アラサー婚活、メールアドレス入手までの道のり

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサー婚活において、まず目先の達成するべきポイントが、この「メールアドレス入手」です。よさそうな相手を見つけたなら、まずは会話を交わし、プライベートで直接連絡を取り合う手段を交換する。とりあえずここが達成できると、あとの展開がずいぶん楽になりますし、そもそもこのラインを突破できなければ、婚活どころか恋愛にすら発展させるのは難しいと言えます。

今の時代、若い世代であればメールを利用している人はかなり少数になってきています。かなりの比率でケータイからスマホへと利用端末が変化しているために、メールよりもLINEなどのSNSツールを利用するように変わってきているのです。

ですが、世代が上になればなるほど、もう少し様子が異なります。まだガラケーと呼ばれる従来型のケータイを利用している人も少なくなく、そこではLINEよりも当然メールが主要なコミュニケーションツールとして利用されています。相手がどちらをメインで利用しているのかなども、リサーチするといいかもしれません。

メールアドレスを入手するための方法で最も一般的なものは、用事にかこつけるという方法かもしれません。たとえば

「美味しい料理が出るお店を探しているからあとでメールで教えてほしい」

「あなたが持っているCDを聴いてみたいから、あとでアルバムタイトルをメールで送ってほしい」

「君の家の犬の写真が見たいから、メールで送ってほしい」

などなど、色々な方法が考えられますが、共通しているのは、メールアドレスを教えてほしいということがメインではなく、他の用事があるからついでにメールアドレスを教えてもらう・教える、という流れです。

この方法であれば、自然にメールアドレスを教えることができますし、相手のアドレスを聞いても不自然ではありません。もしこの流れでやんわりとアドレスを教えることを拒否された場合、さすがにその時点では脈なしと思ってもいいかもしれません。もしくはよほどガードが堅いかのどちらかです。

人によっては、そんなまどろっこしい方法は逆効果だと考える人もいると思いますが、その場合は当然のことながら直接真正面から聞くのも正々堂々としていて逆に相手に好印象を持たれる場合もあります。

「メールアドレス教えてくれないかな?」

言い方はいろいろですが、高圧的にならず、かといって下手になりすぎず、自然な感じで切り出せれば一番です。男性であれば、おどおどしながら聞いてしまうと男らしさが感じられませんので、堂々としていた方がいいでしょう。女性であれば多少の恥じらいをもって聞くと、相手によっては効果があるかもしれません。

この辺りのテクニックがある人は、本当に普段の話の流れの中で、何の違和感もなく、「そうそうメールアドレス教えといて」という感じで何の違和感もなく上手に連絡先を聞き出すことができます。

そこまで行くことができれば上々ですが、上級テクニックを使わないまでも、とにかく連絡先交換ができるまでがまずは勝負です。連絡先交換さえできれば、そこから先は色々な展開を自分がイニシアティブをもって動くことができるのです。

恋愛に至るまでの、婚活の入り口としてのメールアドレス入手、まずはそこまで頑張ってみてはいかがでしょうか。