誰でもいいから結婚したいアラサー婚活者

このエントリーをはてなブックマークに追加

「もう年齢も年齢だから、誰でもいいからとにかく結婚したいのよね」

こんな風に話す人を見かけたことはないでしょうか。

アラサーになってくると、案外、多くみかけるようになってくるタイプではないかと思われます。

誰でもいいから結婚はしたい。この考え方はすべて、結婚に対する焦りから出ている発言と思われます。もしかしたらこのままでは結婚できないかもしれないという焦りが、結婚できるならとにかく「誰でもいい」という発想につながっています。

ただ、その言葉通りに誰でもいいといって本当に結婚したとしても、うまくいくかどうかはまた全く別問題となります。逆に、合わないのに結婚そのものを目的として達成した「結婚」がうまくいく確率はやはり低いと言わざるを得ません。

そもそもなぜ結婚をしたいのかを、この場合は明確にした方がいいでしょう。

結婚とは、相手とずっと一緒にいたいという気持ち、一生一緒に生活していきたいという気持ちが相互に合致した時に、一つの区切りとして家族になるための儀式です。とはいえ、あくまで二人が一緒に一生を生活していく上での形としての区切りでしかなく、あくまで通過点です。結婚そのものが目的なのではありません。

そこを忘れて、「結婚」が何か自分を形作るブランドと勘違いしてしまうと、「結婚」自体が目的になってしまうのです。

そして結婚が目的になると、最終的には「誰でもいいから」という気持ちに陥ってしまうわけです。

なかなか出会いがなく、出会いがあっても進展せず、いつまでも結婚にたどり着けないと、年齢が上がれば上がるほど焦りが出るのは仕方がないことではあります。特に女性の場合は妊娠出産も考えるのであれば、どうしてもタイムリミットを意識せずにはいられません。

ただ、それでも何のための結婚なのか、もう一度考えてみてもいいのかもしれません。

結婚すること自体が目的になるのではなく、一緒にいたいから結婚したい、という本来の形を見失わないようにしたいところです。