アラサー婚活において、結婚後の収入を夫婦合算で計算してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

自然発生した恋愛からの結婚であれば、相手の収入はそこまで大きな影響は及ぼさないかもしれませんが、婚活から、特にアラサー以上の婚活からの結婚では相手の年収はどうしても気になってしまうポイントになります。

男性はそれほど相手の年収は気にしないでしょうが、女性の場合は相手の年収が高ければ高いほど、自分が必死に働く必要性が減るために、希望年収は常に高めに設定されています。

婚活サイトや婚活パーティーなどを見てもそれは顕著であり、希望年収は最低でも500万円以上、などは当たり前。それどころか夢は大きく年収1000万以上しか無理、という人も中には存在します。

しかし実際にそれだけの年収がある男性で、しかも結婚適齢期の独身となると、ごくごくわずかしかいないことをまずは認識する必要があります。

当然のことですが、年収が高い男性はそれだけの能力があり、それはそのまま男性としての魅力にもつながることが多いために早々と結婚してしまっていることがほとんどです。

婚活市場にいつまでも残っている高年収男性は、残っているだけの何らかの理由があるか、もしくは奇跡的に残っている人がいたとしてもあっという間に売れてしまいます。それだけライバルが多いのです。数多くのライバルに打ち勝てるだけの魅力と男性に対するメリットを自分自身がどれだけ持ち合わせているのかをよくよく考えてみた方がいいでしょう。

給与所得者の上位5%と言われる年収1000万円以上の男性の中で独身かつ結婚適齢期の男性は、軽く1%を切ります。年収を基準に婚活を展開しようと考えている人は、その希望によって婚活の成功率を著しく下げていることを理解しておく必要があります。

どうしても男性側の収入がある程度ないとやっていけない、という人は、自分も働くことを大前提として、夫側の収入に自分の年収を合算して計算してみるようにしてみましょう。

仮に男性が年収300万だったとして、自分が年収200万を稼げば世帯年収は500万になります。今はそう簡単に専業主婦だけでやっていけるような時代ではなく、切り詰めて夫の収入と専業主婦でやっていくか、そうでなければ共働きが主流です。

仮にそう割り切ってしまえば、相手に求める年収額を一気に下げることが出来、婚活における対象者が劇的に広がり、出会いが増える分自然と成功率も高まります。

希望が高すぎることが原因で成功しないとわかっているのであれば、あえてその希望を下げ、対象者を増やして婚活を行ってみましょう。