好きなのかどうかわからない人のためのアラサー婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

「好きなような気がする。でも本当にあの人のことが好きなのかどうかわからない」

恋愛をしたことがなかったり、しばらく恋愛から遠ざかっていたりすると、自分の気持ちがわからなくなってしまうことがあります。

好きなような気はするものの、本当に好きなのか自分の気持ちに対して疑いを持ってしまう状態。ただこういう状態に陥ってしまうということは、その時点で本当に「好き」という状態にはなっていないはずです。

本当に「好き」という気持ちが心の中で膨らんでくれば、「自分の気持ちがわからない」とか、「好きなのかどうかわからない」などという疑問を持つ余地はなく、とにかく「好き」という気持ちで心の中が満たされてしまうはずだからです。

だからといって、「好きなのかどうかわからない」状態の場合、本当に好きなわけではないからやめた方がいい、ということではありません。

完全に「好き」ではないけれども、「嫌い」でもないのであれば、それからの付き合い方次第では「好き」という気持ちに自分の気持ちが転ぶことも十分考えられます。

何より、完全に好きと思えないと付き合えないということであれば、婚活どころか恋愛段階ですら前に進みません。

好きかどうかわからないからこそ付き合ってみるのであり、それで好きになれる余地があるのか、そういう可能性はないのかをしっかり見極めていくわけです。それすらせずに前段階で「好きかどうかわからない」からと言ってやめてしまうと、発展したかもしれない関係をそれ以前に完全に否定してしまい、婚活をより難しくしてしまっているわけです。

「好きかどうかわからないから」といってそこで一線を引いてしまうと、それから先に進む可能性をすべて放棄してしまうことになります。自分の気持ちを確認していく作業は、そこから前向きな方向で進んでいくうちに明確になっていくものであり、本当に「好き」になれない相手なのか、「好き」になりうる相手なのかがわかってきます。

まずは好きかどうかわからない状態であったとしても、極力前向きに進む努力をしてみてはどうでしょうか。