恋愛に対する意識のすり合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛に臨むに至って、そもそも自分自身の恋愛観とはどういうものなのかを一度、考えておいてもいいかもしれません。

長年恋愛をしていないケースもあるでしょう。そういう時に、そもそも恋愛とは何か、どういうものだったのかということを忘れてしまっているということもあります。

または、今まで恋愛をほとんどしたことがないということもあると思います。

その時は恋愛に対する心構えを改めて意識する必要が出てきます。

単純に考えます。

恋愛とは、相手と一緒にいたいという気持ちであり、相手と一緒にいることが楽しいと思えることです。

一緒にいることが苦痛なのであれば、付き合う意味がありませんし、一緒にいたくないと思うのであれば無理をして付き合う必要はまったくありません。

一緒にいて楽しくうれしく、これから先もずっと一緒に、先々結婚となれば生活を一生ともにしていく相手となるわけです。相手に求めるハードルはひとそれぞれ違いますが、そのハードルが低ければともかく、高すぎてなかなかその条件に合う相手に巡り合えないこともあるでしょう。

それが恋愛がうまくいかない最大の原因の場合は、その原因となっている点をやはり見直していく必要があります。1000人に一人しか当浜ならないような条件であるとすれば、その条件を満たす一人に出会うのは至難の業です。

出会えないままに時間は過ぎ歳を重ね、ついには一人のままという展開になってしまうかもしれません。そうなったとしても条件を下げずに探していくのか、それとも妥協できるところは妥協し、相手を尊重して生活していけるように自分の考え方自体を変えるように努力し、恋愛と結婚に前向きに取り組むのか。

どちらかです。

この恋愛に対する気持ちを一度、整理しておきましょう。