アラサー婚活で考える浮気や不倫の基準とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚する前から浮気のことを考えるのもどうかとは思いますが、この浮気に対する考え方も、お互いにずれがあると大きなトラブルのもとになります。

例えば、仕事上で女性と二人で食事をする機会が多い夫がいたとします。その時に妻の認識が、自分の知らない女性と二人で食事に行くのはもう浮気であるという考えであれば、夫としては仕事ができなくなってしまいます。仮にまったく何もなくただ仕事上の付き合いでやむを得ないものであったとしても、妻としては許せない裏切りと思えてしまうというわけです。

逆のパターンでも、妻には男友達が非常に多く、何の気なくたまに食事に行ったりみんなで遊んだりするようなケースで、夫がそれを浮気と認識する考え方の夫であれば、やはり大きなトラブルとなる可能性が高いでしょう。

浮気については判断が難しいところで、どこからが浮気・不倫なのかという考え方は人それぞれです。

上記のように食事に行くだけで浮気であると考える人もいれば、キスからが浮気であり、食事くらいは浮気とは言わないという人もいるでしょう。

パートナーの交友関係と友達との付き合い方などは、事前にある程度確認しておいて、どこまでは浮気ではないと判断して動く人なのかは理解しておきたいところです。

自分の中でこれ以上は浮気であると考えているラインを簡単に乗り越えてしまう相手であれば、致命的に相性が合わないと思われます。

つまり浮気とは、パートナーが浮気と感じるのであれば浮気なのです。ですので、仮に相手とうまくやっていきたいと考えるのであれば、そのパートナーが浮気と判断するラインは乗り越えないように努力をしていく必要があります。

もちろん仕事上やむを得ないケースなども考えられますので、その辺りについてはある程度の理解をしていく必要もあります。仕事に支障が出るほどに人間関係を厳しく絞らせるのも問題があります。人脈は仕事において非常に重要であり、そのためには異性との付き合いも増えることは仕方ない部分もあります。その辺りも理解ができないと、相手からは敬遠されてしまう可能性が高いです。

特に嫉妬深い人などにとっては、交友関係が広い相手はやきもきして落ち着かないかもしれませんが、ある程度は理解する度量も必要かもしれません。