アラサーの次に待つアラフォー婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての恋愛にときめいた10代。

実った恋を育て、初めて社会に出て忙しく働き、結婚はまだまだ意識しなかった20代。

気が付けば一人、充実してきた仕事の反面、孤独なプライベートを持て余す独身の自分に気が付いた30代。

婚活、という言葉を意識し始めるのはこの30代、アラサー世代が多くなるのは自然の流れです。男性であれば結婚適齢期でもあり、女性の場合はそろそろ焦りを感じ始める世代でもあります。

アラサー時点でうまく婚活の流れに乗ることが出来、結婚できればもっとも理想的ですが、結婚は意識しなければチャンスがいくらでも転がっているように思えるものの、いざ結婚しようと考えるとなかなか相手に恵まれずうまくいかないということも多いものです。

タイミングを逃してなかなか前に進めないまま日々を費やすと、40代はすぐ近くまで迫ってきます。30歳から40歳への10年間はそれまでのどの世代のころよりも早く時間が過ぎていきます。

アラフォーといよいよ呼ばれる世代になってくると、女性の場合はボーダーラインの存在をひしひしと感じることでしょう。

それはつまり、「妊娠」における生物学的、身体的ボーダーラインです。40歳を超えると妊娠・出産には大きなリスクが伴い、そもそも妊娠する可能性も少なくなってきます。

子どもを目的とした結婚ができにくくなり、アラフォー以上で結婚に対して求められる目的は、老後を共に過ごすパートナーを求める結婚へと変貌します。

つまり、アラフォーというボーダーラインを挟んで、女性の結婚はその性質が大きく異なってくるわけです。

もちろん結婚する夫婦がすべて子供を望んでいるわけではないでしょうから、そもそも子供は必要ないと考えているのであれば、アラフォーでのボーダーラインは逆に意識する必要はないでしょう。もう少し余裕をもって婚活に臨むことが出来るようになります。

「結婚」と「子ども」というキーワードの関連性が薄まるのがアラフォー以上の結婚か、もしくは子供必要としない結婚の場合ということです。

自分が婚活を行うにあたって、この二つのキーワードがどれだけ関連付けられているのかを再確認しておきましょう。