アラサー婚活で婚約指輪は欲しいのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活がうまくいけば、アラサーという年齢であればできる限り早く結婚にこぎつけたいと思うものです。

その結婚にむけた一連の流れの中で、「プロポーズ」というイベントが発生すると思います。

このプロポーズの際に、ドラマなどであれば婚約指輪を用意しておき、プロポーズと同時にプレゼントするというシーンを非常によくみかけますが、実際はそうしたサプライズよりも、プロポーズ後に二人で婚約指輪を買いに行くというケースも多いようです。

その場合の大きなメリットとしては、好みでない婚約指輪になることがなくなるという大きなメリットがあります。婚約指輪のサプライズプレゼントの大きすぎるリスクはまさにここであり、婚約指輪をプレゼントしてプロポーズしたものの、実際はあまりその指輪は女性の好みではなく、もっと他の指輪の方がよかった、というケースが一番怖いところです。

男性側のセンスと女性の指輪などアクセサリーに関するセンスはまるで好みが別物なので、男性視点で買った指輪を女性が気に入る確率はかなり低いと考えておいた方がいいと思われます。

だからこそプロポーズ後に二人で買いに行く、という方法が合理的なわけです。

そしてもう一つ、婚約指輪はプレゼントしないというケースも増えてきています。

婚約指輪をつける機会など本当に限られています。そんな時々しか利用されることがない指輪に大きなお金をかけるくらいなら、他のことにその分のお金を使った方が合理的、という考え方です。決して考え方としては間違っておらず、婚約指輪という不経済なアイテムの魔力に惑わされないカップルも増加しているということかもしれません。

ただ男性としてプレゼントしたいと考える人もいますし、女性として婚約指輪は記念にもなるので是非欲しいと思っている人もいるでしょう。

その辺りのお互いの意識合わせも、婚活においても重要です。気軽に話せる間柄であれば本格的に結婚話に進む前の段階で、そうした点も確認しておいてもいいかもしれません。

女性側としては、婚約指輪に興味があるかないかを、世間話ついでにそれとなく伝えておくと男性側としても動きがとりやすくなるものと思われます。

普段の生活の中で、そうした結婚に向けた細かい必要項目のヒントをちりばめておくと、色々な手続きがスムーズに進むと思われます。