アラサーとして過去の恋愛を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサーにもなれば、過去の恋愛の一つや二つあってもおかしくありません。

そんな昔の恋愛を、ちょっと落ち着いて振り返ってみましょう。

どこから恋愛は始まって、発展していったのか。どういう付き合い方だったのか。どうして最終的に別れるに至ったのか。

別れる原因は相手だったのか自分だったのか。

何がダメだったのか。

そうした細かい内容を振り返ることで、同じ失敗をしないという意識を持つことができます。

同時に、しばらく恋愛をしていないために、恋愛の仕方自体を忘れてしまった、という人たちも改めて恋愛とは何かを考える機会にもなります。

もちろん頭の中で想像する恋愛と、目の前の現実の恋愛とでは大きな差があります。理想と現実はまったく別物ですので、考えていた通りに現実が運ぶわけがないのです。ですが、過去の失敗を教訓として生かすということには意味はあります。

過去に縛られすぎるのもよくないですが、ある程度参考にしながら未来に進むことができるのが人間本来の強みでもあるわけです。

このことは、恋愛初期だけでなく、恋愛中にも活用できます。

人を見る目も、昔比べて肥えてきたという人もアラサー女性には多いと思われます。過去の経験を生かして人を見抜き、しっかりと同じ失敗を繰り返さないように気を付けながらの婚活、というのが理想です。

過去に恋愛経験がないという人は、その点で難しいですが、そういう人はまず、当たって砕けろ精神が必要かもしれません。アラサーになると焦る気持ちばかりが先に立つかもしれませんし、失敗はできないという強迫観念もあるかもしれませんが、恋愛経験ゼロからの婚活はなかなかハードルが高くなってしまいます。

初めて付き合った人が一生添い遂げられる人だった、という人ももちろん存在しますが、実際はかなり少数ではないかと思われます。

何事も順序というものがありますので、恋愛経験ゼロの人はまず恋愛から、一つ一つステップを踏んでいくようにした方がいいかもしれません。