アラサー婚活を行うにあたっての将来不安

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサーになって婚活を始める理由には様々な内容が考えられますが、もっとも大きいのはやはり、将来に対する不安ではないかと思われます。

生涯結婚することなく一人だった場合の老後の問題や、さらにはその先に待つかもしれない孤独死を想像した時に、やはりどこかの段階で結婚して一人の生活をリセットし、生活を共にするパートナーを得たいという人が増えているのかもしれません。

たとえ結婚していなくても仕事さえしていれば人間生きてはいけますし、無駄遣いさえしなければ子どもがいない分大きな支出が発生することもなく順調に貯蓄を増やしていくこともできるはずです。

貯蓄があれば老後の生活もなんとかなるはずですが、やはり一人だけで生活していくことに対する不安や、もし自分一人で生活できない状況になった場合や、動けなくなった時に緊急で対応してくれる人が身近にいないという不安は何ものにも代えがたいものがあります。いくら貯蓄をしても医療保険や介護保険、個人年金保険などで万が一に備えても、誰かがそばにいてくれるという安心感には勝てません。

仮に結婚していたとしても、夫婦のどちらかが将来的に先立てばもう一人は残されてしまうことになるため、たとえば子供を作って万が一の際には子供にすべてを託すように考えたり、または老後一人になった時に始める再度の婚活なども増えています。

婚活がブームになる中、老後の婚活も増えています。何歳になっても婚活はできる世の中に変わりつつあります。昔は考えられなかった年齢での婚活も、今後はもっと増えてくると思われます。

その根底にある将来への不安を払しょくするために、出来る限り婚活はアラサーと言われる頃にゴールに到達できるように展開していきたいところです。

そのためにはまず準備をして、そしてツールを使って出会いの機会を増やしていくことです。まずは自分から「動く」という積極的で能動的な気持ちから始めていきましょう。