恋愛経験がないアラサーは婚活しないと結婚できない

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイミングが悪かったりなかなか勇気を持てなかったりと、恋愛経験がないままアラサーに突入しているケースもままあります。

一般的に恋愛のタイミングとして、まず第一に可能性が上がるのは中学生から高校生時代。外見的な優位性がある人、つまり容姿に恵まれている人、その中でも特に女性は男性が寄ってくることによりこの年代に初の恋愛経験をすることが多いと思われます。

次に大学時代。大学は進学する人とすぐに就職する人で分かれますが、進学してサークル活動などを行うことで出会いの場が広がり、初の恋愛経験に至るケースも多いようです。ただ、進学してもサークル活動などを行わない場合は出会いがなくなかなか恋愛に結びつかないこともあるようです。サークルではなくても、アルバイトなどを始めると、そこでまた出会いがあることもあります。どのタイミングでもそうですが、とにかく人と出会う場所を広げないと出会いは訪れないのはごくごく当たり前の事実です。

高校卒業後にすぐに就職を選択した場合は、出会いの場が職場しかなくなることも多いようです。

活動的な人であれば、知り合いを介した合コンだったり友達伝手の紹介だったりと、職場以外でしっかりと出会いの機会を拾います。逆の人は職場でしか異性と絡むこともなく、自然可能性は減ります。もちろん、社内恋愛で成就することも少なくありませんので、就職した場合でも積極性はカギを握ります。

本格的に社会人になると、職場以外での出会いは、自分から求めていかないとまず発生機会がなくなります。職場と自宅の往復のみで休日は家に引きこもっている、というケースは結婚できない人にありがちな生活パターンです。

そして気が付いたときにはアラサーになっています。そしてアラサーになってはじめて、婚活を意識します。

アラサーになって今までに恋愛経験がまったくない人は、結婚に向けた活動を何もしていないことがほとんどです。この場合、何もしていないというよりも「何をしたらいいかわからない」という方が適切なのかもしれません。いずれにしても、何もしていなければ出会いが発生するわけもなく、仮に偶発的な出会いがあってもアクションを起こさないのでそれ以上に進みようがないのです。それでは結婚できるはずがありません。

恋愛経験がなく異性に対してどう接したらいいのか、何をしたらいいのかわからないという場合、まずはとにかく会話をすることから始めましょう。

会話をして、普通に話ができるようになってきたなら、勇気を振り絞って二人でどこかに出かけないか持ちかけてみましょう。真剣な顔で非常に重要なことを語るように言う必要はまったくありません。軽いノリで友達と出かける感覚で、「今度こんな映画があるんだけど、一緒に行かない?」という感じでいいのです。この際、事前に相手が好きなものをリサーチしておき、それに関連したイベントに誘うとよりベターです。

恋愛経験がないことがもしコンプレックスになっているのであれば、誰でも最初は恋愛経験なしなのだと考えましょう。誰しも一つ一つイベントを乗り切って生まれて初めての恋愛成就にこぎつけるのです。

そしてその延長線上にこそ、アラサー婚活の最大の目標である結婚があります。

そして結婚は、目標ではありますが、ゴールではありません。そこがさらに二人のスタートラインとなりますので、婚活において結婚に到達した段階で疲れ果ててその後の生活がうまくいかないということがないように、一歩一歩前に進んでいきましょう。