婚式を挙げる必要はありません。そこは考え方次第です。その分の費用を生活費に充てたり、貯蓄に回したりするのもいいでしょう。ある意味堅実とも言えます。

婚活の最中にも、結婚を意識するようになってきたなら必ず結婚式をどうするのか、という問題は出てきます。なかなか結婚が決まる前にそういう話をするのも気まずいこともあるかもしれませんが、ちょっとした世間話程度にでも、相手の結婚式に対する意識を確認しておいてもいいかもしれません。

片方は絶対に式を挙げたい派で、片方は挙げたくない派だと、その時点で躓いてしまいます。もし結婚式に対する意見が合わなかったとしても、その部分をお互い話し合ってすり合わせていき、納得のいく形におさめられるならそれが一番です。

結婚は、ただ書類を提出するだけでなく、色々なイベントも同時についてきますので、そのイベントを一緒にこなしていく意志が相手にあるのかどうかは、要確認と考えておきましょう。