AGA(男性型脱毛症)とアラサー婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性であれば、AGAと聞くとすぐにピンとくるかもしれません。

女性は、知っている人は知っているでしょうが、自らにあまり関係がないことなので、知らない人が多いかもしれません。

AGAとは男性型脱毛症のことであり、いわゆる「ハゲ」のことです。

男性にとっては大きな悩みの種でもあり、必死で少しでもAGAの進行を止めるために色々な方法を試している人も少なくありません。

遺伝などが影響するために個人差が大きいAGAは、まったく発生しない人もいれば、人によってはかなり若い年齢から進行する場合もあります。婚活をする際にも、女性側で「ハゲはNG」という人も中にはいるために、男性にとってどうしても髪の健康状態は気になるところです。

AGAの問題は外見や容姿のコンプレックスともつながってきますが、ひと昔前とは違い、AGAへの対策も登場してきています。

育毛剤として有名なリアップや、男性ホルモン抑制薬のプロペシアなど、併用すればある程度の効果があるとも言われています。もちろん、実際効果があるかどうかはこちらも個人差があるために、万人向けの対策とは言えません。万人向けのAGA対策は、現時点ではまだまだ開発されていない状態です。

ある程度AGAが進行してきた場合、開き直って髪を短くカットし直し、髪が薄くてもかっこよくみえるようにするのがもっとも多いAGA対策です。もともと短髪が似合う人であればそれほど違和感はないはずです。

元が長髪だった場合は悩みは深いでしょうが、なくなっていく髪を戻すことはできませんので、思い切って増毛にチャレンジしてみるか、かつらを検討してみるか、そうでなければ、イメージチェンジをしていくしかありません。

こうしたAGAの問題があるために、男性の場合も決して婚活は遅れてもいいというものではなく、髪が健康なうちに婚活を成功させて結婚しておけば、年齢を重ねてある程度髪が薄くなってきたとしても、パートナーは許容してくれるはずです。自分の夫の髪が薄くなってきたから関係が悪くなる、という話はあまり聞いたことがありません。

結婚前に、どうしても回避できないほどにAGAが進行してしまった場合は、髪が薄くてもかっこい芸能人などを参考にしながら、どうすれば薄毛を逆手にとってかっこよくできるかを検討してみるのがいいかもしれません。

AGAを悲観的にとらえ、大いなる自分の欠点ととらえてしまうと、それだけで周囲の人たちからの評価が下がってしまい婚活もうまくいかなくなってしまいますので、前向きな気持ちを忘れないようにしたいところです。