アラサー婚活のできちゃった婚はありか/授かり婚/おめでた婚

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサー婚活においてのゴールは結婚です。

結婚に至るための道筋はいくつか用意されており、その最短ルートを通る道の一つに「妊娠」というキーワードがあります。

結婚の前には恋愛という段階があり、その恋愛段階においてもっとも結婚に至る近道なのがこの「妊娠」を通るルートなのですが、この道は最短であるがゆえに色々なリスクを伴います。

まずは両家家族、両親などの問題。相手が本当に結婚するべき相手なのか見極め切れていない状態というリスク。結婚して生活を共にする前の段階で子どもというステップに飛び級してしまったことにより、本来うまくいくはずの流れが断ち切られてうまくいかなくなるリスクなどです。

妊娠をきっかけとしての結婚は、古くは「できちゃった婚」などと呼ばれ、昨今は「でき婚」「おめでた婚」「授かり婚」などと呼ばれたりもします。

このきっかけは、多くの場合はマイナスとしてスタートすることにはなりますが、結果的に最良のきっかけになり、以後子どもも含めて幸せな家庭を築くに至ることもありえるために、一概に悪いことばかりではありません。

むしろ、結婚したはいいものの、なかなかきっかけがなく子作りを延ばし延ばしにしているよりも、早めに子どもができることにより早めに子育てから解放され、老後をより楽しむことが出来るというメリットもあります。

ただもちろん、出来る限り結婚前の妊娠を避けるということは、男性のマナーでもあり女性も気を付けるべきポイントでもあるため、それをおざなりにする相手であれば、責任感があるのかどうかという点や、そもそも本当に信用できる相手なのかどうかという根本的な問題につながる可能性もありますので、細心の注意を払っておいて間違いありません。

アラサー婚活の基本は、妊娠は結婚してから、です。