アラサー婚活における互いの飲酒の有無

このエントリーをはてなブックマークに追加

色々な場所で必ず登場するであろう「お酒」。歓送迎会や忘年会、新年会、友達との飲み会、同窓会などの集まりなどなど、色々な場面で飲酒をする必要が出てくることもあるでしょう。

結婚相手を探すためのアラサー婚活においても同様です。食事会もあれば飲み会もあるでしょう。お酒が入ることにより、普段よりも饒舌になれる人もいますので、そうした人にはお酒の場は必須だったりもします。

しかし昨今、若い人を中心に飲酒離れも進みつつあるようです。飲む人は飲みますが、飲まない人はまったく飲まないという具合に、完全にお酒に対する意識が二極化している様子がうかがえます。

煙草よりも重要ではありませんが、飲酒をするかしないかは、婚活を行うにあたって、お互いの相性には影響を及ぼします。

当然のことながらお酒を飲む人にとっては、飲まない相手よりも一緒に飲める相手の方が楽しく相性がよく感じるでしょう。

逆に飲まない人にとっては、お酒が入らない食事の方が望ましく思える場合も多いでしょう。

飲む人と飲まない人では相性が悪い、ということはありませんが、飲む量が違いすぎると最終的にはすれ違いの要因には十分なりうるポイントではあります。

とりあえず自分の飲酒の量と相手の飲酒の量にどれくらいの開きがあるのかは確認しておいた方がいいかもしれません。

婚活している間や恋愛中はあまり飲まないと思っていたのに、結婚して慣れてきた途端に本性が出てきてかなりのアルコール中毒だった、というのは最もありがたくない展開です。

逆に、自分がそれなりの量の飲酒をする場合、相手が飲まないことがわかったなら、どれくらいまでの飲酒を許容してくれるのかを確認しておいた方がいいかもしれません。もしかしたらパートナーにもできる限り飲酒をしてほしくない相手かもしれません。逆に、自分は飲まないけれどパートナーが飲むのはまったく気にせず、逆に泥酔したパートナーを介抱したいと考えている人もいるかもしれません。

とりあえず一度は飲酒の機会を設けてみて、相手の酒癖の悪さをチェックしてみるのもいいでしょう。酒癖が悪い人はなかなか改善しないことも多いため、そこが許容できなければ結婚には結びつきません。

お互いの相性を、飲酒の面からもしっかりと確認しておきましょう。