恋愛慣れしていないことを見透かされない方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛慣れしていないと、ついつい行動にそれが表れてしまうことがあります。

そして、そのことを相手が好意的に受け止めてくれればともかく、特に男性の場合は恋愛慣れしていないと「頼りない」という評価につながってしまう可能性もありますので、要注意です。できれば、恋愛慣れしすぎているとまではいかないものの、普通の大人の男性であると認識してもらう方が何かと有利に働き、頼りにされることも多くなると思われます。

そのため、仮に本当に恋愛慣れしていないとしても、そのことをうまく隠し通すことができるのであれば、それにこしたことはありません。

恋愛慣れしていないことを見透かされてしまうケースにはいくつかあります。

たとえば、相手の目を見て会話をできない場合などがあります。会話をする場合、通常相手の目をしっかりみて話をすると思いますが、恋愛慣れしていないとどうしても視線をすぐにそらしてしまったり、目が泳いでしまったりすることが多くなります。

他には、女性と会話ができない場合も、恋愛慣れしていないなと思われてしまいます。他にも、女性との触れ合いに過敏な反応をしたりする場合、恋愛話になっても話を逸らそうとするなど、色々な点で恋愛慣れしていないということは相手に伝わってしまいます。

逆に、この人はある程度恋愛慣れしていると思われるためには、とにかく落ち着くことが大切です。落ち着いた大人の余裕を見せながらの対応が出来れば、まさか恋愛慣れしていないとは思われません。

会話にも余裕が感じられ、相手が女性でも男性でも意識することなく自然な会話ができ、多少のスキンシップにも対応できるようになれば、恋愛慣れしていないということを完全に隠すことができます。

余裕をもって対応をし、ガツガツせず、常に大人であることを意識していれば、恋愛慣れしていないことを悟られることなく恋愛を成就させることができ、そのまま経験を積むことによって本当の余裕を手に入れることが出来るようにもなります。

ですが、実際に恋愛慣れしていない人が恋愛慣れしているふりをすることは、思いのほか大変です。

かなりの演技力が必要になってきますので、常にそうした演技をしていくという意識が必要になってきます。恋愛は時に演技による騙し合いの様相を呈することもあります。もちろんいい意味での騙し合いであり、それを踏まえて最終的にはお互いのことを分かり合っていくのが理想です。