一緒にいて疲れない人を探すアラサー婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

数多くの婚活パーティーに参加して、色々な相手と話をして、連絡先を交換し、様々な駆け引きをしながら将来本当にこの人と一緒にやっていけるのだろうかと考えを巡らせることを繰り返すうちに、疲れ果ててしまって気力が一時的に失われることがあると思います。

そんな時に、ふっと力を抜いて話ができるような相手がもしいれば、その人こそが理想の相手なのかもしれません。

結局婚活とは、将来ずっと一緒に生活していく人を見つける作業なので、見栄を張った自分でぶつかっていって「最高の自分」を見てもらい付き合いが始まったとしても、やがて普段の自分が顔を出し始めた時に相手に冷められてしまうようでは何の意味もありません。

普段の自分を見られても常に同じテンションでいることができ、一緒にいて気を遣わずにいつもの自分で自然体でいられる、そんな相手を見つけていく必要があります。

普段の自分を見られてはすぐに振られてしまうというのでは、永遠にパートナーの前では演技を続けていく必要が出てきてしまいます。

一緒に生活していく中で見られては困る顔を抱え続けていたとしても、いつかは疲れ果てて素の自分が顔を出すタイミングがやってきます。その時に、笑って気にしないでいてくれる人なのか、そんな人だとは思わなかったと拒否反応を起こされてしまうのかが非常に重要になってきます。

もちろん、普段の自分をさらけ出しても平気な相手とはいえ、あまりにも気を許しすぎてだらしない姿を見せてもいい、というわけではありません。

最低限の節度は守っていかないと、百年の恋も覚めてしまう可能性もあります。なんでも許してもらえる相手、ではなく、無理をしなくて済む相手を探していかなければなりません。

特に気を遣わなくても落ち着いていられ、楽しく一緒に過ごせる人を、なんとか探し出したいところです。