不倫が流行る中でのアラサー婚活

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年下半期は、「不倫」が一つのテーマとしてとりあげられているようです。

テレビドラマでは不倫を扱うものが多く放送され、不倫サイトなども多くにぎわっているようです。

不倫については、当然のことながら推奨することはありません。物語やドラマとしてみる分には楽しく見ることができますが、これが現実となると相当シビアな内容になってしまいます。

リアルな話で、結婚する前の浮気であれば、修羅場になったり別れ話になることはあるかもしれませんが、まだそれほど深刻な問題にはなりにくいと思われます。

ただし、結婚してからの不倫となるとそうはいきません。

結婚前と結婚後、何が違うのかというと、不倫の事実が発覚した場合、そのまま金銭的な問題が発生してしまうのです。お金が絡んできます。

結婚していて不倫をし、これが離婚に繋がったりした場合、慰謝料を請求される可能性が高いです。子供がいれば、当然のことながら別れた後も養育費は払っていく必要も出てくるでしょう。

不貞を働いての離婚の場合、100%不利な状況に追い込まれ、かなりの金銭的負担を強いられることになること必定です。それだけ不倫にはリスクが高いことを覚えておきたいところです。

それを理解した上での行動であれば、それはもはや個人の自由という話になってきます。

ただし、このサイトでいう「婚活」はあくまでフリーの者同士の婚活を指しており、略奪愛は推奨していません。

職場での出会いの中で、好きになった人が妻子持ちだった、なんてことはよくある話です。ですが、そこは冷静になって立ち止まりましょう。

不倫からは、将来的な展望がまったく見えないからです。もちろん相手はこういうかもしれません。

「妻とはもうすぐ別れる予定なんだ。だから付き合ってほしい」

逆のケースもあります。

「夫とは別れ話がまとまりそうなの。だからのちのちは結婚しましょう」

実際にそうなのかもしれません。ですが、そうではないかもしれません。その場しのぎの言いつくろいかもしれません。そうだった場合、いつまで待っても相手が自分のところにやってくることはありません。だらだらと、中途半端な危険な関係が続いてしまうのみです。

そうしている間にも時間は容赦なく過ぎていきます。気が付いたら、婚活市場においてはかなり不利な年齢になってしまっている、ということもあります。

今から新しい人を探すのは難しい、ではやはり今の関係のままでも続けていきたい…という悪循環に陥ります。

理想としてはやはり、自分だけを見てくれる相手を見つける婚活であり、それを正しく実行していくために、相手がフリーなのか、フリーを装っている相手ではないのかという点は、しっかり早めに見極めておきたいところです。そしてくれぐれも、不倫に陥り、のめりこまないように注意しましょう。