アラサー婚活で専業主婦か働くか

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活を開始して念願かなって結婚できたなら、夫は当然大多数が仕事を継続すると思われますが、妻側には選択肢が現れます。

すなわち、仕事を続けるか、専業主婦として家庭に入るか、という選択肢です。

どちらにしても子どもができたなら産休もしくは退社を余儀なくされますが、それまでは仕事を続ける人が多いと思います。

ただ、夫の仕事をサポートするために完全に仕事を辞め、働くとしてもパート程度にとどめるという人も少なくないようです。

共働きの場合、仕事の内容によっては生活のリズムが合わなかったり休みが合わなかったりと色々と不都合も出てくるため、それを回避するための妻の専業主婦化ではありますが、この辺りは人によって意見が様々なため、しっかり話し合っておいた方がいい点でもあります。

男の甲斐性で妻には仕事をさせないという気質の夫もいるでしょう。逆に平成の両性平等の考え方から出来る限り働いてほしいと考える夫もいるはずです。妻の意見もさまざまで、働きたい女性の流れは昨今では一巡して、逆に家庭に入りたい女性も増えているようです。

お互いのパートナーの仕事に対する考え方が合わないと、これもトラブルのもとになりますので、結婚したらこうしたい、という気持ちはそれぞれに伝えておいた方がいいでしょう。

もちろん、専業主婦という選択肢の基本には、夫の収入も影響します。夫の収入で生活していくのに不十分な場合は、お互いの意見によらず、妻も働かざるを得ないこともあるでしょう。逆に十分すぎる収入がある夫であれば、妻は基本的に働く必要性がないため、本当に生活費のためというよりは、生き甲斐だったり自分の気持ちの赴くままに仕事をとらえておくことができます。

逆に言えば、妻に働かせたくない夫は、その分自分で収入をあげるように努力していく必要があります。夫が働き妻が家庭に入るのであれば、妻は料理や選択掃除など、家事と呼ばれる部分は極力自分の責任でこなしていき、夫の負担を減らすという気持ちが大切になります。

結局はどちらにしても、お互いの思いやりこそが夫婦円満の秘訣となります。働くか、専業主婦かは究極の選択ですが、しっかり二人で考えていきましょう。