アラサー婚活の末に専業主婦になること

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の場合、婚活の末に結婚にたどり着いた後、仕事を続けるか仕事を辞めて専業主婦になるかは究極の選択です。

もちろん妊娠すれば仕事を辞めざるを得ないこともあるでしょうが、妊娠するまでの間は働けるだけ働いてお金を貯めるべきなのか、それともきっぱり仕事を辞めて主婦業に専念するのか、本人の希望とパートナーの希望とがあると思われますので、しっかり話し合って結論を出す必要があります。

結婚前に結婚後の女性の仕事については多少なりとも話すことはあると思いますが、結婚した後こんなはずじゃなかったということにならないように注意しておきたいところです。

専業主婦を選択した場合のメリットとしては、常に家のことを女性が担当することができるため、食事や洗濯掃除買い物などの大半を任せておくことができ、男性の負担はかなり軽減されます。もちろん100%任せきりではなく、ある程度は手伝う気持ちを男性側が持っていれば円満な生活が継続できるものと思われます。

逆にデメリットとしては、女性が働いていた場合に稼げるはずの収入がないという点につきます。労働力がそのまま家に縛り付けられることにより浪費される形となってしまうため、生涯年収で考えればかなりの金額が消えてなくなることになります。

男性の収入がかなり大きければ問題もありませんが、ギリギリの状態で生活している場合、女性の労働力が活用されないのはもったいないとも言えます。もちろんその分、家事全般の担い手がいなくなるために、双方が協力の元それらを行っていく必要があるため、男性側の負担は増します。仕事から帰っても夕食が準備してあるとは限らず、逆に自分が用意しておく必要すら出てくる可能性もあります。

このあたり、どちらがいいかという考え方はそれぞれ大きく異なりますので、まさしく「家庭による」と言えます。だからこそ、自分の理想は仕事を続けることなのか、それとも専業主婦なのか、明確にしてその意見を相手にぶつけて相談しておく必要があります。

子育て期間中はどちらにしても女性側は労働ができない可能性が高いため、子どもができるまでの間と子供がある程度手を離れてからの期間、どういう生活を送っていきたいかは人生設計に大きくかかわってきます。

貴重な収入源か、家の担い手か、しっかり考えましょう。