アラサー婚活成就、結婚後に保険を見直す

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはそもそもアラサーの場合婚活を成就させることが先決です。

しかし、婚活が成就し結婚が決まったあとでは、保険の見直しは遅い場合もあります。ある程度その辺りの話も付き合っている段階で軽く投げておいた方がいいのかもしれません。

基本的に「保険」とは、色々な種類があって馴染みにくいこともあり、実際自分がどういう保険に入っていてどういうときに効力を発揮するのかわかっていない人も実は非常に多く存在します。

特に独身の時は、保険に加入する必要性が実はあまり高くないことから、加入していなくても別に問題はないのですが、婚活において特に男性が保険に入っていないというと、大体相手の印象がマイナスになります。

ですので、男性の場合は「今加入している保険はあるが、結婚後に二人の将来設計に合わせて全面的に見直そうと思っている」というようなことを伝えておけばいいでしょう。事実、その通りにした方が二人にとって間違いなくためになります。

女性の場合は、基本的に独身時代に入っていた保険があったとしても、結婚後はほぼ必要なくなる可能性がありますので、男性の保険と自分の保険と、両方を加味しながら見直しを実施したいところです。

結婚していないのに保険を全面的に見直してはいけません。当然のことですが、もし結婚に至らなかった場合は、逆に損をします。

そして結婚したとして、どこかに将来的な不安があると感じているような場合、つまり離婚の可能性があるような場合には同じく見直しは少し様子を見た方がいいかもしれません。

離婚はしないことを前提であれば、二人にとっての最高の保険環境を作っていくことができます。

結婚後に女性がしばらく仕事を続けていく場合と、早めに専業主婦になったり子育てに専念したりする場合には、選ぶべき保険は異なってきます。

保険の選択はなかなか難しい問題なので、基本はある程度勉強しておきたいところです。

 

参考:「初心者のための保険選び