男運がない人のためのアラサー婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で自分の過去の恋愛を振り返ってみましょう。恋愛経験がない人であれば、過去の男性とのかかわり方を振り返ってみましょう。色々なことを思い出すと思います。

その結果、自分には男運がない、と思うでしょうか。

男運がない、と思った人は、裏を返せば「男を見る目がない」可能性があります。男運がないと思えるようなろくでもない男とかかわってきたのであれば、それは自分自身の責任でもあるからです。相手を見抜けず、好きになるべきではなかった相手を好きになってしまったがために、「男運がない」と嘆く結末に至ったと考えられるわけです。

しかしそれも、過去の話です。これから先、しっかり相手を見つめて正しい判断をし、頼れる男を選び選ばれるために努力していけばいいのです。

そこで注意すべきは、「男運がない」ということを外に対して表明しないようにするということです。

基本的にマイナス要因をあえて他人に語る必要はまったくありません。それは自分にとってマイナスにしかならず、そのことを語ることによってプラスに働く要素は一切ありません。

女性の愚痴は、たまにであれば男性にとってはかわいく映ることもあるかもしれません。ですが、度を超すと二人の雰囲気を悪くし、次第に面倒に思われ始め、最終的には避けられ始めます。

交際が長続きしない女性がよく持ち合わせているマイナスポイントの一つでもあります。「マイナス思考」かつ「愚痴が多い」。「男運がない」というのはそのままマイナス思考から出た一つの要素です。

逆転の発想で、「男運がない」のではなく、「これからまだまだたくさんの男性と出会える」と考えるようにしましょう。色々な可能性が先々広がっています。世界に男性が4、5人しかいないというのであれば諦めるしかないかもしれませんが、数えきれないほどの独身男性が日本には存在します。日本には自分の求める相手はいない、というのであれば世界に目を向けてもいいでしょう。

ちょっと視線を上げるだけで、「男運がない」と思っていた自分に、どれだけ多くの可能性が広がっているか気づくと思います。

早速、新しい出会いを探しに出かけてみましょう。