アラサー婚活で必要な決断力

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサーでの婚活がうまくいかない一つの理由が、決断力にあるとよく言われます。

10代20代の頃は、恋愛経験が少ないこともあり、判断基準が緩く、相手を盲目的に信じてしまったりとリスクも大きい反面、迷わず前に進むことが出来る推進力があり、大きな岐路での決断力も逆に発揮されることが多いようです。

アラサー以上になってくると、色々な経験をし、知識や思考の幅もできてきていることから、若い時のように思い切って前に進むより先に、ぐっと踏みとどまって考える癖が出来てきてしまっていたりします。

ここで本当に前に進んでいいのだろうか。この人でいいのだろうか。もっと他に選択肢があるのではないだろうか。自分は何か勘違いをしているのではないだろうか、などなど。

アラサーという年齢による強迫観念も手伝い、「絶対に失敗できない」という思いは決断力を決定的に鈍らせます。そして決断できないままにずるずると進む、最終的にはもう少し他の選択肢も検討してみよう、という結論に至り、結局ゴールにたどり着きません。

慎重なのは悪くないにせよ、ここで重要視しなければいけないのはやはり決断力です。結婚するためには、どこかで決断しなければならないのです。後回しにしてもどこかで決断しなければならないのだから、それならば時間は少しでも早い方がいいのです。その決断が成功か失敗かというのはまた次の時点での話です。

アラサーまで色々な経験をしてきた人であれば、ある程度人を見る目も養われているとも思います。その自分の目を信じて進むしか、結局は方法はなく、決断しないまま進んで待っているのはアラサー婚活市場でのタイムリミットしかありません。

アラサー婚活市場を去ると、次に待っているのはアラフォー婚活市場です。しかし、アラフォーになると、特に女性の場合アラサー時点での婚活とはかなり様相が異なってきます。それはつまり、妊娠のボーダーラインだからです。

後々の人生設計のことを考えても、婚活は出来る限りアラサーで成功できるように頑張っていきたいところです。