アラサー婚活の際の子どもに対する意識

このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚するにあたって避けては通れない話題の一つに、子どもの話題があります。

子どもが好きなのか、将来子供を欲しいと考えているのか、欲しいのであれば何人くらいを考えているのかなど、実はアラサーで婚活を行うにあたっては非常に重要な点でもあります。

もし相手と、子どもに対する意識が逆で、片方が子供が欲しいと考えていて、片方が子供は欲しくないと考えているのであれば致命的です。

どちらかが妥協せざるを得ませんが、妥協するにはあまりにも人生において大きすぎるポイントと言えます。

子どもがいるかいないかでは、将来的な人生設計はまるで違うものになってしまいます。子どもがいなければ生涯自由で自分たちだけで行動することが出来ますし、お金の使い方も自由度が広がるでしょう。

逆に子どもがいれば、教育費に追われ、どこに行くにしても子供を連れていく必要が出てきますので行動の制限もかかります。それでもある種の生き甲斐を感じることはできるでしょうし、老後も同居はしないにしても天涯孤独になる恐怖からは逃れることが出来ますし、安心感が持てると思われます。

この子供に対する意識だけは、夫婦で必ず合わせることが出来ないと、後々一緒に暮らしていくことは難しくなってしまうと思われます。

付き合う段階ではわからなくても問題ないでしょうが、結婚となると必ず確認しておきたい部分です。

子どもが欲しい人は子供が欲しい人と、欲しくない人は欲しくない人と結婚する必要があります。

どちらかといえば、子どもが欲しくないという人の方が少数派ではないかと思われますので、子どもが欲しくないと考えている人の方が婚活は選択肢が狭まり苦労するかもしれません。

もちろん相手に合わせて妥協できるのかどうかにもよりますが、妥協することによって将来的に不満がたまってしまうようであれば初めから結婚しない方がいいとも言えます。もちろんそこは本人たちの努力次第なので、子どもに対する意識は合わないが、好きな気持ちは強いのでお互いが歩み寄る形で頑張っていきたいと考えることができ、それぞれが努力できるのであれば十分チャレンジする価値はあるとも思われます。

ともかく、初期の段階でお互いが同じ認識を持っていた方が、将来的にはトラブルを抱えることがないと思われますので、結婚に至る前のどこかの段階で一度は意識合わせをしておきたいところです。