アラサー婚活において結納は行うべきか

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサーともなれば、世の中の一般常識などは大体身についているもの。

だからこそ、結婚に臨む際に「結納」を行うかどうかは悩みどころでもあります。世間の常識としては結納は必ずしもしなければならないものではなく、両家の同意の元で行わないケースも増えています。しかし、昔ながらの風習を重視する家柄だったり地域などではいまだに結納を重く考えているところもあります。

結納を行う場合、男性側に金銭的な負担が発生するため、男性側から結納はしない方向で、とは通常いいにくいところです。女性側から結納は行う必要はないという意思表示があったのであればともかくとして、それがないままに男性側が結納はしないと勝手に決めていくと、女性側としては結納を行うくらいの甲斐性もないのか、という話になってきてそれ以降の付き合いに支障をきたす可能性もあります。

まずは男性は、女性側の家柄や地域性などを考慮して、結納に対する意識を確認しておく必要があります。女性の方は、逆に気を使って親の意向などをあらかじめ確認しておき、その情報を男性に伝えるくらい気がきけば、相手の男性としては動きやすくなるでしょう。

結納金は地域によって隔たりがありますが、一般的には100万円前後になることが多く、決して少ない金額ではありません。

男性としてみれば、婚約指輪や結婚指輪、結婚式費用に加えて結納金がそんなにかかると、トータルで考えれば結婚の一連のイベント関連で軽く400~500万円近い金額がかかります。結婚式に力を入れれば下手すると1000万円近い金額になる可能性もあります。さらに新婚旅行に力を入れればさらに数十万円が消えてなくなります。

もちろん無駄な部分を抑えればかなり少ない金額で乗り切ることもできるでしょうが、それでも200~300万円程度は貯金があることが望ましいでしょう。

女性はあまり意識しないかもしれませんが、実は結婚には、男性側にはかなりの金銭的負担が発生するのです。だからこそ、「結納」をどうするか、という点は意外に重要なポイントとなります。

男性側としては出費を抑えるために結納はやりたくないと思いますが、そのあと何十年も相手の家族と付き合っていかなければならないと考えれば、そこでケチって評価を落とすのは損です。多少無理をしてでも「結納させてください」と自ら切り出すくらいの気持ちでいた方がいいのかもしれません。

婚活時期に、そうした点もできれば二人で話しておくといいでしょう。