アラサー婚活で人の悪口や愚痴を言わないという基本中の基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサー婚活についてのみではなく、一般的な常識中の常識かもしれません。

他人の悪口や愚痴をいうことだけは注意しましょう。

まず、他人の噂話や愚痴を言って、得をすることはまずありません。そうした内容については沈黙が金です。誰かがそういう話をしていたとしても、軽々に乗ることはせずに、聞き流しておくという態度が必要です。一緒になって愚痴を言い合うと、どこからか話が流れた時に自分の評価も落ちますし、敵を作る結果にもなります。

そして、「あの人は一緒に人の愚痴を言うような人だ」、というレッテルが張られてしまいます。こういうイメージは、一度ついたらなかなか払しょくできるものではありません。

婚活においてそのようなマイナスの行動をとれば、その瞬間にアウトです。相手の候補者リストから外されてしまうでしょう。

人のことを人がいないところで色々と言う人は、自分のことも必ず裏で何かしら話すに違いないと思われ、信頼されません。

社会生活の中での基本の基本ですが、これがなかなか守れない人も多く、特に男性よりもこの傾向は女性に多いので、要注意です。

人の話をするのであれば、その人のいいところを話すようにしましょう。悪いところは話してはいけません。

とにかくマイナス思考に陥らないことが大切なので、プラスにプラスに考え、人の悪いところではなくいいところを見るようにし、社会人として責任ある態度を取れれば、婚活市場においてもその人柄はしっかり相手に伝わりますので、成功への近道となるはずです。

悪口を言わない。愚痴を言わない。人の悪口に乗らない。人の陰口をたたいて同意を求めてくるような人は、逆に他の人たちからも色々と言われているはずです。そんな関係に自分がまきこまれないようにしなければなりません。

大きな心で、度量ある態度をとれるように普段から気を付けたいところです。