アラサー婚活で相手の両親との仲を観察する

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサー婚活において、婚活相手の両親との仲の良さは、注目しておきたいポイントの一つです。

親子が険悪な状態ではないか、逆に仲良すぎはしないか、どういう親子関係であり、どういう風に育てられてきたのかなど、親をみるとその子どもである婚活相手が見えてくる場合もあります。

もちろん、相手の両親との顔合わせなどは、通常は婚活もクライマックスに差し掛からなければなかなか遭遇しないイベントではあります。ですので、普段はなかなか相手の両親との関係などは見えてこないことも多いとは思います。それでも、話の流れで家族のことを聞いたり聞かれたりすることもあるでしょう。その時にそれとなく、家族のことを話す相手の様子をうかがっておきましょう。

屈託なく楽しそうに家族のことを話すのか、照れくさそうに語るのか、いやな顔をしながらあまり内容を話したがらないのかなどなど、相手と両親との距離感もなんとなくではありますがつかめるかもしれません。

基本的に、両親を大事にできない人は、最終的に配偶者のことも大事にしなくなるとよく言われます。身近な人を大切にできる人なのかどうかを、見極めることもできるかもしれません。

逆に、親子仲が良すぎるような場合は、父親母親のどちらかとべったりの親離れ子離れできていない親子ではないか、注意しましょう。

母親とべったりの息子であれば姑問題が後々かなり重たくのしかかってくる可能性があります。逆に父親とべったりの娘であれば、こちらのことを認めてもらうのにかなり苦労するかもしれません。

普通に考えて、親は子どもに幸せになってもらいたいと考えており、当然のことながら早めに結婚できるのであれば結婚してもらって、孫の顔も一度は見てみたいと思っているものです。そういう期待を持たれる中に自分が飛び込んでいくという覚悟を持ちながら、しかしプレッシャーに感じすぎずに、相手の両親との関係は良好に保っていきたいところです。

やはり相手の家族との関係がうまくいかないまま、何年何十年も付き合っていくのは非常に大変です。

結婚とはパートナーを見つけ、二人で夫婦になるものですが、同時に相手の家族をも抱え込まなければなりません。

決して無視することはできない重要ポイントなので、しっかり考えておくようにしましょう。