アラサー婚活で女性から誘いをかける必要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的に恋愛において、常にリードするのはやはり男性であってほしいと多くの女性が考えていると思います。

イニシアティブをとってぐいぐい引っ張ってくれることが一般的に考えられている「男らしさ」であり、その「男らしさ」を頼もしく思う女性が多いからこそ、肉食系男子は一般的に草食系男子よりも人気を集める傾向が強いようです。

しかし現在、両性平等の名のもとに女性の住みやすい世の中へと変わりつつあり、人々の根底にある思想はどうあれ、ひと昔と比べれば随分女性の社会進出も進んできています。それに伴い女性よりも男性が弱くなってしまった面も否めず、肉食系ばかり求めていてはなかなかいい出会いにめぐりあえないのも事実です。

だからこそ今の時代必要になるのは、女性からの誘いです。

男性からの誘いの成功率と比較して、女性から男性に誘いをかける場合、飛躍的にその成功率は上がります。つまり男性よりも女性の場合、自ら行動を起こす力があれば、婚活は男性よりもはるかに成功率が高いのです。

気になる相手がいるのであれば、待つだけでは前に進みません。婚活パーティーに行くくらいなら、結婚したいと考えているということは相手にも伝わるはずなので、遠慮せずに自分からアプローチしてみてはどうでしょうか。

もちろんリスクもあります。自らアプローチしていくということは、その事実がそのまま相手に対する弱味になってしまう可能性もあります。

「恋愛は好きになったら負け」とよく言うように、アプローチをかけた側の方が、自分を好きになってもらうためにいくつかの妥協を強いられるケースがどうしても出てくるために、恋愛においては不利になります。女性の場合の最大のリスクとしては、アプローチしてOKをもらったものの、遊ばれるだけ遊ばれて結婚には至らないというケースもあります。だからこそ、自分から積極的に動く場合には相手を見る目が必要でもあります。

それでも、自分は有利な立場にあるということを認識して、出来る限り積極的に動くことが婚活を成功させるカギとなりそうです。