生涯未婚率が過去最高という中でのアラサー婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年現在、50歳まで一度も結婚したことがないという人の割合である生涯未婚率が、過去最高になっているそうです。

年々増加の一途をたどる「おひとりさま」は、晩婚化が進む現在の20代30代が50歳になる頃には、今以上に増えているのは間違いないと思われます。

生涯未婚率は、男性で20.1%、女性で10.6%と、男性の場合は実に5人に1人、女性の場合は10人に1人が生涯結婚しないということになります。

ただ、パートナーがいない割合が20代で7~8割にも上るという現状のままであれば、20年後、30年後の生涯未婚率は、実に50%近くまで上昇してもおかしくないような状況かもしれません。

どうして結婚しない人が増えたのか、それともできないのかという理由には一概に答えることはできないでしょうが、雇用や収入、子どもをとりまく環境、個々人の繋がりの希薄化、男性の草食化、女性の社会進出など、色々な側面が理由としては考えられます。

そうした人たちも必ずしも結婚したくないと強く考えているわけではなく、できることなら、機会があれば結婚したいと思ってはいるものの機会に恵まれないというケースが大多数と思われます。

「大人になったら自然といい人に巡り合って、普通に恋愛をして普通に結婚をして、普通に子供ができるものと考えていた」

そう語る人は実に多いものです。今は、そうやって何もせずにやがてめぐってくる出会いに期待しても何も起こりません。何も起こらないまま年齢ばかりが重ねられていき、気が付いたときには結婚適齢期を大幅に過ぎてしまい、もっと早くとりかかっていればどうにでもなったはずのものが、取り返せない状況になってしまいます。

少しでも早く、一切でも若いうちに。これが基本です。それでもアラサーならばまだまだ十分婚活は可能です。取り返せます。

今からすぐに、自分の未来を切り開くための婚活を開始していきましょう。