アラサー婚活における料理ができるかできないか

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚における注目項目の一つに、料理ができるかどうか、という点があります。

特にこのスキルは昔から女性に求められ、女性の社会進出が進んできている今でもやはり、重要視される項目であることは変わりありません。

当然のことながら、料理はできないよりもできた方がいいというのは間違いなく、女性だけでなく男性も、料理ができるとそれだけで婚活においても有利なポイントとして働きます。

昨今は昔のように男だからキッチンには立たないという考え方は通用しないことも多くなりました。

逆に男でも料理ができることが当然と考える女性も増えましたし、男性に料理を作ってもらうと嬉しいと感じる女性の増加により、男性の料理は女性に対する大きなアピールポイントにもなっています。

ただ、最終的に子供を産み育てていくのであれば、女性が一時的にでも家庭に入る確率は高いと思われますので、女性が料理ができる方が何かと便利なのは間違いなく、それゆえ男性も女性には料理ができることを望む傾向があります。

男性としては、仕事で疲れて帰ってきたところで美味しい料理が出てくればそれだけで明日への活力になるでしょうし、妻の存在のありがたみを感じられると思います。そこで料理がうまくなかったりそもそも料理を作れない妻で毎夜外食という展開では、男性も疲れが取れないのではないでしょうか。

そもそも料理というものは、基本的なレベルであればやろうと思えば誰でもできるものであり、結局はやる気があるかどうかの問題になってきます。基本がわかればある程度のアレンジは自分でできますので、レシピをみてもその通りにばかり作る必要はなく、よりおいしくなるように自分のセンスで味付けを変えてもいいわけです。

だからこそ婚活に臨む際には、やはり料理はある程度抑えておきたいところです。料理ができる人は何も準備する必要はありません。できない人は料理を練習したりして、婚活前にある程度の料理スキルはあるのだとアピールできるようにしておきましょう。

それだけで、婚活の成功率は変わってくるのではないかと思われます。

異性にも、料理ができるかできないかという点を重要視している人もいれば些細な問題であまり気にしないという人もいます。まずはお目当ての相手が料理に対してどういう考え方を持っているのかは、どこかのタイミングで確認するようにしておきたいところです。