専業主婦で実践する趣味的経済活動

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサーで婚活をしている人たちの多くは、仕事を持っていると思われます。ですので、女性の場合は結婚後その仕事をどうするかが人生における大きな岐路になります。

そのまま最低でも妊娠するまでは仕事を継続していくのか、それともきっぱり結婚を機に寿退社し専業主婦になるか、自分の意思だけではなくパートナーの意志や収入もその判断には大きく反映されます。

パートナーの収入が共働きをしなくても済む程度に大きいのであれば、あえて働く必要はないでしょう。仕事を続けたいという強い意欲がなければ、専業主婦の道を選ぶのもいいと思われます。

専業主婦になれば家事を任されて家のことは自分が中心になっていくことになりますが、空き時間を有効活用することで、趣味を簡単な仕事として多少なりとも副収入になるように実践してみるという方法もあります。

元々収入を目的とするのでなければなんでも大胆に実行することが出来ます。元手が趣味の延長であれば何も問題はなく、それが少しでも収入を生み出すのであれば、これほど効率のいい話はありません。

そんな好きなことの延長で収入を得ることが出来るようにチャレンジするようなことも、元々の基本となる生活収入が安定していればこそであり、夫の収入がある程度以上ある人の特権と言えます。

最近は、主婦の趣味と言っても馬鹿にならない収入を生み出すような経済活動を成功させている人たちもたくさんいます。そうした人たちは、夫の安定した収入を元手として、さらにプラスの循環を生み出すことに成功している稀有な人たちであり、逆に生活に困窮している人たちが人生をかけて実行してもまずうまくいかないことがほとんどです。

女性の自立が叫ばれて働く女性が注目された時代が一巡して、また今、専業主婦が注目されてきているのかもしれません。