アラサー婚活パーティーに参加する方法と流れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサー婚活の方法は、自分の周囲の人脈を使うばかりではありません。現在は「婚活」という言葉が昔と比べてかなり一般的になってきましたので、地域別、年齢別、職業別などの各種婚活パーティーがたくさん開催されています。

会費もそれほど高額なわけでもないので、友人作り感覚でもいいのでとりあえず一度参加してみるのもいいのではないでしょうか。

一般的には、まずネットなどで申し込みをします。参加費用はクレジット決済だったり、当日受付での現金払いだったりが多いようです。

当日時間通りに会場に出向き、受付を行います。

受付では名前の記入と、本人確認書類の提示が求められることがほとんどです。免許証か保険証、住基カードなどを用意していきましょう。

参加年齢はその婚活パーティーごとに異なり、たとえば20歳以上40歳未満、などの条件が設けられています。自分の年齢が高めの場合は、年齢層高めのパーティーに申し込みをするといいでしょう。参加年齢は厳密なものではなく、多少のオーバーであれば何も言われず参加できることもあるようです。ただし、あまりに募集年齢との隔たりがある場合は断られることもあります。

受付が終わると、プロフィールカードの記入を行います。これも大体の婚活パーティーでは実施されるようです。大切なアピールになりますので、出来る限り空白を作らずにしっかりと書き込みましょう。

プロフィールカードの内容としては、名前や年齢、住所などの個人情報から職業、年収、趣味、嗜好などの記入が求められます。

男性の場合はどうしても職業や年収も見られますが、もちろんそこばかり確認する人たちばかりではないですし、嘘を書いても結局後々ばれますので、正直に記入しましょう。

その後、婚活パーティー本番となりますが、まずは一対一で異性とのトークタイムが作られ、その後フリータイムが設けられるパターンが一般的です。

最初の会話の印象で好感をいだいた人と、そのあと自由に会話を楽しむという形です。

最終的に、それぞれ第一候補として挙げられればカップル成立、という流れとなります。

カップルになれなくても、その後につなげることができる友達になれることもあり、そこからさらに合コンを後日開催するとか、人脈を広げるにはもってこいといえます。婚活パーティーは婚活を目的としながら、人脈発掘にも利用できるわけです。

とにかく結婚への道筋が見えない人のほとんどが「出会いがない」というのが大きな要因となっていますので、こうした婚活パーティーの場を是非活用していきたいところです。