アラサー婚活における嫁姑/夫舅の関係性

このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活を続けていけば、必ずぶつかる一つの壁が、相手の両親との付き合い方です。

結婚とは、相手との付き合いだけでなく相手の家との付き合いの開始を意味するので、相手方の両親と自分との関係、そして自分の両親とパートナーとの関係は非常に重要な要素となってきます。

もちろん同居するわけでないのであれば、そんなに四六時中顔を合わせるわけでもないので、そこまで大きなプレッシャーを感じる必要はないのですが、だからこそたまに顔を合わせるときくらいは表面上だけでもうまく相手に合わせて取り繕い、不要なトラブルをおこさないようにしたいところです。

結婚において時に大きな味方となり、逆の目が出るともっとも大きな障害にもなるお互いの両親との付き合い方は、ある程度早い段階から意識しておく必要があります。

付き合いはじめの段階でも場合によっては相手の両親と顔を合わせる機会に直面することもあるでしょう。そんな時にマイナスイメージを持たれてしまうと、後々そのマイナスポイントを取り戻すためには大きな苦労が伴います。だからこそある程度初期の段階からプラスイメージをつけておくと、そのあとの付き合い方が非常に楽になります。

逆に言えば、相手の両親との関係が悪いと、結婚相手との関係がどんなに良好でも将来的に破たんにつながっていく可能性が出てきます。

特に男性で言えば相手側の舅との関係、逆に女性側は姑との関係。両親は子供のことを一番に考えていますので、子どものパートナーとして相応しくない相手と判断されてしまえば、その瞬間から相手の両親はアラサー婚活の中で敵になってしまいます。

どんなに相手が好きでも、そんな針の筵のなかで婚活を続けていく気力がどこまで続くかは疑問です。そんなに苦労するのであればそもそも相性が悪かったのだと、他に気が向くようになるのは時間の問題です。だからこそ、相手の両親や兄弟との関係は大切に考え、決して軽視しないようにしましょう。