アラサー婚活中のデート場所を選ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活を開始していい人に巡り合えれば、まずはその人との関係を深めていくためにデートを重ねることになるでしょう。

それは当初、結婚という目的が感じられるものではないかもしれません。気楽な食事くらいからスタートすることもあるでしょう。

同じ趣味がある場合は、その趣味を生かした集まりなどからスタートすることもあると思います。

とにかく最初は、きっかけはどうあれ、二人で出かけたり食事をしたり、何か行動をともにするところから婚活も始まっていきます。

気が合う人、一緒にいて楽しい人であれば、もっと二人で出かけたいと思うでしょう。自分がそう思うと同時に、相手がどう思っているのかもなんとなく感じられると思います。こちらが感じているほど相手は楽しんでいないと感じられたなら、まだまだ先は長いかもしれません。そもそも相性がよくない可能性もあります。ただ、その時点でお互いがすごく楽しめていて、もっと一緒にいたいと感じられている状態であればゴールも近い可能性もあります。

そんな色々な時点で選ぶべきデート場所はどこが最も適しているのでしょうか。

実際のところ、このデート場所はどこがいいかという問題には答えがなく、相手次第、状況次第というしかありません。しかし、このデート場所選びが実は結構重要だったりすることもありますので、その人その人のセンスの見せどころでもあります。

場所選びのセンスが悪いとダメ、というわけではありません。要は、その場所選びに対して相手がどう思うのかにつきます。

相手が喜ぶ場所、行きたいと考えている場所、こうしてほしいと感じている心を読み取り、それにそってデートをプランニングできるかどうかは非常に大切です。相手がとても心が広い人であれば、内容どうあれ一生懸命考えて出した結論であれば受け入れてくれるでしょう。

私のためにこんなにしっかり考えて準備してくれた、という事実に喜びを感じる相手もいるはずです。

ですが、そうした過程よりも結果を重視する人もいます。過程がどうあれ、それによって出された結論が悪ければ意味がないと考えるような相手の場合、しっかりと相手が求める答えを提示していく必要があります。

恋愛をゲームとして相手との駆け引きと考えるのであれば、情報を仕入れてその上で一手一手を慎重に打っていく必要があります。うまくいっていたはずなのに、一手間違うだけですべてが逆転してしまう可能性もあります。そして逆もまた然りです。

デートの内容や場所を決めるのがとにかく苦手、という人もいると思います。女性の場合はある程度男性任せでもいいでしょう。逆に男性の場合はしっかり自分がリーダーシップを発揮して行先くらいは決めていかないと、優柔不断と思われてしまい、最悪の場合は頼りがいのない男と思われてしまいます。

そうならないように、頼りがいある男を最初のころだけでもとりあえず見せておく必要があります。慣れてきたら本来の自分を少しずつ見せてもいいでしょう。その上で本来の自分を受け入れてもらえるように少しずつお互いで妥協点を探していく作業に入れればもっともいい形なのではないでしょうか。

もしデート場所やレストランなどの選び方で迷うなら、恋愛上手の友達に聞いてみるとか、グルメな友人から情報を仕入れておくのもいいかもしれません。そういう知人友人が周りにいないときは、今ならインターネットで調べれば何でも出てくる世の中です。

デートスポットを検索してみたり、美味しい食事処を探してみたりしてもいいでしょう。そのくらいの努力は婚活には必要です。それすら面倒と思ってしまうようではいつまで経ってもアラサー婚活は成就しません。

必要な作業なのだと考えて、デート場所はしっかり選んでいくように心がけましょう。