女好きアラサー男子の婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中、男嫌いの女性はいても、女嫌いの男はかなりの少数派なのではないかと思われます。

そもそも人間の本能として、男は女を求めるようにできていて、しかも女が男を求める欲求よりも一般的に強い欲求を持っていると思われます。子孫を残すという動物的な目的があるためにそうした本能から人間は逃れられないわけですが、だからこそ男は基本的には「女好き」であるはずであり、「女好き」だからと言って異常ではまったくありません。

そういうものなのだと理解している女性は、男のそうした性癖を前にしてもある程度鷹揚でいられると思いますが、慣れていない女性は「どうして男はそうあるのだ」という思いに駆られてしまうことでしょう。

とはいえ女好きが全面に出ている男性は、女性から場合によっては反感を買ったりイメージがよくなかったりすることもあるので、一般的にはそうした女好きの側面を男性もある程度は隠しています。

その上で、好きな人にだけ興味があるようなそぶりをしたりするわけです。つまり一途な男というのは、一途なふりをしている男と言い換えてもいいかもしれません。

仮に色々な女性に興味を持ってしまったとしても、特定のパートナーがいる状態で他の女性と一線を超えるかどうかはその男性の人間性や道徳観によって変わってくるので、そこを自制できる男かどうかを見抜いていく必要が女性にはあります。

もちろん男性と女性の逆のパターンもあり、女性の浮気や不倫も珍しくなくなった現在、男性側も女性を見る目を養っていく必要があります。

ともかくアラサー婚活中の女好き男性としては、とにかく浮気性の男と思われないように注意する必要があります。恋人としてはいいけれど結婚する相手ではない、と思われてしまえば、遊び相手にはなってもいつまで経っても結婚して落ち着くことができません。

女好きだけどなかなかモテないために、素人ではない女性を求めに走るのも同じことです。ばれなければいい、というのは確かにそうですが、前に進むためのパワーをそちらで消化してしまえば、「まぁいいか」といつまで経っても婚活に本腰が入らない可能性があります。

男性の方が女性よりも結婚の時期には余裕があるため、安穏と構えてしまいがちですが、結婚しているというだけで、やはり社会的信用も多少は生まれるでしょうし、家族のためという意識も芽生えれば仕事に対する意識も今まで以上に向上することも考えられます。

ある程度の年齢でとりあえず、落ち着いて家庭を持つという意識を持ってみてはどうでしょうか。