アラサー婚活の中で感じる結婚への不安

このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも結婚とは、人生において誰もが夢見るバラ色のゴール、というわけではありません。

結婚にはメリットはもちろんありますが、デメリットもあり、何もかもがいいことばかりではないという現実があります。

結婚とは、将来にわたって誰かと生活を共にしていくことであり、孤独ではない安心感が手に入る反面、絶対的に少なくなるのは一人の時間です。基本的に一人の時間を大切にしたいと考えている人にとっては結婚は逆に、苦痛になることも考えられます。

さらに、結婚に踏み切れない理由としてよく挙げられるのは、恋愛であれば相手と合わなければ関係を清算してしまうことが簡単にできますが、結婚となるとそう簡単に関係を終わらせることができないという点も結婚の一つのデメリットと言えます。

もちろん、考え方によってはそれが別れを思いとどまらせるためのメリットになることもあるため一概にデメリットとばかりも言えませんが、合わない相手との関係を早めに終わらせたいと考えている人にとっては結婚という縛りは大きなマイナスポイントと言えるでしょう。

結婚は簡単に関係を終わらせることが出来ないという点に関連して、結婚とは個と個の付き合いだけではなく、その当事者たちの家族をも巻き込んで「家と家」の付き合いになるという点もデメリットに挙げられます。

二人の意見が合致すればそれですべてうまくいくというものでもなく、それぞれの実家の意向も色々な二人の道中に影響を及ぼすこともあります。

結婚において、結婚相手だけではなく相手の両親や家全体を見る必要がある、というのはこのためです。

相手の家は全体として自分の家族とは思想の部分で折り合いが悪い、という場合はなかなかうまくいかないものです。その部分を心配して結婚に踏み込めないこともよくあります。

その他にも結婚を考えたときに、色々な結婚のマイナス面を考えてしまうとそれがブレーキとなりなかなか前に進めなくなります。

もちろん慎重になるにこしたことはありませんが、あまりにも慎重になりすぎると今度は結婚機会を完全に逸してしまいますので、ある程度のところで折り合いをつけながら、妥協に妥協を繰り返して結婚生活を育んでいく努力も必要と言えます。

自分の意見ばかりではなく、相手の意見も尊重しながら結婚への不安を一つ一つ取り除いていきたいところです。