アラサー婚活で歳の差婚はありか

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサーで婚活を始める場合、相手の年齢をどれくらいに定めるべきなのでしょうか。

最近は歳の差婚も流行ってはいますが、さすがにあまりにも年齢差があるとちょっと、と考える人は少なくないでしょう。

アラサー年代の男性であれば、基本的に相手には年下を望むケースが多いと思われます。なんといっても男性は若い女性を好む傾向が強いため、アラサーの年代から年上をみると30代後半から40代女性が相手になってしまうので、そうなるとよほど外見が若かったりしない限りは年下に目がいくことが間違いなく多くなると思われます。

逆にアラサー婚活中の女性であれば、相手に望む年齢は二つに分かれます。年上ももちろんありですが、年下でもいい、という人もいるでしょう。

どちらもいける年齢であり、場合によってはそれほど相手の年齢は気にしないかもしれません。包容力を求める女性は年上男性を望むでしょうが、年下にも包容力がある男性はいますし、将来的なことを考えれば年下の方が寿命のバランスはいいともいえます。ただ、社会的な地位などある程度余裕が出てきているのは年上ですし、年下だと若い他の女性に目移りされてしまう可能性もあると考えるとやはり年上の方が、とも言えます。どちらも良し悪しです。

自分がアラサーであれば、下は10歳差程度、上は10~20歳といったところかと思いますが、そう考えるとアラサーの歳の差婚はそれほど多くないのかもしれません。

そもそも結婚できるなら年齢なんて、と考えている人が実は最も多数派かもしれません。

あくまで年齢は参考程度であり、年齢よりも人柄で相手は選ぶものであり、そう考えればまず相手に年齢を聞くことはせずに、付き合っていって相性がいいと感じた時に初めて年齢を聞くようにしてみてもいいのかもしれません。

その時に相手が、自分が考えていた年齢と違ったとしてもそれが結婚への意識を変える理由にはならないのではないでしょうか。