アラサー婚活に疲れて不倫でもいいか、と妥協しそうになる時

このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張っても頑張ってもいい人にめぐりあえず、運命の人と思った人には受け入れてもらえず、本格的に婚活を開始しても、なかなかうまくいかない時もあります。

そんな時、身近に素敵な異性がいて、しかも自分に好意を示してくれていたらどうでしょうか。

どうしても心が動いてしまうこともあると思います。

しかし往々にして、そういう身近な素敵な異性は、既婚者だったりするのです。

魅力ある異性だからこそ早々に結婚しているというのが世の中にありがちなパターンで、もしその相手が既婚者でなかった時こそ、婚活が成功するパターンなわけです。

男性の場合、ターゲットとなる女性が年下のケースが多いために、まだまだ既婚者ではない女性を見つけられる可能性は高いと言えます。

しかしこれが、女性の場合は逆となります。年上や同年代を探していくと、アラサー女子の場合はどうしても、魅力的な男性はほぼ結婚している30代後半から40代がターゲットになってしまい、なかなかいい相手に恵まれません。年下に目を向けられればいいのですが、年下男性には年下女性というライバルが存在するために、これも難しい戦いとなってきます。

そこでアラサー女子が婚活に疲れ果てた時に陥りやすいのが、不倫という罠です。

適齢期の包容力ある魅力的な男性が身近にいて、しかも自分に好意を示してくれている。場合によっては妻とうまくいっていない、別れようと考えているなどと言われるとどうでしょうか。後妻の座が巡ってくるのではないかという淡い期待を描いてしまってもまったく不思議ではありません。

そういう将来的展望がなかったとしても、目先のやさしさにほだされてしまうという可能性も高いと言えます。

2番目でもいい、という気持ちならありかな、と言いたいところですが、不倫は身を亡ぼす元なので、しっかり自制心をもって対応していきたいところです。

自分も、そして不倫相手をも巻き込んでの、まさに事件となってしまいます。

例えば結婚する前の浮気と違って、不倫となると、罪が非常に重くなります。そして法律的に金銭が絡んでくる可能性大です。いわゆる「慰謝料」です。

軽い気持ちで、疲れた私にちょっとくらいの癒しを、という気持ちで働いた不倫にどっぷりのめりこんでしまって抜け出せなくなり、結果人生を壊してしまうことも考えられます。

どうしても略奪愛を実行したいのであれば、ちゃんと相手に別れてもらったあとで付き合うようにしましょう。相手が本気であれば、今の妻としっかりけじめをつけてもらい、その上で正々堂々と付き合えるような環境を作るべきです。その方が相手のためでもあり、何より自分のためです。

話題だから、という気楽な気持ちでの不倫に陥らないように気を付けましょう。