低収入が気になる人のアラサー婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の場合はともかくとして、男性の場合どうしても婚活において気になるのが自分の収入ではないでしょうか。

男性の場合収入が多ければ自然と婚活において優位な立場となりますが、逆に収入が少ないと相手がこちらのプロフィールを確認する段階から不利な立場にたたされることになります。

婚活をしている女性、特にアラサー以上ともなれば恋愛は充分経験し、夢よりも現実を優先して相手を選ぼうという女性が間違いなく多くなっています。

そのため、他のスペックよりも真っ先に重視する項目が「年収」という女性の割合が若い世代よりも高くなる傾向があります。

そういう状況であるがゆえに、低収入の男性はどうしても自分に自信が持てなかったり、相手に低年収という点を見られてはなから対象外にされてしまっているのではないかと疑心暗鬼になり、どうしても思うように婚活を行うことができないことがあります。

しかし低収入というマイナス要素をすぐに改善するのは難しいため、そうしたマイナスを抱えながらの婚活になるのはやむを得ないところです。どうしても気になる人は、婚活よりも先に収入を上げる努力をし、ある程度の年収を確保できるようになってから婚活を始めるという方法ももちろんあります。

ただ時間は待ってはくれません。年収を増やすために時間を費やして、気が付けばアラフォー、アラフィフになっているということもあり得ます。そうなってくると、さすがに女性よりは年齢的な制約が少ない男性でも、可能性はどんどん少なくなってきますし、婚活相手の年齢も自然と上げざるを得なくなります。

50代になって20代の相手を求めて婚活を行うのは、無理ではありませんがかなり難しいのは間違いありません。

若い相手を望むのであれば遅くとも40代前半までに婚活は開始したいところです。

ですので、低収入は低収入でそのまま一旦自分で受け入れ、そのマイナスを打ち消すだけのプラスを持てるように努力する必要があります。

収入がかなり少なかったり、時にはほとんど収入がなかったり無職だったりしても結婚している男性もいます。もちろんそれは極端しても、低収入であっても定職に就いているという事実が実はそれだけで大きかったりもします。

正社員ならなおさらです。派遣や契約社員も多い現代において、収入が少なかろうと正社員で働いているという事実は、場合によっては大きなプラスに働くこともあります。

逆の意味では、女性の中での最低限の条件に「正社員として働いている」という項目が存在することもあり、その場合は他の魅力如何によっては充分婚活市場で戦えます。

あまり低収入をマイナスに考えすぎず、出来る限り他の魅力を相手に伝えることが出来るようにすれば、低収入というデメリットを打ち消す成果があげられるはずです。低収入を逆手にとる強気の姿勢で婚活に臨むようにしましょう。